メバリングを始めよう!初心者用のおすすめロッド・リールを紹介します!【メーカー別&1万円〜2万円】

 

いよいよメバリングのシーズンに突入しましたね!初心者から上級者まで気軽に楽しめながら非常に奥の深い釣りで、あらゆるユーザーに人気です。

メバリングを始めるにあたって、「どのロッド・リールを買えばいいのか?」「激安のタックルもあるが、本当に買っていいのか?」と悩むユーザーも多いと思います。

今回は初心者でもリーズナブルに楽しめるよう、感度・軽量性が高く、ちゃんと実釣で使える1万円〜2万円程度のメバリングロッド&リールをまとめて紹介することにしました。

ぜひ、これらのタックルを使って始めてのメバリングに挑戦してみてください。それではいってみましょー!

 

メバリングで最初に揃えるべきおすすめタックル

最初の1匹を釣るためのタックルについて紹介していきます。

「まずは気軽に始めてみる」ことが重要なので、初心者でも手が届きやすい1〜2万円程度で買えるリーズナブルなタックルを中心に紹介していきます!

 

メバリングに最適なロッドって?どれを選べばいい?

dsc00836

 

メバリングでは主に軽量ワーム(0.5g〜2g)を扱うため、非常にライトなタックルが使われます!

そもそもメバルが捕食している餌が小さいことと、魚体そのものが小さいことからライトタックルが好まれるんですね。

30cm程度の大型魚をメインに狙うなら多少タックルの工夫が必要となりますが、20cm台がメインなら極細ラインとライトタックルでOKです。

 

 

餌を捕食するときは一気に吸い込んで食べるので、高感度はそれほど必要ありません!

ただし長時間釣りを続けるために、タックル自体の軽量性を重視したほうがいいです。

さらに、それらよりも重要なのが、メバルに違和感なくルアーを吸い込んでもらうための「ティップ(竿先)」になります。

 

ソリッドモデルとチューブラモデル

dsc00846

 

メバリングを始めるにあたって、必ず直面するのが「ロッドのティップ(穂先)をソリッドにするか、チューブラにするか」という問題です。

他のサイトでも散々解説されているんですが、簡単に言うと、

 

  • 穂先が詰まっているか(ソリッド)
  • もしくは空洞になっているか(チューブラ)

 

の違いになります。竿が2種類あるわけですね。

ソリッドは竿先の素材が通常とは異なるため柔らかく、チューブラは感度が良く固めなのが一般的です。

 

dsc01212

 

なぜそれだけ竿先にこだわらなければいけないかというと、メバルは餌を吸い込んで捕食するため、竿先が硬すぎると弾かれてしまうんです。

これが、他の釣りで使う竿をメバリングに流用しにくい理由です。ルアーを工夫すればエギングロッドやバスロッドでも楽しめますが、食い込みが悪い!

なので、「これからメバリングをいっぱい楽しみたい!」「もっと数を伸ばしたい!」という人ほど専用ロッドを買ったほうがいいと思います。

 

▲ソリッドとチューブラの違いについては、こちらの動画の解説が一番分かりやすいです。

 

メバリング初心者におすすめのロッド3選!

【メバリング用ロッドに求められる性能】

  1. 食い込みが良く違和感を与えないティップ
  2. 超軽量ワームを扱っていても海中の様子が分かる高感度性能
  3. 長時間扱っても疲れない軽量性

 

 

「月下美人」のロッドは実売1万円以下で購入できるロッドなら基本性能を備えているので、「まずは気軽に初めてみたい」という人におすすめの1本です!

ただライトタックルの場合はロッドの違いで明確に差が出るため、しなやかさ・高感度を実現している「月下美人 MX」「ソアレ CI4+」だと次元の違う釣りが展開できます!

メバリングは手軽に始められる一方で、やり込むと乗り込んでしまうので最初からミドルクラスのロッドを購入しておくと楽しめますよ!

 

メバリングに最適なリールについて

dsc01095

 

次に使用するリールですが、主に超軽量ジグヘッド+ワームで表層をゆっくりタダ巻きする釣りがメインとなるため、「ゴリ感のない回転性能」が最重要となります。

回転性能と同時に、リールのギア比が低い(1回転あたりの巻取量が少ない)ほうがスローに巻いてこれます。専用リールは大抵ギア比が低めに設定されています。

他にも極細ラインを使用するので、大型魚が掛かっても均一に糸を出してくれる「ドラグ性能」も必要です!

 

dsc00902

 

竿ほどこだわる必要はないですが、ちゃんと取り組みたいなら専用リールを購入してもいいほど重要となります!

ちなみに僕は、どうしても大型メバルを釣りたいため専用リールを購入しました。(笑)

ある程度リーズナブルなリールでも、巻き心地の良さ・軽量性・ドラグ性能が全然違いましたね。

ブラックバス用のリールならともかく、シーバス・エギングで使用するリールは大型すぎて使い物にならないので、専用リールを購入されることをおすすめします。

 

【メバリング用リールに求められる性能】

  1. 超軽量ワームを扱っていても、違和感を感じない巻き心地の良さ
  2. スローリトリーブが簡単にできる低ギア比
  3. 均一にラインが出せるドラグ性能
  4. 長時間扱っても疲れない軽量性

 

 

「月下美人 MX」「ソアレBB」はともに実売1万円程度ながら、ハイエンド機種に劣らない性能を兼ね備えています!最初の1台はどちらかでOKかと。

さらにハイエンドモデルとして、実際に自分でも使用している「ソアレCI4+」は必要な性能を全て搭載しており、160gの超軽量ボディで快適に釣りが出来ます。

ダイワよりもシマノ(ソアレ)のリールが一段飛び抜けて性能が高いんですが、どちらもメバリングに必要な性能を備えているので好みで選んでOK。

 

メバリング初心者に最もおすすめのタックル

 

最後にメバリング初心者に最もおすすめしたいタックルですが、やはり一番コストパフォーマンスに優れる「シマノ ソアレBBシリーズ」で揃えるのがいいですね!

これまで様々なメバリングタックルを見て来ましたが、エントリーモデルでこれほどコスパに優れたタックルを見たことがありません。

最初の1本としては十分すぎるほどの性能ですが、2万円もあれば揃えられるのでぜひ購入してみてください。よほどこだわらない限り、この組み合わせで十分です。

 

 

スポンサードリンク