ライトショアジギングで釣れないときの対処法は?魚をヒットに持ち込むための方法論

 

ライトショアジギングのメインターゲットは「青物」ですが、この魚は回遊性が強いので魚が回ってこなければ一切釣れません。

魚探が使えないショアからの釣りでは、ある程度博打に近い釣りになってしまいます。特に堤防に人が殺到する場所では、300人のうち釣れるのは2〜3人だけ・・・ということも。

日中になるとさらに釣れる確率が下がり、それぞれ休憩したりスマホを弄り始めたりします。しかし!そこで言いたい!まだ諦めるのは早いと!

今回は、ライトショアジギングをやっていて一切魚が釣れないときに「どうにかして釣り上げる」方法をいくつか解説していきたいと思います!

 

 

青物は回遊してこなければ一切釣れない魚

 

メインターゲットの青物は回遊性が特に強い魚ですが、一方チヌやスズキは「定着性の魚」といって、大抵餌を求めて護岸に1匹〜2匹は常時付いています。

釣り上げられるかどうかテクニックや潮回りによって決まってくるんですが、青物はそもそも常に目の前の海域にいるとは限らず、回遊があったときだけバタバタと釣れます。

「それだと解決のしようがないじゃんか!」と反論したくなりますが、そうなんです!魚の回遊がなければテクニックだけではどうにもならないんです。

ただ、ライトショアジギングのそもそものメリットは「たくさんの魚が釣れること」なので、青物が釣れないタイミングでは別の魚種を狙えばいいという考え方もあります。

 

状況によっては、単に活性が低くてルアーだけに反応しないことも。水中カメラなどで見ていると、小魚には反応を示すのにルアーは一切無視・・・ということもあります。

ここでは、せっかく青物釣りに来たのに全く魚が釣れない!という状況を打開するため、いつもやっているいくつかのテクニックを紹介したいと思います。

前述のとおりテクニックだけではどうにもならないこともありますが、青物以外の魚を狙うことも含めてボウズを回避できたことが多いので、参考にしていただければと思います。

 

魚が釣れないときの対処法

底を重点的に狙う

 

メタルジグで青物を狙うとき、大抵数回は底まで落としてからしゃくりあげると思います。

この方法だと幅広い層・線を狙えるわけですが、シャクっている間に底を大きく離れてしまうため重点的に狙うことができません。

今まで青物を狙っていて、底周辺だけで反応があることもあったし、根魚もヒットしやすい層です。また渋い日でも、日中に底周辺を狙うことで大型が突然出ることもあります。

 

いつもメタルジグでやっているのは、まずボトムまでフォールさせてから5回だけシャクって再びフォール、そしてシャクリ・・・と短いピッチで探っていくこと。

他にも、鉄板バイブでボトムまで落としてジャーク、再びフォールさせてジャーク・・・というアクションで底を確実に狙うこともできます。

大抵渋い日は底まで魚が沈んでいるか、もしくはいないかなので一度「底」を重点的に狙ってみて下さい。

 

スローに誘う

 

こちらも日中に有効な方法で、青物ってルアーで狙うとき「早くアクションしないと見切られる」と誤解している人もいるんですが、実際はスローなアクションでも釣れます!

自分の経験則でいうと、浅場では見切られることが多く深場ではスローアクションのほうが効くイメージです。普段の0.5倍程度のスピードでシャクることで、自分だけヒットすることもありました。

また、日中はボトムと同様に大型ほど早いスピードよりも、遅めのシャクリでヒットすることが多いです。

 

 

「ショアスロー」という専用のメタルジグがあって、フォールが通常のものより遅くなっています。

さらにシャクリも通常の半分程度のスピードに変えることで、突然魚の反応が得られることも。こればっかりは当日の状況によるんですが、試す価値ありです。

通常のメタルジグだとシルエットが大きすぎる場合でも、ショアスローは水流抵抗を強めるため小さくフラットな形状になっていて、なかなか反応しない根魚が釣れることもしばしば。

 

効く状況では効くので、ボックスに一つは専用メタルジグを忍ばせておいてください!

 

 

ルアーを変える

 

青物を狙うルアーは、何もメタルジグだけではありません。

色々あるルアーの中で特に実績が高いのは「メタルバイブ」で、ジグに一切反応がないときでも魚を複数連れてきたこともあります。

他にもシンキングミノー・シンキングペンシル・トップウォーター・スピンテールジグ・ワームなど多種多様なルアーがあって、捕食するベイト(餌)によって特定のルアーを偏食することもあります。

 

 

メタルジグはマニュアルの操作性が優れているルアーですが、ショアから狙う場合だと魚の反応が得にくいことが多くて、最終的に別のルアーに頼るシチュエーションも多いです。

青物を確実に狙いたい場合は、事前に複数のルアーを用意しておくことで状況に対応できるようになります。

少なくとも、メタルジグの「手前15mは狙いづらい」「表層引き・ナブラ打ちに弱い」という弱点を補完できる鉄板バイブ・シンキングミノーだけは用意しておいてください!

 

 

マズメまで待つ

 

狙うレンジを変え、アクションを変え、ルアーを変え・・・全然釣れねぇじゃねえか!というときでも、マズメや潮が変わるタイミングで一気にバタバタ釣れることもあります。

そもそも魚は活性が高くなければルアーを追ってこないし、ましてや青物なんて回遊しているかどうかもわからないわけで、やはり捕食スイッチが入る朝・夕マズメが一番確実ですね。

日中でも釣れますが、大抵潮が動き出すタイミングで食ってくることが多いです。もし潮回りが悪くて期待できなさそうであれば、夕方まで仮眠するか、移動したほうがいいかも。

 

▼真昼間に青物を狙う方法まとめはこちら

青物って真昼間に釣れるの?鉄板バイブの早巻きが最強だぞ!【ツバス・ハマチ・シーバス】

2016.09.24

 

釣れるまで投げ続ける

 

最終手段はこれ。どんな状況であれ釣れるとも限らないので、一番青物を釣るコツは「ルアーを投げ続けること」になります。(笑)

潮回りや地形、ベイトの有無などを見て「その日釣れるかどうか」をある程度見極めることは可能ですが、いかんせん自然界のことなので人間には予測不能。

前日まで同じ堤防で何匹もブリが釣れて大盛況だったのに、翌日には一切釣れなくなってしまった・・・なんてことはザラにあります。

そんな状況でさえ、信じてルアーを投げ続けギリギリ一本とれた!という人もいます。どうしてもショアだとある程度「運ゲー」になってしまうので、体力の続く限り投げ倒したほうがいいです。

 

以前、沖堤防で釣りをしているときにマズメが終わったので軽くだけ休憩していたんですが、そのタイミングで隣に90cm超のサワラがヒットしたことがあります。(笑)

他にも、真昼間の潮止まりでダレて休憩しながら釣りをしてたんですが、遠くで釣りをしているカップルを見ると座りながらもルアーを投げていて、青物を3連発しているじゃないですか・・・。

という出来事があったので、やはり最終的に青物を釣るためには「ルアーを投げ続ける」これに限ります。

 

自分の場合はタイドグラフを見つつ、「潮の動くタイミング」は確実に狙うとして、「当日のベイト・ナブラの有無」「他の釣り人の釣果」を見て撤退するかどうか決めます。

気をつけて欲しいのは、ポイントによって「どの潮の動きが一番釣れるのか?」が大きく変わってくること。

一般的な釣り場では流れがあるほうが釣れますが、もともと激流のポイントではむしろ潮止まりのほうが釣れます。このあたりは情報を仕入れるしかないので、事前に情報収集してください。

 

おわりに

というわけで、以上「ライトショアジギングで釣れないときの対処法」を解説してみました!

すでに記事中でも解説しましたが、青物は釣れないからといって小手先のテクニックでどうこうできる確率は少なく、どちらかというと「そもそも釣れない日は釣れない」傾向が強いです。

ただ、実際には釣れるタイミングであっても勝手に「この日は釣れない」と人間の思い込みで決めつけてしまっている場合が多いので、少なくとも小魚が回っていて、青物の気配があればまだチャンスはあります。

事前に用意するルアーの量である程度攻め方が決まってしまうので、最低限の量は用意しつつ、タイドグラフなども見ながら粘ってみてください!

 

それでは!

ライトショアジギングの基礎・タックルの揃え方から青物を攻略する方法については下記記事をご覧ください!

ライトショアジギング入門!初心者のためのタックル・釣り方徹底解説

2017.06.10

スポンサードリンク