ライトショアジギングに最適なラインシステムとは?PE・リーダーのおすすめラインを解説!

 

ライトショアジギングにおいて、「ラインシステム」の重要性ってあまり語られませんが、ロッド・リールに続いてもちろん重要です!

なぜならラインの選び方、結束の方法で飛距離と強度に大きく差が出てしまい、貴重なブリ・サワラなど大型魚を逃しかねないから。

運の要素が強い釣りなので、唯一の魚との接点である「ライン」に気をつけることで、釣果を大幅に上げることも可能。

ここでは、1年間ライトショアジギングを続けてきて感じた「ラインシステム」の重要性とおすすめのラインについて解説していきたいと思います!

 

 

ライトショアジギングでおすすめのラインシステムとは

 

ライトショアジギングに限らず、最近のソルトゲームではもっぱら「PEライン」が使われています。

非常に強度が高く、その他のラインに比べて圧倒的に細くて飛距離が出る。しなやかでハリがない分、ロッドに馴染みやすくルアーを扱いやすい。

これほどショアジギングに向いているラインはなく、当然ながらライトショアジギングでもPEラインを使います。

 

 

使用する号数ですが、飛距離と強度の兼ね合いを取って「PE1号」がおすすめ!

強度を考えると、PE1.5号〜2号を使用される方が多いと思います。ただ、たった0.5号の差でも飛距離に大きな差が出るもので、体感では最大20m〜30mも変わってくる印象。

周囲に障害物がないエリアや、サゴシ・サワラを中心に狙う場合はPE1号でも全く問題ありません。ブリが掛かっても、時間を掛けてランディングできるのなら大丈夫。

 

一方、釣り場の周囲に沈み根やテトラがある場合は取り込みが厳しくなるので、PE1号ではかなり厳しいです。

ブリはヒラマサのように「根」に向かっていく魚ではありませんが、テトラ帯に並行に走られるだけでもラインが擦れて切れます。

障害物の有無でラインの太さを変えればOKですが、飛距離で釣果が変わる釣りなので極力「細め」を意識することをおすすめします。

 

【おすすめPEライン】

 

1年間、ライトショアジギングの釣りを支えてくれた素晴らしいライン。

比較的安価に購入できるし、万が一魚に走られてもいいように200mキャパがあって、巻糸量も十分。

根ズレ以外で高切れしたことがなく、1シーズン使い倒しても大丈夫でした。初心者には特におすすめ。

 

 

もしライトショアジギングで「ブリ」を仕留めたい場合は、ぜひ試してみたい高強度ライン。

PEラインは複数の糸が撚り集めて作られているんですが、このラインはよくある「4本撚り」の倍の「8本撚り」ラインとなっています。

複数の糸から作られているので、通常のPEラインより強度が高く根ズレにも強くなっています。

去年は80cm級のブリや90cm超のサワラに何回もぶち切られたので、このラインを使ってリベンジを果たす予定!

 

リーダーはどんな素材を使う?太さは?

 

PEラインをメインラインとする場合、根ズレを防ぐために「リーダー」を取り付ける必要があります。

ショアジギングでは釣り場や対象魚によって素材を使い分けることがありますが、ライトショアジギングではもっぱら「フロロカーボン」がおすすめ。

根ズレに強いラインで、ある程度なら障害物に擦れても耐えてくれます。

 

結束部がロッドのガイドに擦れてしまうと切れてしまうことがあるため、ナイロンラインに変えることがあるんですが、50gまでのメタルジグを扱うなら気にしなくともOK。

PEラインの太さによって強度を変えるべきですが、PE1号なら20lb、PE1.5号で根ズレが激しいエリアでは30lbを使っていました。このラインを使っても、切られるときは切られます。^^;

長さはフィールドによって変えることがありますが、基本は1ヒロ〜1.5ヒロほど。ルアーを投げる際、ギリギリ結束部をガイドに巻き込まないようにすると飛距離が伸びます。

 

ちなみにこのリーダー、底に障害物があると傷つきやすく、魚が掛かった時にそこから切れてしまうことがあります。

キャスト数回に一回はリーダーを触ってみて、傷がないかチェックすることをおすすめします!気づかないうちにザラザラになっていることも。

特に歯が鋭い魚を釣ったときは、必ずチェックすること!これだけで魚を取り込める確率がうんと上がりますよ。

 

【おすすめリーダー】

 

高品質で値段も安く、強度が高いため安心できるフロロリーダー。

去年はこのリーダーで何本も青物を釣ってきました。サワラやタチウオなど歯の鋭い魚に多少噛まれても、問題なく取り込むことができました。

トラブルや根掛かりで消耗が激しいので、釣りに行く場合は複数個用意しておくことをおすすめします。

 

PEラインとリーダーの結束方法

dsc00480

 

PEラインの先にリーダーを取り付ける場合、何らかの方法で結束しないといけません。

世の中には色々な結束方法がありますが、ライトショアジギング程度なら良く使われる「FGノット」でOK。

上手く結ぶことができれば、PEラインの70%の負荷まで耐えられるらしい。一見低く見えますが、逆にそれほどの強度を維持できるノットってなかなかないんですよ。

この結束方法、慣れないうちは時間がかかるわスッポ抜けるわで大変なんですが、下記のアイテムを使うと素早く綺麗に結ぶことができます。

 

dsc00478

 

それがこの製品!第一精工の「ノットアシスト2.0」。

これがあると、風が吹いていて結びにくい環境でも3分もあれば結束することができます!慣れないうちは30分以上掛かることがあるので、まさに神アイテムです。

ライトショアジギングには絶対欠かせないですね!結束方法が甘いとブリが掛かっても高切れしてしまう危険性があるので、用意しておくといいですよ。

 

 

▲ノットアシストの使い方は、この動画を見ればわかります!

 

PE以外でライトショアジギングってできるの?

 

「ライトショアジギングではPEラインを使うのが普通みたいだけど、他のラインではできないの?」と疑問を持つ方もおられると思います。僕も思いました。

先日、釣りにいったときに予期せぬ形で「フロロカーボン」で釣りをせざるを得なくなったんですよ。せっかくなら検証しようと思って、やってみました。

結論からいうと、飛距離が前提になる釣りなので、「無理」です!全く飛びません!

 

簡単に経緯を説明すると、せっかく青物を狙いにいったのにPEラインの残りが少なくなってたんですよ。

しかも早朝から80cm級のブリが掛かり、テトラ帯で釣りをしていたため為す術もなくぶち切られました。

ただでさえ少ないラインがさらに少なくなり、ジグをキャストしても30m地点でラインが無くなって強制着水。これでは釣りになりません。

 

こういうことにならないように、必ず事前に巻糸量をチェックしておくこと!

複数個PEラインをストックしておくことで、すぐに巻きかえることができます。

 

せっかく目の前でライズが起こっているのに、釣りにならない・・・!で方法を考えた結果、苦肉の策でリーダーとして使っていたフロロの20lbを使うことに。

強度的には全く問題ないどころか、テトラ帯に擦れても多少なら切れません。ただこの太さになると、投げるときにガイドに干渉して30mも飛ばない!

少しでも油断するとグチャグチャになるし、ラインをたるませるとアウトなのでジグをシャクることができません。

 

ラインの太さを替えれば、釣り自体は出来ると思います。フロロの12lbならまだ釣りになったかも。

ただ強度に不安が残るし、どちらにしろ50m飛ばすのが精一杯だと思います。近場に魚がいるのならともかく、大抵100mは飛ばさないと話になりません。

さすがに、技術の進歩に感謝せざるを得ませんでした。ライトショアジギングは最近のPEラインあってこその釣りです。

最近なら高強度のPEラインが2000円も出さずに買えるので、お金が無くても大丈夫。検証したい人以外はPEラインを使うようにしましょう!

 

おわりに

というわけで、以上「ライトショアジギングにおすすめのラインシステム」について解説してみました。

ロッドやリールなどと比べると軽視されがちな気がしますが、魚との唯一の接点となるので非常に重要です。自信のあるラインで釣りをすると、万が一大物が掛かっても安心してやり取りができます。

最近だと本当にラインが安くなっているので、いい製品を安価に購入することも可能です。運の要素が強い釣りだけに、できるだけ自信のある道具を揃えることが釣果への近道となりますよ!

それでは!

 

ライトショアジギングで飛距離を伸ばすためのコツ&便利グッズをまとめてみました。よければ参考にしてください!

 

初心者でも100m超!ショアジギングで飛距離を伸ばす方法とは?キャストの方法を紹介!

2016.12.02

ライトショアジギングであると便利なツール&ギア(道具)まとめ【便利グッズ】

2016.11.03
スポンサードリンク