【2018年版】最強のアウトドア・釣り用防寒着の選び方とおすすめウェアランキング!

 

2017年も寒い冬の季節が到来しました!秋口は釣り人でいっぱいだった堤防も、冬になると一気に減って快適に釣りができるようになります。

ただし真冬の堤防は風が吹き付けると「めちゃくちゃ寒い」ので、普段使っているウェアではとても釣りを続けることができません。そのため、釣りメーカー各社から専用の防寒着が発売されています。

今回は、釣りに使える最新の「防寒着・ウェア」の選び方と、おすすめ製品を紹介していきます!これらを使えば、極寒の12月・1月・2月でも快適に釣りをできるようになりますよ!

 

アウトドア・釣り用防寒着に必要な性能とは

 

真冬の堤防でいつものダウンジャケットを着用して釣りをすることも可能ですが、冷え込みが激しいと「防寒能力不足」を実感します。本州でも海沿いは冷え込むので、生半可な服装では耐えられません。

過去には防寒着を購入する予算がなかったので、無理やり普段着を何十にも重ね着していたんですが、何と言っても動きにくい!特に細かい動きの多い活動をするならやってられません。

その点、専用防寒着は立体裁断で釣りの動作を快適にする工夫がなされていて、防寒性能は高くとも細かい動作を犠牲にしません。昨年、真冬でも釣りをするために釣り用防寒着を購入。

沖縄など年中暖かい地域ならともかく、九州以北は真冬だと「高性能なアウトドア・釣り用防寒着」が必須!と言ってもいいほどです。

 

アウトドア・釣り用防寒着を選ぶためにチェックしておくべきポイントは、下記の4つ!

  1. 防寒着の防風性能・中綿の量
  2. 釣りの快適さ・立体裁断モデル
  3. 撥水性能

これらの点を考慮して選ぶと、より自分に最適で釣りが快適になる防寒着を選ぶことができますよ。

 

防寒着の防風性能・中綿の量

冬の海沿いは空気の冷たい北風が強烈に吹き付けるので、体感温度はゆうに−0度を下回ります。釣り用防寒着には当然「保温性能」が最も重要となります。

防寒着の暖かさは「中綿の多さ(体温を保持できる空気の層をつくる)」「生地の防風性能(風を通さない)」で大きく変わってくるため、自分の使うシチュエーションに合わせて慎重に選ぶ必要があります。

生地の保温性能はそれぞれのメーカーが力を入れて開発している独自の保温技術のことで、綿の量よりも防寒に関わってきます。

 

活動(釣り・登山)の快適さ・立体裁断モデル

先ほども解説しましたが、釣り専用メーカーの防寒着は竿を降る、リールを巻くなど釣りに必要な動作を徹底的に研究されており、快適な活動を実現するため立体裁断モデルが採用されています。

大動脈周辺など冷やしてはいけない部分はピッチリと設計されていて、腕周り・ヒザ周辺など動作の多い部分は少し余裕を持って作られています。防寒性能を維持しつつ快適性を実現しています。

実際に使用してみると、普段着のダウンジャケットや重ね着をした場合と比べて圧倒的に釣りがしやすいと感じます!特に動作の多いルアー釣りでは必須の機能と言っても過言ではありません。

 

撥水性能

外で活動していると、不意の雨に遭遇したり磯場での釣りだと波しぶきをかぶってしまうこともあります。水分が付着すると一気に体が冷えてしまいますが、そこで重要となるのが「撥水性能」です。

特に綿の多い防寒着は一度濡れてしまうと簡単には乾燥せず、そのまま釣りを続けると最悪の場合「低体温症」に陥ってしまう可能性もあります。

撥水性能と同時に重要なのが「通気性」。安いカッパを着ると、雨は防げるが同時に体から出る汗も遮られてしまうので、通気性がないと汗だくになりかえって冷えてしまいます。

高価なウェアのなかには、水の侵入を許さず通気性も確保した「ゴアテックス素材」を採用したものも。高価ですが、リーズナブルな値段でもメーカー独自に撥水加工をしたものが販売されています。

 

各アウトドアメーカー防寒着のメリットとデメリット

アウトドア・釣り用防寒着の特徴を紹介しましたが、もちろん現地で登山用・普段用のダウンジャケットを購入するという手もあります。それぞれ使用するにあたってメリット・デメリットが存在するわけですね。

各アウトドアメーカーはそれぞれ対応するシチュエーションに合わせて設計しているため、性能が全く異なります!

必ずしも専用設計の防寒着は優れているとはいえず、例えば陸っぱりでランガンを多用するような釣りなら登山メーカーの防寒着のほうが優れている可能性があります。

 

今回は、「釣りに使用する」という条件で、かつ他のアウトドアにも使えるか?も考えつつ各メーカーの防寒着を公平に比較してみます。

 

日常利用に優れた防寒着の特徴

 

日常的に利用している防寒着の最大のメリットは「価格が安価」だと言うこと!登山用・釣り用は本格的な極寒地で使用できるよう専用素材が使用されており、高価な製品が多いです。

代表的なのがユニクロのウルトラライトダウンで、1万円以下で購入することができます。しかもそこそこの防寒性能で軽量・コンパクトなため、小さなカバンに入れて持ち運ぶことも可能。

特に秋口など暖かいうちは、登山用・釣り用だと暑すぎるために日常用のダウンを利用しています。一方、真冬の堤防では全く役に立たない(クソ寒い!)ため専用の防寒着が必要となります。

 

登山メーカーの防寒着の特徴

 

登山用の防寒着は春・秋の低山から真冬の標高3000m超を前提としたものなど、とにかくレパートリーが多いのが一つの特徴。一歩間違えると死の可能性もあるため、厳密に設計されています。

雪の吹き荒れる状況下で水分が染み込むのを防ぐため、暖かい防寒着には撥水性・通気性に優れたゴアテックス素材が使用されていることも多々あります。その分、かなり高価な防寒着も存在します。

どれだけ寒い状況でも汗をかくと汗冷えして生死に関わることもあるため、通気性を重視して作られている防寒着が多いです。特に動きの多いランガン前提の陸っぱりには重宝します。

快適に使えるモデルが多いですが、極寒地で使える防寒着は限られているのがやや残念な点。

 

釣りメーカーの防寒着の特徴

 

釣りはそれほど動きが多くないのと、真冬の堤防はめちゃくちゃ冷えるため防寒性能を第一に設計されています。磯釣り用として設計されたものは水しぶきを防ぐため、ゴアテックス素材採用のものも。

一方、細かい動きが多くゴワついていると動作が鈍るため、立体裁断で冷やしてはいけない首元・内股部分は暖かいが、動きの激しいひじ・脇・太ももにかけてはストレスなく動かせる快適な防寒着が多いです。

小物を入れられるようポケットも多いんですが、価格は高めでかさばってしまうのが玉にキズ。極寒地では少し寒く感じることもありますが、高性能インナーと組み合わせることで全く冷えを感じなくなります。

 

以上の点を踏まえて、釣りにおすすめの防寒着を徹底解説していきます!

 

【2018年版】アウトドア・釣り用防寒着のおすすめ製品

アウトドア・登山メーカーの防寒着

ロゴス タフ防水防寒スーツ フォルテ

おすすめ度防寒性能撥水性着心地価格

★★☆☆☆

裏起毛・エリはボア仕様

縫い目をテープで防ぐ簡易仕様
×
専用設計ではないので着ぶくれ感

実売価格9,000円前後

 

最小の予算で防寒着を抑えたい人には「ロゴスの防寒着」が人気です真冬の堤防でも耐えられる防寒性能を有しており、モデルによっては実売1万円以下で購入することができます。

釣り具メーカーではありませんが、リーズナブルなアウトドアブランドとして有名な会社で、専用品ではないので着膨れや動きにくさはありますが、十分な防寒性能を備えています。

専用の防水素材は使用しておらず、隙間をテープで埋めるだけというチープな使用なので雨に打たれてしまうとアウト。ただし晴れた環境でのみ使用するなら、そこそこ使えます。

 

MIZUNO アウトドア ベルグテックEX ストームセイバーV

おすすめ防寒性能撥水性着心地価格

★★★☆☆

レインウェアのため防寒性能は劣る

防水透湿独自素材ベルグテックEX採用

軽量設計で活動しやすい

実売価格10,000円前後

 

「ベルグテックEX」は本来防寒着ではなくレインウェアですが、防寒用として使用している人も多く、ウインドブレーカーとして風を遮ってくれるためインナーと重ね着すれば意外と暖かいです。

自身も自転車日本一周旅行で使用していましたが、適度に透湿性もあるため多少動きが激しい場合でも汗冷えせず、当然雨にも強いのが意外と使えます。

極寒地ではさすがに厳しいですが、簡易的な防寒着としては十分な性能です。価格も安く、1万円前後で揃えられるので「とりあえず防寒できればいい」というシチュエーションにはおすすめ。

 

 mont-bell ライトアルパインダウンジャケット

おすすめ防寒性能撥水性着心地価格

★★★★☆

高品質ダウンEX800採用

ダウン製品なので撥水性能は劣る

総重量310gの超軽量仕様

定価12,000円前後

 

mont-bell社の本格的な防寒着である「ライトアルパインジャケット」。名前のとおり低山を想定しており、極寒地で使用するとやや寒いものの、ダウン素材がフカフカなので静止時でも暖かいのが特徴。

「EX800」という通常のダウンよりボリュームの多い素材を使用しており、暖かい空気の層を作ることで外気を遮断し十分な暖かさを確保します。撥水素材を使用しているため、多少の雨なら弾きます。

何より総重量320gという超軽量性が魅力的で、「防寒着を着ている」という実感がありません!移動の多い釣りはもちろん登山・アウトドア全般で使用できる優秀なダウンです。

 

THE NORTH FACE マウンテンレインテックスジャケット

おすすめ防寒性能撥水性着心地価格

★★★★☆

防風防寒シェル仕様

3層構造ゴアテックス®ファブリクス採用

総重量420gの超軽量仕様

定価30,000円前後(税込)

 

高級撥水素材のゴアテックスを採用した「マウンテンレインテックスジャケット」。万が一雨が降った場合にも全く問題なく撥水してくれるため、冬の急な雨でも体温を保ったまま活動できます。

ジャケット自体はウインドブレーカーとして風を遮断してくれるものの、それ自体に防寒機能はないのでインナーと組み合わせる必要があります。長時間極寒地で活動・・・というシチュエーションには向いていません。

ただこちらも総重量420gと防寒着としては超軽量なので、動きの激しい登山・自転車には最強!オシャレなので街中でも全く問題なく使えます。

 

釣り専用メーカーの防寒着

ダイワ(Daiwa) レインマックス DW-3507

おすすめ度防寒性能撥水性着心地価格

★★★★★

中綿20%増量モデル

独自素材レインマックス採用

釣り用立体裁断採用

定価23,100円~23,600円(税別)

 

釣り専用メーカーのダイワ製防寒着で最もリーズナブルなモデル。実売2万円以下で購入でき、通常より中綿を20%増量したモデルのため寒い冬の釣りでも十分耐えられます!

専用モデルなので腕の可動部などには適切な設計がされていて、快適に釣りができるようになっています。ダイワ独自の撥水素材「レインマックス」が使用されているので、少々の雨なら十分な撥水性能を発揮。

極寒地でなければベーシックモデルであるDW-3507で十分な性能があるので、予算は控えめに釣り専用防寒着が必要な人には特におすすめです!

 

ダイワ(Daiwa) レインマックス エクストラハイロフト DW-3207

おすすめ度防寒性能撥水性着心地価格

★★★★★

中綿50%増量モデル

独自素材レインマックス採用

立体裁断採用

定価37,400円~39,900円(税別)

 

ベーシックモデルと比べて30%(通常より50%)の中綿が増量された対極寒地仕様の防寒着。多少予算は上がりますが、ゴアテックスの防寒着よりはリーズナブルに購入可能!

通常よりボリュームが大きい分やや行動しやすさに欠けるため、陸っぱりのランガン中心の釣りには向いていません。動きが少ないルアー釣り・エサ釣りには最適です。

止水ファスナーの付いたポケットを採用しているため、防滴性能も向上しています。沖磯など過酷な環境には向きませんが、東北以北や2月など極寒地で釣りをするならこの防寒着一択です。

 

ダイワ(Daiwa) ゴアテックス ウィンタースーツ DW-1907

おすすめ度防寒性能撥水性着心地価格

★★★★☆

防寒性にはやや欠ける

防水最高素材ゴアテックス採用

釣り用立体裁断採用

定価47,400円~49,900円(税別)

 

ダイワのゴアテックス仕様の防寒着。他のメーカー製と比べても、ゴアテックスのベーシックモデルに位置付けられているため実売価格4万円以下で購入可能です。(大抵のゴアテックス製は7万近くしますw)

二重袖口で寒気を防ぐなど防寒性能についても徹底されており、極寒地でなければ十分釣りができます。防寒インナーを組み合わせれば厳冬期でも活躍できます。

「ゴアテックス製の防水仕様の防寒着を購入したいが、予算がない・・・!」という人には強くおすすめします!逆に対極寒地仕様を最初から想定するなら、上級グレードの防寒着でないと歯が立ちません。

 

シマノ(SHIMANO) DSアドバンスウォームスーツ RB-025Q

おすすめ度防寒性能撥水性着心地価格

★★★★☆

中綿増量モデル

独自素材ドライシールド2レイヤー採用

釣り用立体裁断採用

定価28,000円~33,000円(税別)

 

釣り用メーカーのシマノ製のリーズナブルな防寒着。ダイワ製よりはやや予算が上がりますが、ベーシックモデルなので2万円代で購入することができます。

防水・透湿性をかね備えた「ドライシールド2レイヤー」を採用しており、大雨でなければ冬場の雨でも十分凌ぐことが可能です。中綿増量モデルなので寒い季節でも問題なく使用できます。

釣り専用の防寒着は無機質なデザインが多いんですが、ラインナップが多くカジュアルなモデルも存在するのが最大の特徴!都会の河川や電車釣行で使用してもそれほど違和感がありません。

自身は前モデルを実際に使用していましたが、2月の深夜から明け方まで釣りをしてもほとんど寒さを感じることはありませんでした。

 

シマノ ネクサス コールドウェザースーツ XT RB-125Q

おすすめ度防寒性能撥水性着心地価格

★★★☆☆

中綿増量モデル

独自素材ドライシールド2レイヤー採用

釣り用立体裁断採用

定価34,000円~36,000円(税別)

 

シマノの磯釣りブランドであるNexusの防寒着。フローティングベストと合体できる「コンビネーションシステム」を採用しており、ベスト装着時でもポケットにアクセスできるなど工夫がなされています。

もちろん不意の波しぶきにも耐えうる防水・透湿素材「ドライシールド2レイヤー」を採用。磯釣り用の防寒着としては価格もリーズナブルなので、入門者におすすめ。

ただし基本性能はベーシックモデルのDSアドバンスウォームスーツと変わらないので、やや割高感を感じます。

 

シマノ ゴアテックス ベーシックウォームスーツ RB-017Q

おすすめ防寒性能撥水性着心地価格

★★★★☆

防寒性にはやや欠ける

防水最高素材ゴアテックス採用

釣り用立体裁断採用

定価46,000円~48,500円(税別)

 

シマノ製のゴアテックス素材採用の防寒着。ベーシックモデルなので予算を抑えつつ、防寒性能に加えて撥水・透湿性能をプラスしたモデル。過酷な環境でも使用できるようになっています。

防寒性能にはやや欠けますが、インナーと組み合わせれば真冬での使用も可能になります。もちろん立体裁断なので動きの激しい陸っぱりでも快適に釣りが可能です。

最上位モデルは性能が高いものの、実売価格でも10万円以上するのでお買い得のモデルです!ダイワ製同様、ゴアテックス防寒着の入門におすすめです。

 

MAZUME(マズメ) コンタクト オールウェイザースーツ II MZXFW-035

おすすめ度防寒性能撥水性着心地価格

★★★★☆

起毛素材・二重袖口・エリ採用

独自素材WR-TEX採用

立体裁断不採用

定価12,000円(本体価格)

 

ルアー釣り用のアパレルを展開するMAZUMEの防寒着。こちらはエントリーモデルで、実売価格2万円以下と安価ながら冬期の釣りを想定しているため十分な防寒性能を備えています。

「防水・透湿素材WR-TEX」を採用しているため雨にも強く、起毛素材+二重袖で防寒性能を向上。立体裁断仕様ではありませんが、ルアーメーカープロデュースなので快適に釣りを続けられる柔軟さが魅力的。

価格と性能を比較してもかなりコストパフォーマンスが良いため、予算を抑えたい人にもおすすめできます。

 

MAZUME(マズメ) コア オールウェイザースーツ MZXFW-034

おすすめ度防寒性能撥水性着心地価格

★★★★☆

起毛素材・二重袖口・エリ・ファー・採用

独自素材WR-TEX採用

釣り用立体裁断採用

定価22,000円(本体価格)

 

MAZUMEの防寒着シリーズの上位モデル。エントリーモデルと同じく「防水・透湿素材WR-TEX」を採用しており、少々の雨なら十分耐えつつ防寒性能がアップ。こちらは立体裁断仕様。

凍えるようなシチュエーションでも長時間使い続けられるよう起毛素材・二重袖口・フードのファー・顔全体を覆うエリなど各種工夫がなされています。都会でも使用できるよう、デザインがオシャレなのも評価ポイント。

実はエントリーモデルと比較してそれほど実売価格に差がないので、かなりお得なモデルと言えます。特にシーバスゲームを想定して作られているので、同じルアー釣りをする人は即買い決定です!

 

アウトドア・釣り用防寒着を徹底比較!

※横スクロールで全ての製品を比較できます。

 ロゴス 防水防寒スーツ フォルテMIZUNO アウトドア ベルグテックEXmont-bell ライトアルパインダウンTHE NORTH FACE マウンテンレインテックスジャケットダイワ レインマックスダイワ レインマックス エクストラハイロフトダイワ ゴアテックス ウィンタースーツシマノ DSアドバンスウォームスーツシマノ ネクサス コールドウェザースーツ XTシマノ ゴアテックス ベーシックウォームスーツマズメ コンタクト オールウェイザースーツ IIマズメ コア オールウェイザースーツ
画像
防寒
裏起毛・エリはボア仕様

レインウェアのため防寒性能は劣る

高品質ダウンEX800採用

防風防寒シェル仕様

中綿20%増量モデル

中綿50%増量モデル

防寒性にはやや欠ける

中綿増量モデル

中綿増量モデル

防寒性にはやや欠ける

起毛素材・二重袖口・エリ採用

起毛素材・二重袖口・エリ・ファー・採用
撥水性
縫い目をテープで防ぐ簡易仕様

防水透湿独自素材ベルグテックEX採用

ダウン製品なので撥水性能は劣る

3層構造ゴアテックス®ファブリクス採用

独自素材レインマックス採用

独自素材レインマックス採用

防水最高素材ゴアテックス採用

独自素材ドライシールド2レイヤー採用

独自素材ドライシールド2レイヤー採用

立体裁断不採用

独自素材WR-TEX採用

独自素材WR-TEX採用
着心地×
専用設計ではないので着ぶくれ感

軽量設計で活動しやすい

総重量310gの超軽量仕様

総重量420gの超軽量仕様

釣り用立体裁断採用

釣り用立体裁断採用

釣り用立体裁断採用

釣り用立体裁断採用

釣り用立体裁断採用

釣り用立体裁断採用

釣り用立体裁断採用

釣り用立体裁断採用
価格
実売価格9,000円前後

実売価格10,000円前後

定価12,000円前後

定価30,000円前後(税込)

定価23,100円~23,600円(税別)

定価37,400円~39,900円(税別)

定価47,400円~49,900円(税別)

定価28,000円~33,000円(税別)

定価34,000円~36,000円(税別)

定価46,000円~48,500円(税別)

定価12,000円(本体価格)

定価22,000円(本体価格)
おすすめ
★★☆☆☆

★★★☆☆

★★★★☆

★★★★☆

★★★★★

★★★★★

★★★★☆

★★★★☆

★★★☆☆

★★★★☆

★★★★☆

★★★★☆
商品ページ Amazon Amazon Amazon Amazon Amazon Amazon Amazon Amazon Amazon Amazon Amazon Amazon

 

今回紹介した全ての釣り用防寒着を比較表にまとめてみました!こうやって全ての項目を並べて見ると、コストパフォーマンスがよく防寒性能も優れた「ダイワ(Daiwa) レインマックス DW-3507]」が際立ちますね。

幅広い用途で使用したければ、防寒性能を確保しつつ超軽量で動きやすい「mont-bell ライトアルパインダウンジャケット」が最強!釣りはもちろんあらゆるシチュエーションで使えます。

よほどの極寒地でない限り使えますし、価格もリーズナブル。真冬に釣りをするためには専用防寒着が必須となるので、長く釣りをするために投資と思って購入すると快適に釣りができますよ!

1着購入すると長く使えるので、釣行回数が多いなら十分元が取れます。自身も専用の防寒着を購入して、ようやく真冬でも気軽に釣りに行けるようになりました。

 

おわりに

 

というわけで、以上「【2018年版】最強のアウトドア・釣り用防寒着の選び方とおすすめウェアランキング」について解説してみました。

専用の防寒着を実際に購入してみると、思っている以上に快適で値段以上の価値があるなと感じます。先ほども書いたとおり、メンテナンスすれば何年も持つので先行投資する価値はあります。

暖かい防寒着を着用することで真冬でも長時間釣りをすることが可能になり、日常の服装ではとてもじゃないが続けられないシチュエーションでも粘ることができます。

 

ぜひ、今年の冬は暖かい防寒着を身にまとって釣りに出かけてみてください。それでは!

 

▼防寒着の下に着ると防寒性能が大幅に向上する「インナー」をまとめてみました!

【防寒最強】アウトドア・釣り用インナーのおすすめ製品7種を徹底比較!【釣り・登山メーカー】

2017.01.07

スポンサードリンク