初心者におすすめのメバリング用リールは?必要な条件と選び方を徹底解説

 

メバリングは非常に繊細な釣り。ロッドと同様にリールにも一定の性能が求められます。

ライトゲーム特有の大きさ・番手の選び方、ギア比の選び方、あとは自分のフィールドや使用状況に合わせた選び方・・・色々と基準があるものの、初心者にはわかりづらい!

そこで、今回は「メバリング用リールに必要な条件と選び方、初心者におすすめのリール」について解説していきます!ぜひ最初の購入の参考にしていただけると嬉しいです!

 

メバリングに最適なリールの選び方

dsc01095

 

1g程度の小型ジグヘッドを海中で操るには、かなり極細のラインが必要となります。

となると、当然リールも小型になるし、細いラインを使うということは大型の魚が掛かっても切られないよう、高性能なドラグが求められます。

今までシーバスやエギングをメインに楽しんできた人がメバリング用リールを手にすると、思わず「小さっ!」と呟いてしまうほど。(笑)慣れないうちはかなり小さく感じると思います。

 

メバリングは基本的にゆっくりハンドルを巻いて誘う「タダ巻き」がメインとなるため、ハンドルの巻き心地で釣りの快適度が大きく変わってくるんですよね。

釣果を伸ばすためには、30m先の海中にある超軽量ジグヘッドの動きを手に取るように把握し、潮の流れの方向・強さ・流れの切れ目などあらゆる変化を感じながら「どこに魚がいるか?」を見つける必要があります。

こうなると、リーリング時に下手なガタツキがあっては絶対にわからないため、ハンドルをゆっくり回し続けても違和感のないリールが求められます。

 

いや、別にここまでしなくとも魚そのものは釣れるんですよ。(笑)

ただ!メバリングの本当の楽しさを知るためには、海中の様子を頭のなかで想像できるぐらい、リールから莫大な情報を得る必要があるんです。

もちろんロッド・ラインにも求められることですが、リールがおろそかになってもダメなんです。

 

 

この釣りの真の面白さは、常に動きのある海中でわずかな変化を感じながら、極軽量ジグヘッドの動きを操って魚を釣るところにあると思っています。

シーバス・青物・エギングでは絶対にわからない世界なので、この面白さをより多くの人に知ってほしいです。だからこそ、予算のある範囲でいいリールを買ったほうがいいと思っています。

最近では、技術の進歩で1万円台のリールでも十分釣りを楽しめるようになってきたので、最初はそれらの入門用リールから入ってみるのもいいでしょう。

 

【メバリングリールを選ぶときに検討すべきこと】

  1. 大きさ・番手の選択
  2. ギア比・巻取り長の選び方
  3. ドラグ性能について

 

ここでは、25cm以下の中・小型メバルをターゲットに解説しています。

30cm超の尺メバルとなるとタックル構成が根本から変わってくるので、ここでは扱っていません!

 

大きさ・番手の選び方

 

小型リールがメインとなるメバリングでは、シマノ・ダイワともに2000番程度の番手を使うのが基本

使用するラインはナイロン・フロロカーボンなら3lb以下、PEなら0.2〜0.4号を使用するので、このラインが100m以上巻ければ問題ありません。

1000番台のリールでもいいんですが、2000番台のリールを購入しておくと、汎用性もあってパワーも増すのでおすすめ。スプールの浅いC2000番タイプを選べば糸巻き量もピッタリ合うでしょう。

 

リールの大きさに関しては、重量・パワー・糸巻き量との兼ね合いですね!製品によっては1000番台でも問題ないモデルもあるし、糸巻き量が少なすぎてNGなものも。

いずれも、カタログスペックを比較しながら選べばOK。個人的なおすすめは2000番台ですね。

 

ギア比・巻取り長の選び方

dsc00902

 

メバリングで最大限気をつけるべきは、この「ギア比」の選び方です。比率が高いほど、ハンドル一回転辺りの巻糸量が多くなります。

アクションがただ巻き前提の釣りで、なおかつ夜間はあまり激しい動きについてこれないので、「デットスローリトリーブ」が求められます。

最近では、より早く糸を巻けてルアーを回収できる「ハイギアモデル」が流行っているんですが、ことメバリングにおいてはローギアのほうが懸命です。

 

しかーし!ギア比というのは低ければ低いほど巻取りが遅い・・・というわけではなく、リールの大きさでも変わってきます。

例えば1000番と2000番のリールだと、前者のほうがスプールの経が小さいため、同じギア比でも一回転あたりの巻糸量が少なくなります。

「じゃあ、どんな基準で選べばいいのさ!?」と思うでしょうが、見るべきはカタログの「一回転あたり巻糸量」です。これで、そのリールの巻く早さがわかります。

 

選ぶ基準は釣り方もよっても変わってくるんですが、自分の場合は一回転あたり巻糸量を見ながら「60cmぐらい」を購入の目安にしています。

状況によって、かなりゆっくリ巻きたいこともあります。1回転で60cmだと、6秒間に1回リールを巻くと1秒間に10cm動かすイメージで引いてこれます。

ハイギアでも同じ動きを実現できないことはないんですが、手がつりそうになります。(笑)必ずしも厳密になる必要はありませんが、巻糸量を把握しておくと海中でのイメージが湧きやすいです。

 

ドラグ性能について

超極細ラインを扱う釣りなので、他の釣り以上に「ドラグ性能」を気にしておく必要があります。

メバリングをしていても平気でシーバス・クロダイやエイまでヒットすることもあって、スムーズにラインが出てくれないと100%取り込めないので、ギア比と同じぐらい重要だと思ってもらえれば。

こればっかりは金がものを言う世界なので、出来るだけいいリールを購入してください・・・!というしかありません。

 

しかし、最近では2万円以下のリールでも、魚の引きによって自動的にラインの出をコントロールする「リッジサポートドラグ(シマノ社)」「ATD(ダイワ社)」を搭載したリールが増えています。

コストパフォーマンスのいいリールを購入すれば、よほど精密なやり取りを求められない限りは対応できるようになっているので、安心して購入していただいて大丈夫ですよ。

以上の選び方を踏まえて、初心者から中級者までおすすめできるコストパフォーマンスのよいリールを順番に紹介していきます!

 

メバリング初心者におすすめのリール

 

1万円台orそれ以下で購入できる、メバリング入門におすすめのリールを集めてみました!

 

レブロス」「ナスキーは実売1万円以下で購入できるリールで、正直リーリングは重くて微妙ですが、とりあえずメバリングを始めてみるなら問題ないでしょう。

ソアレBBは1万円台で購入できるリールとしては最高の性能を備えています!軽量素材採用で自重180gを実現。メバリング専用リールで、入門には最高。

いずれもドラグ性能にはやや不満を覚えますが、やや太めのラインを使って不意の大物に備えておけばOK。少し前なら、1万円台でこの性能はあり得なかったんですけどね・・・。

技術の進歩は本当にすごい。

 

中級者におすすめのハイスペックリール

 

続いて、中級者でも納得の性能を誇るハイコストパフォーマンスリールの紹介です!

 

月下美人MXはダイワのメバリング専用リールで、1万5千円程度で購入できます。性能はSoare BBに劣りますが、ロッドの性能が非常に高いのでセット購入がおすすめ。

ソアレ CI4+はBBの上位互換で、軽量素材採用で自重160gと超軽量。リジッドサポートドラグ採用で糸の出もスムーズ、自身も使ってますがデザイン以外全く不満がありません。実売2万円ちょい。

ヴァンキッシュは実売5万円する高級リールですが、自重155gと同サイズでは最も軽量なリールとなっており、根本的に作りが違うので巻き心地はこちらのほうが上。

 

単純な性能だけを考えるなら、「ソアレ CI4+」で十分です。ただ、一度ヴァンキッシュの自重・巻き心地を体験するとなかなか戻りづらいものがあります。(笑)

 

結論:メバリング初心者におすすめのリールは?

 

ここまで数種類のメバリング用リールを紹介してきましたが、「結局、どのリールがおすすめやねん!」と激おこな人もいるかもしれません。

結論からいうと、最初の一台としては圧倒的に「ソアレ BB」がおすすめ!1万円台とは思えない性能で、こだわらないならもはやスペックアップも必要ないかなといった感じです。

もし予算が許せば、2万円台の「ソアレCI4+」が素晴らしいので使ってほしいんですが、気軽に変える値段ではありませんからね。

 

まず最初は「ソアレBB」から入ってみて、徐々にステップアップしていくコースが一番いいですね。

ちなみにメバリングロッドで最もおすすめなのは「ダイワ 月下美人MX」なので、同じメーカーでセットで揃えるつもりならそちらの購入も検討するといいですよ。

ではでは!

 

 

【メバリングロッドの選び方はこちらから!】

初心者から中級者まで!メバリング用ロッドの選び方とおすすめ製品

2016.09.26
スポンサードリンク