根から巨大魚を引きずり出せ!ロックフィッシュゲームの攻略法・魚種・ポイントを徹底解説

 

根の特定スポットにワームを落とし、掛かった巨大魚を引きずり出す!

寒い地方を中心に人気のロックフィッシュゲームですが、非常にゲーム性が高く”男気溢れる釣り”のため、一度挑戦するとやめられなく釣り人が跡を絶ちません。

最近は特に人気の釣りになっており、専用タックルが数多く販売されるほど。

今回は、「ロックフィッシュゲームの攻略法・ポイント・魚種・釣るためのコツ」を全てまとめて解説したいと思います。これから始める初心者も、上達したい中級者も必見です!

 

ロックフィッシュゲームとは?

 

ロックフィッシュとは、アブラコやソイなどの根魚と呼ばれる魚をワームで狙うルアーフィッシングの一つ。

根魚は昆布や海藻などの海底の根やテトラポットなどの障害物に潜んでいることが多く、アブラコ、ソイ、カサゴ、ハタなど地域によってその魚種は多岐に渡ります。

主に北海道や東北を中心に人気の釣りですが、サイズや魚種を選ばなければ全国各地の海で狙え、ポイントも比較的手軽な漁港などが多いことから近年人気が高まっている釣り方です。

 

根魚はサイズに関わらず非常に引きが強く、20センチ程度の魚でもライトタックルであれば豪快な引きを楽しめます。

一部地域で釣れる50センチを超える個体は、漁港からルアーで狙える魚種の中でもトップクラスのファイトを楽しめます。ルアーフィッシングをはじめたいと考える初心者の方から、様々なルアーフィッシングに挑戦してきた上級者まで楽しめる釣りなのです。

現在はロックフィッシュ人気もあいまって、各メーカーからは専用のタックルやルアーなども多数販売されており、以前に比べると道具の選択肢も増えつつあります。

北海道や東北ではロックフィッシュ専用のトーナメントなども開催されており、バスフィッシングに次ぐゲーム性の高い釣りとしての地位を高めています。

 

ロックフィッシュの種類

アイナメ(アブラコ)

 

全国的に狙えるロックフィッシュの代表的な魚です。

20から30センチ前後の個体が多いと言われていますが、北海道や東北では50センチを上回る大型も多く、磯やボートなどのフィールドでは60センチ級のモンスターも狙えます。

ルアーにヒットした後に激しく首を振り抵抗するため、そのファイトはロックフィッシュの代名詞とも言える激しい引きです。

朝まずめから夕まずめまでの日が出ている時間に活性が高くなるため、基本的には日中の釣りで狙うことになります。

根魚の中でも昆布や海藻類の周辺に潜んでいることが非常に多く、漁港はもちろん防波堤や磯などでも狙える魚です。

 

ソイ

 

ロックフィッシュの中でも様々な種類がターゲットとされているのがソイ類です。

クロソイ、ムラソイ、マゾイ、シマゾイ、ベッコウゾイなど、地域によって様々な種類が生息し、それぞれで捕食行動や引きが異なります。

サイズは大きいものでも30センチ前後ですが、その引きはロックフィッシュの中でも非常に強く、ヒットした瞬間に海底の障害物に逃げ込もうと潜るため、一瞬の駆け引きが大切な魚です。

 

北海道や東北の磯では40から50センチ級のソイの釣果も度々聞かれ、全国から多くのアングラーが足を運ぶ名スポットでもあります。

アブラコと同じく、障害物周りに潜んでいる魚ですが、回遊している個体も多く、潮通しの良いポイントでの釣果も多いです。

基本的に夜行性の魚のため、狙う場合は夜釣りが中心となります。

 

カサゴ(ガシラ)

 

全国の漁港で狙えるお手軽なロックフィッシュとして有名なのが、カサゴです。

アブラコやソイに比べるとサイズこそ小さめですが、漁港や防波堤のテトラポットの穴に潜んでいることが多いため専用タックルを使わなくても狙えるロックフィッシュです。

美味しい魚としても有名で、煮物や唐揚げにするととても美味しく釣り上げた後の楽しみも大きいです。

こちらもソイと同様、夜間に活性が高くなるため夜釣りで狙うのがおすすめ。

 

キジハタ・アコウ

 

主に瀬戸内海を中心に狙える大型のロックフィッシュがキジハタです。

希少な高級魚としても知られており、ロックフィッシュの中でも釣るのが難しい魚と言われています。

こちらも大型のアブラコやソイに負けないアグレッシブな引きが魅力で、キジハタ専用のロッドが販売されるなど狙っている釣り人は多いです。

 

岩礁帯を好むと言われており、他の魚種に比べると浅瀬にも潜むことが多い魚です。

活性があがるのは夜間ですが、日中は岩礁帯に潜んでおり、テリトリーに入ったものにバイトすることも多く、時間帯を問わず狙えます。

 

ロックフィッシュが釣れる時期

ロックフィッシュは、基本的に産卵の時期に大型の個体が岸寄りすると言われています。

そのため漁港や防波堤から狙う場合は、それぞれの魚種の産卵時期の前後を狙うのがベストです。

 

ハイシーズンとも呼ばれるこの時期は、

 

  • ソイ:3月から5月前後
  • キジハタ:6月から8月前後
  • アイナメ:9月から11月前後
  • カサゴ:11月から2月前後

 

とされており、サイズだけではなく数釣りも狙える最高のシーズンです。

この時期のロックフィッシュは捕食だけではなく、卵を他の魚から守るためにルアーに積極的にバイトしてくることもあります。

これらの季節以外でも、夏枯れと呼ばれる真夏以外は一年を通して狙える魚が多いため、数釣りやサイズにこだわらなければ、通年で楽しめる釣りです。

シーズンによってルアーのサイズやシンカーの重さを変えるなど、魚の状況に合わせて戦略を組み立てられるのもロックフィッシュの醍醐味の一つですね。

 

ロックフィッシュを狙えるポイント

テトラポット

 

ロックフィッシュの多くが潜むポイントとして知られています。

テトラポットの近辺をルアーで探るのはもちろん、テトラポットの間にできた穴に直接ルアーを送り込む穴釣りと呼ばれる狙い方も効果的です。

カサゴやソイを狙う際にも効果的なポイントですが、夜釣りの場合は思わぬ事故につながる可能性もあるため、ヘッドライトやライフジャケット、スパイクブーツなどは必須です。

 

防波堤

沖合に突き出した、長い防波堤は大型のロックフィッシュが集まるポイントと知られています。

アブラコ、ソイ、キジハタなどの大型が狙えるポイントですので、多くのアングラーが訪れます。

重いシンカーを使った遠投なども効果的ですが、防波堤のヘチについた海藻類に思わぬ大型が潜んでいる場合も多く、足元であってもしっかり探ることが大切です。

船で渡してもらう沖堤は魚のプレッシャーも少なく、大型のロックフィッシュを気軽に狙えるためこちらもおすすめです。

 

漁港

ロックフィッシュは身近な漁港にもたくさん潜んでいる魚です。

テトラポットはもちろん、漁港のヘチから、船周りなど狙えるポイントも非常に多いです。

サビキ釣りの撒き餌などで、小型の魚が岸際に集まっている時は、それを捕食する大型のロックフィッシュが接岸することもありますよ。

ロックフィッシュの初心者は身近な漁港にマメに足を運び探ってみることが釣果アップの近道です。

 

磯場

 

磯は漁港や防波堤に比べるとエントリーが難しいフィールドですが、大型のロックフィッシュを狙える絶好のポイントです。

磯の岩礁帯は昆布などの海藻類も豊富で、ロックフィッシュが好む小魚や甲殻類なども多く生息しています。

専用タックルやウエーダーなどが必要なため上級者向きではありますが、大型のロックフィッシュを狙って釣るには一番のポイントです。

 

ルアーとアクション

小魚系のワームを使ったアクション

ロックフィッシュを狙う際の定番と言われているのが、小魚を模したシャッド系ワーム

ジグヘッドと呼ばれる、シンカーとフックが一体となったものにワームをつけ、ロックフィッシュが捕食する小魚を意識したアクションで誘います。

ワームからフックが飛び出し、フッキングもしっかり決まりやすいですが、根掛かりのリスクも高いため、ポイントを見極めて使うことも大切です。

 

小魚を好んで捕食するソイ類は、潮通しの良いポイントに生息していることも多く、根掛かりの可能性も少ないためジグヘッドとシャッド系ワームの組み合わせが効果的とされています。

基本的にはワームをリトリーブすることで魚を誘うことができるため、キャストしただ巻きするだけでも魚にアピールできます。

しかしロックフィッシュは表層を回遊していることが稀なため、障害物や穴などがある海底までしっかりワームを落とし込むことが大切です。

 

初めてロックフィッシュに挑戦する方は、着底の感覚が難しいため10g前後の重めのシンカーを使って着底を感じる練習をするのもおすすめです。

ロックフィッシュは状況によって潜んでいるレンジが異なるため、自分が今どのような層でルアーを引いているのかを意識しながら釣りをするのも釣果アップの秘訣です。

 

甲殻系ワームを使ったアクション

アブラコ、カサゴ、キジハタなど、テトラポットや海藻類、岩礁帯に潜んでいるロックフィッシュに効果的なルアーが甲殻系と言われるワームです。

こちらはテキサスリグと呼ばれるバスフィッシングで使用されるシンカーとフックが分かれているリグを使う場合が多いです。

テキサスリグの場合、オフセットフックを使うためフックがワームの内部に収まっており、根がかりのリスクを極力防ぐことが可能です。

 

そのため根がかりする可能性が高いテトラポットの穴や海藻類の中にも積極的にワームを送り込めます。

甲殻系ワームはエビやカニなどを模しているため、シャッド系ワームと違い海底で魚を誘うことが多いです。

リフトアンドフォールは、海底のワームを上下に激しく動かすことで魚にしっかりとアピールしバイトに繋げるロックフィッシュの定番アクションの一つです。

 

ロックフィッシュで釣果を伸ばすコツ

ベイトタックルを効果的に使う

 

アブラコやキジハタは非常に引きが強く、磯などで大型の個体を狙う場合スピニングタックルでは少々力不足になってしまいます。

ロックフィッシュはルアーにヒットすると強い力で障害物に潜るため、魚に主導権を渡さないタックルとしてベイトタックルを使うアングラーも多いです。

ベイトリールはクラッチを切ることで簡単にフリーフォールのアクションも演出できるため、縦の動きが効果的なアブラコや岩礁帯の穴などに潜むキジハタを攻略する際には非常に効果的です。

近年はDCリールやベイトフィネスなどトラブルレスで軽いルアーをキャストできるベイトリールも多いため夜釣りでベイトリールを使うこともできます。

 

PEラインと重いシンカーを使った遠投

 

ロックフィッシュは近年人気が高まっているため、以前よりも魚に対してのプレッシャーが高くなってきています。

根ズレに強くトラブルの少ないフロロカーボンラインが定番とされていますが、PEラインを使った遠投セッティングのタックルを使えば、手付かずのポイントを攻略できます。

私は10g以上のシンカーを快適にキャストできるミディアム以上のスピニングロッドにPEラインを巻いた2500番台のスピニングリールを使っています。

 

ラインは、ポイントや魚種に合わせて0.8から1号がおすすめです。

先述したとおり、ロックフィッシュは根ズレが起こりやすい障害物周りに潜んでいるため、PEラインを使う場合はショックリーダーが必須となります。

こちらもラインの太さに合わせて10から14lbのフロロカーボンリーダーをおすすめします。

他の釣りと異なる点はリーダーの長さを3m前後と長めにとっておくことです。

PEラインは飛距離だけでなく、テンションをかけている際の感度も高いため、ソイなどを狙うスイミングの釣りはもちろん、アブラコやキジハタなど海底の状況をしっかり把握しておく必要がある釣りにも有効です。

 

おわりに

 

というわけで以上、「ロックフィッシュの攻略法とタックル」について紹介してみました!

近年は特にゲーム性の高い釣りが展開されており、初心者から上級者まで楽しめる釣りとなっています。全体的に美味しい魚ばかりなので、食味を求めて釣りをする人も多いです。

北海道・東北がメインフィールドとなりますが、関東・関西方面でも大型のロックフィッシュが釣れることもあるので、ぜひチャレンジしてみてください!

 

それでは。

スポンサードリンク