初心者でも100m超!ショアジギングで飛距離を伸ばす方法とは?キャストの方法を紹介!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-02-8-26-38

 

ショアジギングで釣果を伸ばしたい場合、出来るだけジグの飛距離を稼いで少しでも青物と遭遇しやすくすることが大事です!

タックルセッティングが適切な場合はなんとなく投げても50m程度は飛びますが、100m先でナブラが発生!という場合にとどかないことも・・・。

今回は、ショアジギングで少しでも飛距離を伸ばすためコツと「ペンデュラムキャスト」について解説していきたいと思います!

 

 

飛距離が出ないと青物が釣れにくい理由

dsc00978

 

冒頭で紹介したとおり、青物の釣果を伸ばすためには「ジグの飛距離」が必要不可欠です。

なぜか?それは青物は回遊性の魚で、どれだけポイントを絞っても陸からでは回遊しているルートが完全には把握できないからです。

イワシを追い詰めるために堤防沿いを回遊しているかもしれないし、沖合のベイトを追って200m先を泳いでいるかもしれない。

 

船のジギングがなぜ優れているかというと、「確実に魚の居場所まで釣れていってくれるから」です。これはまぁ、わかりますよね。

あえて陸から青物を狙おうと思うと、少しでもジグと青物の遭遇率を上げるために「飛距離」が絶対必要になります。

普通にキャストしても絶対届かないはるか沖合でナブラが始まったけど、指を咥えて待つしかない・・・という状況に何回も遭遇しています。

なので、出来るだけ飛距離を伸ばす努力をしておいたほうが釣果を伸ばせますよ!次は飛距離を出す方法を紹介していきます。

 

ショアジギングで飛距離を伸ばすには?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-02-8-26-38

実際にキャストしてみると、100m以上の飛距離がでた

 

ショアジギングで青物の釣果を上げるためには、飛距離を伸ばすことが重要だと述べました。

では、実際にどうやって伸ばすか?

僕は飛距離を少しでも伸ばすため、下記の4つの方法を試して安定して100m〜110m超を出せるようになりました。

 

  • タックルセッティングを適切にする
  • 可能な限りラインを細くしてみる
  • 「ペンデュラムキャスト」を覚える

 

1つずつ、具体的に解説していきます。

 

タックルセッティングを適切にする

dsc00419

 

ルアーの飛距離を出すために、まず真っ先に取り組まなければいけないのは「タックルセッティングを適切にすること」です。

100gのジグを使わないと底が取れないエリアで、60gまで対応のロッドを使っても攻略できません。飛距離も出ないし、折れる危険性さえあります。

30gのジグを投げるのにPE2〜3号など太いラインを使うと飛びづらくなるし、逆に100g超のジグを投げるなら必要不可欠です。

 

このように、狙いたいポイント・魚種と投げたいジグの重さに合わせてタックルを適切に選ぶ必要があります。

ロッド・リールの性能はあくまで適切なバランスで使用されたときに発揮されるのであって、初めからズレていれば100%性能を引き出すことが出来ません。

せっかく高級タックルを購入したのに、バランスが崩れていれば元も子もない・・・飛距離が出ないという方は、タックルセッティングから見直してみましょう。

 

可能な限りラインを細くしてみる

dsc00518

 

重いジグを使っても、タックルバランスが適切でなければ飛距離が稼げません。

一方で、タックルのある部分を変えるだけで確実に飛距離を伸ばすことが出来ます。それが「ライン」です。

ジグをキャストしたとき、ラインはスプールから出て各ガイドを通り放出されます。太いラインだと各箇所で負荷が掛かって飛距離が落ちてしまいます。

 

スピニングリールの場合、構造上ラインが放出されればされるほどスプールエッジへの角度が大きくなってしまい、飛距離が落ちやすいんですよね。

太いラインだと特に影響を受けてしまうんですが、これが細いラインだと全体の負荷を減らすことが出来るし、スプールエッジへの負担も少なく飛距離を稼ぐことができます。

以前はPE1.5号を使っていてなかなか100mを越えなかったんですが、PE1号に変えてからすぐに100m超まで投げられるようになりました。

PE1号でも6kgも耐久性があるので、よほど変なやり取りをしない限り切られることはないです。

 

「ペンデュラムキャスト」を覚える

ここまではタックルセッティングを整えることによって飛距離を稼ぐ方法を紹介してきましたが、途中で限界が来てしまいますよね。

飛距離を少しでも引き出すには、そもそもキャスト方法を変えればいいんだ!ということで、初心者でも簡単に100m超の飛距離を出せる「ペンデュラムキャスト」を紹介します。

重めのルアーを投げるショアジギングやサーフのヒラメ釣り、また長距離まで投げる必要のある投げ釣りで良く使われている投げ方です。

 

 

ペンデュラムキャストの方法は、こちらの動画一番分かりやすくていいですよ。

 

方法としては、

  1. ルアーまでの垂らしを竿1本程度と眺めに取る
  2. 振り子の要領でルアーを縦に揺らす
  3. 最も負荷のかかる後方側に来たとき、竿に重みを乗せながら投げる

 

最初は慣れが必要ですが、何回かやれば初心者でも簡単に飛距離を稼ぐことが出来ます。

ペンデュラムキャストをしても飛距離が出ない場合、だいたいが「あんまりロッドに重みが乗ってない状態で、素早く振り抜いてしまう」ことが原因です。

上手く投げられない場合は、ロッドに負荷をかけることをイメージして、一番テンションが掛かった位置でゆっくり投げると良いですよ。

 

ちなみに、試しにこの方法で投げて飛距離を計算してみたところ、120m程度飛ばす事ができました!

風速と風向きは、集中すれば肌で感じられる程度のやや追い風下の環境。

少しでも向かい風だと一気に飛距離が落ちるので、風の方向を考えて釣り場選びをすることも重要です。

タックルセッティングは以下の通り。

 

 

ジグは出来るだけ飛距離が出るよう細身のタイプを使っていますが、あくまでライトショアジギング用のタックルセッティングでこの飛距離です。

ショアジギング用のタックルなら、バランスが適切であればもっと飛距離が出せるのではないでしょうか?

ただ、実はこの飛距離には秘密があります。飛距離を伸ばすために、様々な便利グッズを使って工夫した結果、安定して100m以上飛ばせるようになったんですよね。

 

飛距離を伸ばすために、便利なグッズを紹介!

普通に投げてもそれなりの飛距離を稼ぐことが出来ますが、あと「20m伸ばしたい!フルキャストしても高切れしないようにしたい!」という場合に便利グッズが役立ちます。

少しでも青物が釣れる確率を上げたかったので、飛距離を出すための便利グッズをいくつか買ってみたところ、確実に100m超投げられるようになりました!

実際に使ってみて、非常に便利だったグッズを紹介していきます。

 

PEラインコーティング剤

dsc00425

 

ソルトルアーをしているなら、知っている人も多いかな?

超有名なPE用のラインコーティング剤で、どうしても抵抗が大きくなりがちなPEラインにフッ素コーティングをすることで抵抗を軽減し、飛距離を飛躍的に伸ばすことが出来ます!

抵抗が少なくなるということは、煩わしい糸絡みも減るということ。時合中のライントラブルは絶望的なので、1本持っておいて損はないです!

あと10m、20m飛距離を伸ばしたいときに使うと抜群の効果を発揮してくれます。僕は釣りをする直前に必ず吹き付けるようにしています。

 

 

ノットアシスト

dsc00478

 

PEラインとリーダーを結束する「ノットアシスト」で、こちらもソルトルアーマンにはかなり人気の製品です。

ショアジギングをする場合、少しでも飛距離を稼ぎつつ耐久性を保つためにPEラインとリーダーというセッティングをすると思います。

結束には、なるべく結束力の強い「FGノット」を使用している人が大半だと思いますが、一度やってみるとわかるように凄く手間がかかるし、大変です。

 

このノットアシストはFGノットを簡単に、かつほぼ確実に結束することができ、結び目が小さくなってガイドへの抵抗が減り飛距離が伸びます。

最初はどうしても結束に慣れず、キャストした瞬間に切れた!という経験のある人も多いと思いますが、この製品を使うとその心配もほぼ無くなります。

万が一現場でリーダーが切れた場合でも素早く結束することができ、時合を逃す前に釣りを再開できます!

飛距離を伸ばす効果もありますが、何より完璧に・かつ素早くノットを結束出来る点も魅力的なので、1つ持っておいても全く損はない製品です。

 

 

おわりに

というわけで、以上「ショアジギングで飛距離を稼ぐ方法」を紹介してきました。

少しでも青物の釣果を上げるためには、できるだけ飛距離を伸ばすことが必要不可欠です。運の要素が強い釣りだからこそ、少しでも運を引き上げるための努力が必要となります。

安定して100m超の飛距離を出せるようになると、気持ちいいですよ!ぜひ工夫をしてみてください。

 

それでは!

 

ライトショアジギング初心者が青物を釣るまでのコツとおすすめタックルについてまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください!

ライトショアジギングを始めよう!青物を釣るコツとおすすめタックルを徹底解説!

2016.11.10
スポンサードリンク