初心者から中級者まで!メバリング用ロッドの選び方とおすすめ製品

 

いよいよメバリングのシーズンに突入しました!シーズンオフでも釣れるメバルは、あらゆる釣り人に人気の魚種です。

初心者にとっては、最初に「どのロッドを選べばいいのか?」と迷います。特にメバルはロッドで大きく釣果が左右される魚なので、じっくりと比較しながら選んだほうがよいです。

今回は初心者から中級者まで楽しめるよう、「メバリングロッドの選び方とおすすめロッド」について解説していきます!

 

メバリングに最適なロッドは?

dsc00836

 

メバリングでは主に軽量のジグヘッド+ワームを扱うため、他の釣りに比べて非常にライトなタックルが使われます。

20cm以下の小型を狙うことが多いので、それに合わせて繊細なものが多いです。具体的には、6ft〜7ftで0.5g〜5g程度のルアーを扱えるロッドが大半。

メバリングロッドは他の釣り竿に比べてどこが違うのか?最大の特徴は「メバルに違和感を与えずに食わせるティップ」となります!

 

 

メバルは餌を捕食するとき、一気に吸い込みます。このときに違和感があると弾いてしまい、針に掛かりません。

一方ただ柔らかいだけではダメで、軽量ルアーを遠投できる反発性・海中でワームの泳いでいる位置と層を把握できる高感度も同時に実現しなければいけないんですよ。

高級ロッドは、この本来なら相反する性能を限界まで実現したロッドです!竿によって特徴は違うものの、実際に使い比べるとビックリするほど違うことがわかります。

 

メバルは初心者でも簡単に釣れるが、竿の性能で大きく釣果が変わってくる釣りです。初心者のうちは1万円程度のロッドで構いませんが、きっとさらに良いロッドが欲しくなるでしょう。(笑)

ロッドを選ぶにあたっていくつか検討すべき事項があるんですが、簡単にまとめると以下の通り。順番に解説していきます!

 

【メバリングロッドの選ぶときに検討すべきこと】

  1. ソリッドティップorチューブラティップの選択
  2. ロッドの長さの選択
  3. 軽量性・感度が十分かどうか

 

30cm近い「尺メバル」を狙う釣りもありますが、小型メバルとは全く違う釣り方・タックルを必要とするので、ここでは解説していません。

 

ソリッドモデルとチューブラモデル

 

メバリングロッドを買うにあたって、最初に直面するのがロッドのティップ(穂先)をソリッドにするか、チューブラにするかという選択です。

簡単に説明すると、「穂先部分が詰まっているか(ソリッド)、もしくは中空になっているか(チューブラ)」の違い。これだけで竿の性能が大きく変わってきます。

ソリッドは竿先の素材が通常とは異なるため柔らかく、チューブラは感度が良く固めなのが一般的です。

 

本来、通常の釣り竿は穂先部分が中空(チューブラ)になっているんですが、ソリッドモデルは竿に別素材を継ぎ足した特殊なもの、と考えてもらえればわかりやすいはず。

 

dsc01212

 

なぜそれだけ竿先にこだわらなければいけないかというと、前述のとおりメバルは餌を吸い込んで捕食するため、竿先が硬すぎると弾かれてしまうから。

これが、他の釣りで使う竿をメバリングに流用しにくい理由なんです。ルアーを工夫すればエギングロッドやバスロッドでも楽しめますが、食い込みが悪くて掛からない!

初めてロッドを購入する人は、まず「ソリッドモデル」のロッドを買ってみて良さを体感してみるとよいでしょう。

 

【ソリッドティップのメリット】

  • 穂先が柔らかく、非常に食い込みがよい
  • こちらからフッキングせずとも勝手に針がかりする
  • 魚に違和感を与えずルアーを咥えさせられる

 

【チューブラティップのメリット】

  • 穂先が固いため、感度が非常によい
  • 渋いアタリも(技術があれば)積極的に掛けていける
  • あらゆる用途の釣りに使える
  • 反発性が強いので極軽量のジグヘッドもよく飛ぶ

 

▲ソリッドとチューブラの違いについては、こちらの動画の解説が一番分かりやすい。

 

ロッドの長さの選び方

メバリングロッドの基本となる長さは「7ft」です。メートルに換算すると2.1mですね。

この長さが一番取り回しやすいです。感度もよく、軽量で足場の高い堤防でも扱いやすい。これ以上長くなると重いし感度が悪くなる。逆に短いと、足場の高い場所で扱いづらくなります。

ただしこれも自分の用途によって使いわけると、色々な状況に対応できるようになります!

 

長さ用途内容
6ft(1.8m)極軽量ジグヘッドロッドが短いメリットは感度・軽量性・取り回しの良さだが、メバリングではそれほど必要ないため6ftのロッドは少ない。アジングと併用するなど特別な理由がなければ、あえて選択する必要はないかと。
7ft(2.1m)軽量ジグヘッド、その他リグ全般メバリングロッドで最も汎用的な長さ。あらゆるリグに対応し、取り回しも特に問題ない。初心者は7ftを中心にして買い揃えるとどんな状況にも対応できるようになる。
8ft(2.4m)重量級ジグヘッド、フロートリグ、スプリットショット重量級のリグや、仕掛け自体が長く遠投が必要なフロートリグ等を使用する場合に好んで使われる。竿自体も固いため、堤防で小型メバルを狙う釣りには向かない。むしろ尺メバルを釣る際に積極的に使われる。初心者には必要ないが、1本あると釣りの幅が大きく広がる。

 

軽量性・感度が十分かどうか

dsc00846

 

メバリングロッドは使うルアーが軽量な分、繊細なため重量も軽いことが多いです。ティップ(穂先)もそうですが、初心者向けと上級者向けで大きく性能が変わってくるのがここ。

気軽に釣りをできるのが特徴なので、腕に負担が少ないほうが長時間釣りを続けられるし、快適です。

下手に安物の竿を買うと必要以上に重かったり、感度が十分でなかったりします。リールとの相性もありますが、コストパフォーマンスのよいモデルを選べば大丈夫。

 

ハイエンドモデルとなると、ロッド一本で自重60g台ということも珍しくありません。(初心者用は80g〜100g)

カーボン比率が高く、超軽量・高感度を実現する専用ガイド(AGS等)が装備されているため、20m先の1g以下のジグヘッドの位置・層・潮の動きが手に取るようにわかります。

本当の意味でメバリングを楽しみたいのであれば、海中のルアーの動きを把握できる高級ロッドを購入すべきだと思います。ただ釣りに絶対に必要な性能ではないので、もはや好みですね。^^;

 

メバリング用のおすすめロッド

入門に最適!リーズナブルなロッド

 

1万円以下で購入できる、初心者におすすめのロッドはこんな感じ!いずれも食い込みのよい「ソリッドティップ」を採用しています。

ファーストキャスト」「ルアーマチックは初心者には定番のロッドで、実売価格5千円程度で購入できます。とりあえず釣りをしてみたいならこれでいいかな。

メバリングXのロッドはこのなかでも特にコストパフォーマンスがよく、最初の1本として利用する人も多いロッド。入門ならこの竿で!

 

【入門用の安いロッドってどうなの?】

この価格帯のメバリングロッドは感度・重量ともに微妙で竿がダレることも多いですが、決して釣りにならないわけではありません。

むしろ入門用としてなら申し分ない性能のロッドも多い(月下美人など)ので、予算が少ない人はこのクラスから入ってみるといいですよ!

特に感度が不満に思うシーンがたくさん出てくるんですが、最初は1g以下のジグヘッドを使うこと自体慣れていない人が多いと思うので、買い替えは一通り釣りに慣れてから検討するのでいいかと。

 

中級者におすすめ!性能の高いロッド

 

3万円以下の中級者向けメバリングロッドはこちら!さらに高い竿もありますが、実釣性能はこのクラスで十分。

 

月下美人MXは初心者でも手が出しやすいロッドで、中級者向けとしてはコストパフォーマンスが最強。唯一、重量がちと重いのが難点。

Soare Ci4+は自身も使用しているロッド。ブランクスには「スパイラルX+ハイパワーX」という強靭な素材が採用されていて、大型の魚が掛かっても上手くいなすことができます。

ブルーカレントはベテランも多く使用する超人気ロッドで、専用ロッドではないので食い込みは期待できませんが、「63g」という超軽量を実現。汎用性が高くどんな釣りにも使えます!

 

メバリング初心者に最もおすすめのロッドは?

 

最後にメバリング初心者に最もおすすめしたいロッドですが、もし2万円程度の予算が出せるのであれば、コストパフォーマンスに優れた「月下美人MX」で揃えるといいでしょう。

「メガトップ」という、食い込み性能と高感度を同時に実現する特殊な穂先を採用しているので、実釣で困ることは全くないです。

唯一、同クラスの竿と比べて重め(80g)なんですが、よほど軽量性を実現する人でない限り問題とはなりませんね。

 

デザインも他の竿と一線を画しているので、最初の入門用として予算が出せるのであれば、これ以上ない竿です。

ぜひ、このロッドを使って快適な釣りを楽しんでみてください。ではでは!

 

 

【メバリングリールの選び方はこちらから!】

初心者におすすめのメバリング用リールは?必要な条件と選び方を徹底解説

2017.03.01
スポンサードリンク