メバリングにおすすめのラインは?フロロ・ナイロン・PE徹底比較!

 

メバリングをするにあたって、魚のアタリを伝え取り込めるか否かを決める「ライン」の選択は非常に重要です。

釣り用ラインには「ナイロン・フロロ・エステル・PE」の4種類あるわけですが、メバリングをする際に自分の用途に合わせて素材・メーカーを選ぶことができます。

釣り方やポイントの特徴によって使い分けると釣りの幅を広げることができ、釣果をアップさせることも可能!

今回は、メバリングをするにあたっておすすめのラインを徹底比較してみたいと思います。

 

 

メバリングに必要なラインの特徴って?

 

まずメバリングに必要となるラインの特徴ですが、そもそも1g以下のジグヘッドを使用するためライトラインを選ぶ必要があります。

ポイントによりますが、なんにせよ軽量ジグヘッドがメインになるわけです。飛距離と強度を両立する必要があるわけですね。

メバリング用ラインに求めたい性能は以下のとおり。

 

  • ラインの操作性
  • 比重・浮力
  • 感度
  • 強度

 

一つずつ解説していきます。

 

ラインの操作性

 

特に初心者ほど、「ラインの操作性」が良いかどうかで釣りの快適性が大きく変わってきます!

というのも、前述したとおりメバリングでは細糸を使うことになるため、トラブルが起きやすいラインだと釣りにならないんですよ。

それぞれ特徴ごとに使いやすい場面が変わってくるんですが、トラブルレスという点でいうと「ナイロンライン」に軍配が上がります。

 

比重・浮力

 

次に考えたいのが、ラインの「比重・浮力」

それぞれ素材ごとに大きく比重が異なるんですが、PE>ナイロン>フロロという順番で比重が重くなっていきます。

メバリングの場合、表層に浮いている魚が多いため、特に浅い釣り場で竿を出すときは比重が軽いほうがいいと言われています。

 

ただ一概には言えず、例えば僕が普段釣りをしているポイントではボトム周辺で釣れることが多いため、比重の重いフロロラインを使用しています。

逆に遠浅エリアで「フロートリグ」などを使って浅場を中心に狙う場合、強度が非常に強く浮力の高い「PEライン」がメインで使われます。

ポイントによる・・・と言ったら元も子もありませんが、素材によって比重・浮力が違うという点さえ覚えてもらえれば。

 

感度

釣り糸なので、当然「感度」も重要になります。

特に初心者のうちは、軽量ジグヘッドを使っても何をやっているかわからないことが多いため、潮の流れ・底の状態・アタリを掴める感度があると上達が早くなりますよ!

ただしメバリングに限っては、アタリを逃してもしっかりとルアーを食い込んでくれるため二の次でも構いません。

一方、普段釣りをしているエリアではボトム周辺でメバルが釣れる・・・と言いましたが、ワームがボトムに付いたことを確認できないと根掛かりしてしまうので、感度も重要となります。

 

強度

dsc00849

 

こちらも釣り糸には必須の「強度」。本来なら強度を重視すると、ラインを太くする必要があるため遠投できなくなります。

小型のメバルを狙うなら、あまり考えなくてもOK。しかるべき太さのラインを使っていれば、まず切れることはないです。

ただし本格的に大型メバルを釣りたい場合は、強度と細さという本来相反した性能を備えた「PEライン」が必要不可欠となります。

 

ライン素材別の特徴とおすすめ点について

次に、ラインの素材別に特徴とおすすめする点について解説していきます!

「どれか一つがいい!」ということはなくて、使い分けることであらゆる状況に対応できるようになります。

今のところ、全てを兼ね備えた最強のラインは存在しません^^;

 

釣り用ラインの一種である「エステルライン」については、メバリングに向いてないため解説を省いています。

 

ナイロンライン

  • 操作性:★★★★★
  • 比重:★★☆☆☆
  • 感度:★☆☆☆☆
  • 強度:★★☆☆☆
  • 価格:★★★★★

 

釣り用ラインの中では最も一般的な素材で、あらゆる釣りに使われています。

価格が非常に安く、なおかつ操作しやすいという点で最も初心者に向いているラインと言えます!

一方でラインの伸び率が高く、感度は非常に悪いです。軽量ジグヘッドを使っていると、まともにアタリが取れません。

 

浮力が高いので、メバルが表層にいるときは釣りやすいと思います。

実際、自分も初めてメバリングに挑戦するときはナイロンラインを使ってました。感度は悪いものの、トラブルレスで非常に扱いやすかったです。

まず慣れるまではナイロンラインでチャレンジしてみて、不満を感じれば必要な性能を備えた素材に乗り換えるのが一番いいと思いますよ!

 

【おすすめライン】

 

初めてメバリングをした時に使っていたライン。

ダイワの有名ブランド、「月下美人」のラインなので性能的には満足できるレベルで、お値段もそこそこ安い。

ナイロンラインの場合、下手に安いものを使うとブチブチ切れるのでこのぐらいのグレードの製品がおすすめ。

 

フロロカーボン

  • 操作性:★★☆☆☆
  • 比重:★★★★★
  • 感度:★★★☆☆
  • 強度:★★★★☆
  • 価格:★★★★☆

 

比重が重く、根ズレに対する強度が非常に高い「フロロカーボン」。

感度や価格もそこそこで、メバルが底付近にいる場合は非常に釣りやすくお気に入りの素材です。普段はフロロを使っています。

唯一で最大の欠点は、ラインが固いため何も考えずに巻き取っていると突然ドバっとラインが出て絡まる「バックラッシュ」が起きること。

 

要するに、必要な性能は十分備えているのに操作性が極端に悪いライン、という感じですね!

慣れれば問題ありませんが、最初にいきなり使うと戸惑うと思います。入門用にはおすすめしません。

何回か使うと、その性能に満足します!またメーカーによって扱いやすさに雲泥の差があるため、慎重に選ぶことをおすすめします。

 

【おすすめライン】

 

これまで何種類もフロロカーボンを使ってみましたが、たまたま釣具屋で見かけたこのラインが一番のお気に入りになっています!

フロロの強度・感度・比重を維持しつつ、適度にしなやかなのでライントラブルが非常に少なくなりました。

多少値段が張りますが、劣化の速度も遅いので通常のフロロより+2・3回多く使えます。今のところ、このライン以上の製品に出会ったことがありません。

初心者でも、R18なら問題なく使えるでしょう。ネーミングがちょっとアレだけど・・・(笑)

 

PEライン

  • 操作性:★★☆☆☆
  • 比重:★☆☆☆☆
  • 感度:★★★★★
  • 強度:★★★★★
  • 価格:★☆☆☆☆

 

他のラインと比べると、根本的に素材や製造方法が異なる「PEライン」。

ラインの強度に対して糸がめちゃめちゃ細く、強度と細さという本来相反する性能を兼ね備えた夢のようなライン。

「では、このラインを選んでおけばいいのか?」というとそうではなく、フロロと同様に操作性が悪いのが特徴。

 

他のラインなら多少ハリがあるんですが、PEラインはミシン糸のような素材のため、全くハリがありません。

従って適度な負荷をかけながら巻かないと「バックラッシュ」が起きやすく、ガイドに絡まる、糸がゴワゴワに絡まる、というトラブルが続出します。

特に細いPEラインは扱いが難しいですが、性能は非常に高いため上級者に持たせると「鬼に金棒」となります。

 

ちなみに、細いPEラインは製造が難しく、価格も跳ね上がります。150mで5000円以上、という製品も存在します。(笑)

 

【おすすめライン】

 

PEラインの選択は非常に難しいですが、最初に使うならこのラインがおすすめ。

150mで3000円以下とPEにしては安く、他のラインより長く使えるのでこちらのほうが結果的に安上がりとなります。

性能も申し分なく、もしナイロン・フロロを一通り使って「PEを試してみたい!」となったら、まずこの製品から入ってみるといいでしょう。

 

結局、メバリングではどのラインを使えばいいの?

 

メバリングに向いているラインを3種類紹介してきましたが、「結局、どの素材を使えばいいのさ?」と聞かれそうです。

個人的には、まず入門用に選ぶなら「ナイロンライン」を、次に感度・強度・比重などに不満が出てくれば「フロロカーボン」をおすすめしますね!

PEラインについては特殊な釣り方をしない限りは必要ないので、最初は考えなくてもOK。

 

また同じ素材でもメーカーや製品によって大きく特徴が異なるため、慎重に選んだほうがいいですよ。

例えば、同じフロロカーボン・PEラインでもナイロンラインに近い操作性を実現したものもあるので、気になれば色々と試してみるといいでしょう。

それでも操作性はナイロンに劣るので、やはり入門用に購入するならナイロンライン一択かな。

 

おわりに

というわけで、以上「メバリングにおすすめのライン」をいくつか紹介してみました。

ロッドやリール同様、ライン選択は正解がないので、色々と試してみて納得できるラインを見つけることが重要になります。

不満なものばかり使っていても、ある日しっくり来るラインを見つけたときは快感ですよ!「やっとこのラインに出会えた!」と嬉しくなります。

ぜひ、自分にマッチしたラインを見つけてみてください。

 

それでは!

スポンサードリンク