【防寒対策】釣り用インナーのおすすめ製品7種を徹底比較!【釣り・登山メーカー】

 

真冬でも釣りに行く人にとって、絶対欠かせないのが「防寒装備を揃える」ということ!

下手な装備を使うと極寒地で釣りにならないこともあるし、ただでさえ道具にお金がかかるのに、さらに防寒用装備にも使わないといけません。

どれを選べばいいか、買えばいいかめちゃめちゃ悩む・・・。

釣り用防寒着を揃えるだけでも暖かさを得ることができますが、同じぐらい重要なのが「インナー」。

メーカーによって様々な種類の防寒素材があって、どうやら使う状況によって最適な装備が違ってくるらしい。

ということで、今回は実際に防寒用インナーを買ってor調査して、各メーカーを徹底比較してみました!ぜひ、購入の参考にしてみてください。

 

釣り用インナーに必要な性能とは?

 

まず、釣り用インナーを購入するにあたって一番検討すべきなのが、「そもそも自分が使うシチュエーションに必要な性能ってなんやねん?」ということ。

各社様々な防寒素材の製品を販売していますが、使う状況にあたって最適な装備が異なってくるので、必要な性能を事前に把握していないといけない。

ということで、釣り用インナーに必要な性能をまとめてみました。

 

【釣り用防寒インナーに必要な性能】

  • 極寒地でも耐えられる防寒性能
  • 移動時や運動時に発生する汗を速乾できる性能
  • キャスト時でもストレスのない素材の柔軟性

 

一つずつ、解説していきましょう。

 

インナー素材別の発熱・除湿・柔軟性能

当たり前の話ですが、冬用のインナーなら防寒性能は欠かせません。これがないと話にならないレベル!

面白いのが、素材によって「防寒・発熱」の方法に違いがあるんですよ!

よくスポーツメーカーや登山メーカーで販売されている代表的な素材は、以下のとおり。

 

【スポーツ・アウトドアインナーの代表的な素材】

  1. 汗などの水分を利用して発熱する「吸湿発熱」素材
  2. 遠赤外線で運動せずとも暖かい「光電子」素材
  3. 吸湿発熱素材に除湿性・肌触り・抗菌作用などが備わった「メリノウール」素材

 

 

吸湿発熱素材で代表的なのが、ユニクロの「ヒートテック」!汗を吸湿して熱に変換し、暖かくなります。

街中で歩く分にはこれで十分なんですが、運動量の少ない釣りの場合は発熱しないから寒いままだし、逆に動くと汗が乾かないので汗冷えしてしまいます。

余談ですが、過去に行った自転車日本一周の旅でヒートテックを使用したところ、汗が乾かなくて峠の下り坂で死ぬほど寒い思いをしました・・・。

釣りのような急激な運動をしないスポーツであっても、オカッパリのランガンや激しいアクションの後に一気に汗冷えしてめちゃめちゃ寒いので、買い換えを決意しました。

 

 

次の「光電子」素材ですが、これは遠赤外線を体に反射した「反射熱」で発熱する・・・という素材らしく、動いていようが止まっていようが暖かいんですよ!

しかも速乾性能に優れているものなら、例え暑くて汗をかいてしまってもすぐに乾燥するので汗冷えすることもない。

どうしてもこの手の素材は高いことが多いんですが、釣りのような「静・動」が両者存在するようなスポーツには、一番相性がいいと思っています。

 

最後の「メリノウール」素材ですが、これは特徴だけをみると「吸湿発熱」素材の上位互換といってもいいレベル。

発熱方式はヒートテックと同じ「汗」を利用して暖かくなるというものですが、一方で本来相反する「除湿性能」もかね備えてあって、汗冷えしにくいんです!

新素材とはいえウールに違いはないので、肌触りや抗菌作用もあって、インナーとしての機能もバッチリ。

発熱には水分を利用するので、ある程度動きのある釣りでないと光電子との差は感じられないものの、陸っぱりのルアー釣りならかなりの恩恵を受けることができます。

 

それぞれ特徴に違いがあるので、自分の使うシチュエーションに応じて選ぶのが一番ですが、

  • 動きの少なめな釣りなら、常時暖かい「光電子」素材
  • 動きが多めの釣りなら、吸湿・除湿性に優れる「メリノウール」素材

がよさそうですね。

 

釣り用インナー徹底比較

インナー素材別の比較をしたところで、今度は実際に製品別の比較をしていきたいと思います!

それぞれ釣りメーカーや登山メーカーなど各社が様々な製品を販売していますが、そもそも使うシチュエーションや思惑が違ってきます。

なので、それぞれのメーカーが想定する使い方や素材などについて検討していきながら、製品の比較を行いたいと思います。

 

まず釣りメーカーのインナーですが、代表的な会社は「シマノ」「ダイワ」など大手釣りメーカー。

動きの激しいルアー釣りを除くと、「静」の要素が強いために動かなくとも暖かい、むしろ運動すると暑すぎて大変、という素材が多いです。

今回僕は釣りメーカーのインナー購入を見送りましたが、それは自分の地域では暖かすぎること、そして除湿・速乾機能に劣ること、が理由となりました。

とはいえ、動きの少ない釣りや極寒地での釣りには相当活躍してくれるはずです。

 

シマノ ブレスハイパー

 

シマノの超極厚タイプの暖かいインナーで、「ブレスハイパー」という独自素材を採用している製品。

「吸湿発熱素材」なので、ヒートテックと同じ方式なんですが、除湿性能にも優れているというのがうたい文句。

裏起毛の厚さが5mmもあるし、基本的には磯釣りなどの「静」の釣りで活躍する製品ですね!

釣りメーカーのインナーは大変魅力的ですが、ネットショップでは「汗が乾かない」というレビューがいくつかあって、自分の使い方には合わないので今回は見送りました。

 

ダイワ ブレスマジック

 

ダイワの超厚手タイプのインナーで、「ブレスマジック」という独自素材を採用している製品。

こちらも「吸湿発熱」系の素材で、独自とはいえ方向性はシマノと同じなので、静の釣りで大活躍しますね。

登山・自転車メーカーと比べると速乾性にそれほどこだわらなくても良いので、止まっていても暖かく、ランガンをそれほどしないのなら購入決定ですね〜。

 

もちはだ もちジョイ

 

「もちはだ」は全く知らなかったんですが、有名釣りYoutubeの「釣りよかでしょう」が動画宣伝して初めて知りました。Amazonから一瞬で在庫がなくなったらしい^^;

これまでの発熱素材とは違い、超極厚タイプの生地で「独自起毛素材」でインナー内に空気の層を作り、暖めるというもの。

バイク乗車時の使い方も想定されているだけあって、止まっていても汗が止まらないんだとか!凄まじい防寒性能・・・。

 

▲この動画で「もちはだ」について解説されています。

 

動画でも解説されていますが、むしろ「暑すぎるから気をつけてください」という注意書きがあるほど。(笑)

汗のかきやすい、ショアジギングやシーバスフィッシングには向いていなさそうですが、極寒地帯での釣りや動きの少ない釣りには最高のインナーですね!

釣りメーカーは総じて「速乾性」よりも「防寒性」に重点を置いているので、やはり厳冬期の磯場や寒い地域(北海道や東北など)の利用に向いているといえます。

 

↓個人的に気になった商品レビュー

『これを着たら日本に冬は無いです』
とTVで観て購入しました。
着た瞬間暖かさが分かります。
感触は全身タイツのようにピタッと感が多少ありますので、この中に着るものは少し考え方が良いかもです。
そして寒くなったこの時期の夜に
これだけ着て外に出たところ、
上着部分だけが全く寒くありません!
むしろ暖かいです!
ヒートなんちゃらとかは
悪くは無いですけど、単品じゃ
強さを発揮出来ない感が
あります。
しかしこれは!Tシャツの上に着ただけで外を歩けちゃいます!!

※ただし、上着以外の部分はカバー出来ないので周りは個人でカバーしましょう。
ネックウォーマーと下も欲しいです。
質が良いので値段も納得の星5です。

出典:Amazon.co.jp

 

それほど暖かいなら、厳冬期用に1セット購入しておいてもいいかもなぁ。。。

 

ハヤブサ フリーノット

 

釣り用インナーとしては、大本命の「フリーノット ハヤブサ」の光電子インナー。

登山や自転車と比べて釣りは運動量が少ないスポーツなので、極厚手素材や起毛素材で直接暖める製品が多いなか、このフリーノットは「光電子」タイプとなります。

光電子は遠赤外線で体を暖めつつも、「暑すぎる」という状況になりにくいので、比較的運動量の多い釣りには最高の素材。

 

▲フリーノットによる「光電子」の解説動画。見ておくと非常にためになります。

 

ショップでの評価も高くて最有力候補となりますが、他のインナーよりもやや高い(実売7,000円程度)ので一旦購入を見送りました。

が、やはり素材自体の性能は非常に優れているので、ぜひ次の機会には手を出したいところ!

 

↓個人的に気になった商品レビュー

寒がりなので冬の釣りに良いインナーを探してました。
購入前にあちこちのサイトで比較しましたが、他のインナーとの比較が
出来ないためかなり悩みました。

着た感じは結構暖かく、肌に直接着てその上に薄手の安物防寒下着を着用し、一番最後に防寒具を着た状態での釣りが殆どでした。
北海道在宅ですが真冬以外では何とかなりました。
同類のインナーと比較できないのは参考になりませんね。
ただ身長170センチ 体重70キロの体型で購入したLLがジャストサイズだったのには安心しました。
ほぼLを購入するつもりでしたから。

出典:Amazon.co.jp

 

日常利用であっても、北海道で使えるなら何の問題もないですね。地域にもよりますが、5月でもかなり寒かったので。。。

厳冬期は釣りメーカーのインナー、それ以外は汗をかくことも考慮して、光電子タイプのインナーが良さそうな印象。

 

登山用インナー徹底比較

次は登山用インナーの紹介に入りたいと思います!

このタイプは釣りメーカーと比べると、過酷な環境で使用されるため「防寒性」を重視しながらも、最大限「速乾性」に注力して製品開発されています。

なぜなら、冬山登山において「汗をかくこと」は死につながることもあるため。汗冷えすると一気に体温低下して命を落としかねません。

ヒートテックのような素材ではダメで、止まっていても暖かく、かつ速乾性の高い「光電子」インナーが中心となります。

 

ノースフェイス HOTCREW

 

登山メーカー、「ノースフェイス」の光電子インナー。

少し古めの製品ですが、登山用として多くのユーザーが利用している製品。

光電子のタイプにしては比較的安価(といっても実売6千円前後)で、なおかつあまり釣り目的で使っている人があまりいなさそうだったので、あえて購入しました。(笑)

 

 

インナーといえば肌に密着するタイプを想像していたけど、こちらはゆったりしたサイズ。

身長173cm、体重58kgでMサイズを購入してみたが、多少ゆるいサイズだったので長さ以外ならSサイズでもそれほど問題なさそう。

 

 

着た瞬間に、「あ、暖かい!」と驚いてしまった。笑 ヒートテックはこの段階ですぐに暖かさを感じられるレベルではないので、正直ビックリ。

少し運動するとさらに暖かくなって、ヒートテックなら汗ばむところ、このインナーはギリギリ閾値を超えず汗をかきにくいと感じました。

近場の釣り場であっても5枚ほど重ね着するのだけど、これを着れば1枚分ミドラーを抜いても、以前より暖かい。

高い買い物ではありますが、冬に積極的に釣りをするなら買う価値はありますね。

また防臭性にも優れていて、冬場とはいえ3日間連続で着つづけても、異臭は発生せず。値段のわりにかなり性能が高いようです!買ってよかった〜。

 

ミズノ ブレスサーモ

 

防寒インナーとしては、かなり知名度の高い「ミズノ ブレスサーモ」。釣具屋で販売されていることも。

ヒートテックと同じ「吸湿発熱素材」の製品ですが、発熱はともかく「除湿性」においては雲泥の差があるらしく、山岳エリアでも十分使用できるとのこと。

ただし光電子素材とは違うので、汗をかきすぎると暑すぎる状態になるらしい。

 

スキーのために購入しましたが、今まで使っていたヒートテックと比べるとかなり暖かかったです。ただし、汗に反応する関係で汗をかきすぎると暑くなります。

出典:Amazon.co.jp

 

釣りメーカーの防寒インナーと同じように、やはり速乾性がそれほど必要ないシチュエーションでは活躍しそうですね!

光電子や新素材のインナーと比べると、リーズナブルで、実売5千円以下で購入することができます!コストパフォーマンスに優れているので、じっくり購入を検討できるレベルですね。

 

mont-bell スーパーメリノウール

 

最後に、有名登山メーカーの「mont-bell」製インナー。

これまでの光電子素材ではなく、新素材の「スーパーメリノウール」が採用されているのが最大の特徴。

「インナー素材別の発熱・除湿・柔軟性能」でも解説したとおり、ヒートテックなど吸湿発熱素材の上位互換といってもよく、吸湿して発熱しつつも、同時に除湿製も実現しています。

 

出典:http://www.montbell.jp

 

さすがに登山で積極的に使われているだけあって、性能はお墨付き!

製品ラインナップに「ライトウエイト(薄手)」「ミドルウエイト(中厚手)」「エクスペディション(厚手)」の3つがあるので、使う状況に合わせて選ぶことができます。

何よりも「防臭性能」に優れているので、冬用のインナーとして購入しつつも夏場に夜通し釣りをするようなシチュエーションでも使いたいですね!

 

▲右が旧パッケージ、左が新パッケージ?

 

今回は寒い厳冬期を乗り越えるため、スーパーメリノウールの中でも最も暖かい「エクスペディション(厚手)」を購入しました!

さすが高級品だけあって、ぶっちゃけ高かったんですが(上下合わせて15000円程度)、真冬でも全力で釣りをするために購入。

厚手以外にも、中厚手・薄手と全て実店舗で触ってきたんですが、意外と素材自体は薄いよう。

厚手タイプとノースフェイスの光電子インナーを比べても、生地の厚さだけでいうとやや光電子タイプのほうが分厚いかな?といった感じ。

 

 

ウール素材ですが、快適な着心地でチクチク感などはなし。肌触りはどちらも大差ありませんが、光電子のほうが好きかな?

実際に着てみましたが、光電子と比べて着た直後から暖かさを感じるレベルではなく、最初は「え?大丈夫か?」と思っちゃました。

しかし!この製品の素晴らしいところはここからで、体温でインナーが暖かくなってから徐々に暖かさが増幅していき、気がつくと全く寒さを感じない状態に・・・!

除湿性能はそれほどでもないが、体温維持機能が素晴らしく高くて、一度暖まると相当過酷な環境であってもなかなか体温が低下しない!

光電子が「素材そのものが発熱する」イメージだとすれば、メリノウールは「快適な体温を確実に維持してくれる」タイプだと言えます。

 

個人的に気になったレビュー↓

ロシアの厳しい冬をしのぐために、モンベル・アウトレット店で購入しました。
モンベルでは、アンダーウェアの試着もできますので、購入前に一度試着してみたほうがよいでしょう。

ちなみに、身長180cm、体重66キロでLサイズがジャストフィットでした。ウールの性質上、洗濯をすると若干縮みますが、ほとんど誤差のようなものだと思います。

○暖かさ
・室内着として
ウール系アンダーウェアの最大のメリットは、薄いにもかかわらず下着として十分な保温効果があること、汗をかいた場合でも冷えないことにあると言えます。
したがって、あえて薄着する必要もなければ汗を気にする必要のない室内で、高価なメリノウールのアンダーウェアを着るメリットはほとんどないと思います。
むしろ、ヒートテック系のアンダーウェアを重ね着したほうがよほど安く効果がありそうな気がします。

・街着として
主に-10度以下の街歩き用に使用していましたが、結論からいえばかなり贅沢な使い方をしてしまったと思います。
基本的な構成として、このアンダーウェアの上に薄い長袖シャツを中間着として着込み、屋外ではダウンコートを羽織っていました。
これで-25度程度までなら全く問題ありません。というよりも、数十分早歩きをすると、軽く汗ばんできますので、この程度の緩い条件ではややオーバースペックといってもいいでしょう。ただ、軽く汗ばんだ状態で、数十分バスを待っていたときも全く体が冷えませんでしたので、街でウール系下着を着用する意味はそれなりにありそうです。ちなみに、以前、ヒートテック系下着で同じようなことをやったときは、たちまちのうちに体が冷えました。

・郊外での長時間散策
-20度以下、微風という環境で、このアンダー、長袖シャツ、ダウンコートを着て半日ほど雪道を歩きました。結論からいえば、完全なオーバースペックで、途中からネックゲイターを外し、コートのジッパーを少し下げて体温調節しました。明らかに選択ミスで、少し汗もかきましたが、それでも体が冷えることがなかったのはさすがだと思います。

○総評
このアンダーウェアを着て山に登ったことがありませんので、肝心の登山時の性能については分かりませんが、厳冬期の街着としては完全にオーバースペックだと思います。コートや中間着次第ですが、-20度程度の市街地であれば、メリノウールのミドルウェイトあたりがちょうど良さそうです。ただ、市街地でも、ラッシュ時の鉄道、バスのように、社内・室内が異様に暑く、コートなしでも汗をかいてしまうことがあります。そのような場合、ヒートテック系下着では、体が冷え、風邪を引くリスクが高まりますが、ウール系下着ではそのようなことは一切ありませんでした。
私の使用目的からするとオーバースペックではありましたが、逆に言えば、不安を感じるような状況は一切ありませんでした。
ロシアの知人は、「-20度を切ると空気が澄んできて、散歩が楽しい」と言いますが、寒さに慣れていない私でも、このアンダーウェアのおかげで同じような感覚を持つことが出来ました。

出典:Amazon.co.jp

 

ちょっと長いですが、-20度の環境で実際の体験談を語った素晴らしいレビューだったので、引用しました。

やはり「体温維持機能」が素晴らしく高いようですね!汗冷えしないということが一番の特徴で、多少の運動を伴う釣りでも安心して使えます。

防寒着を着て風さえ遮ってしまえば、それこそ氷上のワカサギ釣りや北海道での厳冬期の釣りなどにも活用できるので、過酷なシチュエーションで使う場合はメリノウール一択かな。

なかなか高価な買い物でしたが、これで真冬の釣りが快適に行えるのなら、買った甲斐があったってもんですな!

 

おわりに

というわけで、以上「釣り用インナーを徹底比較!」のレポートをお届けしました。

防寒着と合わせて何を購入すればいいか非常に悩みますが、せっかく上着を買うなら下着から対策をしないと何の意味もないので、ぜひじっくり選びたいところ。

今回の記事が商品選択の参考になれば嬉しいです。真冬の厳冬期であっても、良い製品を購入して釣りに出かけましょう!

 

それでは!

 

釣り用防寒着の選び方とおすすめ製品もまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください!

釣り用の防寒着・ウェアの選び方とおすすめ製品を紹介!【2017年ver】

2016.12.31
スポンサードリンク