タチウオ(太刀魚)釣りを始めよう!ルアーで釣るコツとおすすめタックルを徹底解説!【入門編・ファーストステップ】

dsc00709

 

関西の瀬戸内海側を中心に人気のタチウオ(太刀魚)釣り!

食べて美味しく、釣って楽しい魚の代表格でシーズンになると両手も広げられないほど釣り人が殺到します。

そんなタチウオ釣りですが、エサ釣りが一般的なものの立派なフィッシュイーターなので、ルアーで狙うことも出来ます。

ロッドが持って行かれそうなほどの強烈なアタリと引き、海面で美しく映える銀色の魚体・・・一度タチウオのルアー釣りをやると、必ずハマってしまうと断言できるくらい面白い釣りです!

今回はタチウオのルアー釣りを始めるにあたって最初に揃えるべきおすすめタックルと、1匹を釣るためのファーストステップについて解説していきます!

 

タチウオ(太刀魚)の特徴・習性と釣り方について

img_1892

 

タチウオは普通の魚とは違い、刀のような形状をしていることから「サーベルフィッシュ」と呼ばれています。実際に見ると、非常に美しいです!

主にイワシやアジなどの小魚を捕食しており、夜になると浅場に移動して捕食を行います。「タチウオは夜釣りで釣るもの」という説はこれが要因です。

船から釣るターゲットとして人気なんですが、深場に移動する冬〜春の時期以外は堤防から釣ることが出来ます!

 

dsc00677

 

ルアーでの釣り方としては、イワシやアジに似せたワームやルアーを泳がせることでスイッチを入れて食わせます。

死魚も積極的に食べるので、ワームをゆっくり動かして釣るのも効果的。エサ釣りの場合は餌となるキビナゴを止めて食わすことが多いんですが、これもタチウオの習性を利用しています。

夜間に釣れることの多いんですが、他の魚と同じように「朝マズメ・夕マズメ」が一番釣れることが多いです!

 

dsc00387

 

ただし時合が短いのが特徴で、30分連発したと思ったらすぐに釣れなくなることも。一方、タチウオの群れが接岸していれば夜中まで断続的に釣れ続くこともあります。

天候が曇っていれば明るいうちでも釣ることができるし、ルアーでの釣り方も色々と開発されているので、釣れないと思った場合は様々なパターンを試してみるといいです。

そんなタチウオのルアー釣りを行うにあたって、最初に揃えるべきおすすめタックルを紹介していきます。

 

タチウオをルアーで狙うメリットとは?

dsc00079

 

ルアーで狙う最大のメリットは、餌のウキ釣りや引き釣りと比べて「手返しが早い」点にあります。

タチウオは一度餌に噛み付いて攻撃してから捕食しますが、エサ釣りの場合はこの習性があるため針に掛けるまでに時間を置かないといけません。

仕掛けも長くてわずらわしく、潮の流れでウキが右往左往するため隣の釣り人とお祭りになることも。ルアー釣りの場合はタチウオが食った瞬間に合わせを入れられるし、お祭りも少ないです。

非常に時合が短い魚なので、数を伸ばすにあたって手返しが一番重要となるのでルアーが有利なわけですね!

 

dsc00204

 

しかし、メリットだけではありません。タチウオのルアー釣りはアピール力が高く高活性時にはバタバタと釣れますが、完全に真っ暗になるとヒットしなくなることも。

いくら夜間に活動するとはいえ、真っ暗な状態ではあまり目が見えていないそうです。夜中にエサ釣りで良く釣れる理由は、臭いに訴えながらも餌の動きを止めておけるからですね。

餌のウキ釣りとルアー釣りを両刀使いする人も多いので、時間帯によって使う武器を変えるとよいでしょう。

 

タチウオを釣るために揃えるべきおすすめタックル

タチウオのルアー釣りに向いているロッドとは?

thumb_img_1590_1024

 

高活性の時は誰でも釣れるタチウオですが、特に1m級の大型が釣れる晩秋には渋いことが多く、「ロッドの感度」の違いで釣果が分かれることがしばしば。

「コンッ」という小さいアタリを感じて合わせられるかどうかで釣果が分かれるので、最低限感度の良いロッドを揃えておくといいです。

ルアーの重量は7g〜21g程度までのジグヘッド・ルアーを使うことが多く、細めのPEライン(0.6号〜0.8号)を使えるスペックも必要。

専用ロッドがあれば一番いいですが、シーバスロッドか、エギングロッドでも代用できます!

 

【タチウオルアー釣りに求められるロッドの性能】

  • 10g〜20g程度のルアーを問題なく遠投できる
  • 低活性時の小さいアタリも捉えられる感度
  • タチウオの強烈な引きをいなすことができる
  • PEライン対応

 

 

ソルパラワインドモデル」は太刀魚の専用ロッドの中で一番人気の竿で、安価に購入できる価格ながら問題なく釣りが出来る性能を備えています。

ダイワの「インフィート SF サーベルフィッシュ」は専用ロッドとしては1万円前後と少し値が張りますが、高感度を実現しているのでタチウオのショートバイトも捉えられます!

どうしても小さいアタリが頻発するときがあり、感度がないとかなり厳しくなってしまいます。隣の釣り人より多く釣るためには、こういうところで工夫するといいですよ!

 

おすすめのリール選択について

タチウオ釣りでのリールについては、それほどこだわる必要はありません。シーバス・エギング用の2500番〜3000番のスピニングリールで代用できます。

最近の釣り用リールは安価なものでも性能が高いものが多く、1万円も出せば高性能な製品を購入することが出来ます。

これからタチウオのルアー釣りをするにあたって、下記のリールがおすすめ。

 

【タチウオルアー釣りに求められるリールの性能】

  • 10g〜20g程度のルアーを問題なく遠投できる
  • PEライン0.6号〜0.8号を100m以上巻ける
  • 長時間シャクリ続けても疲れにくい軽量性

 

 

レブロス」「ナスキー」ともに実売1万円以下の価格で手に入りながら、ハイエンドモデルにも劣らない性能を備えている凄いリールです!

一昔前であれば考えられなかったことですが、今では1万円程度のリールならかなりのスペックを備えており、大型タチウオぐらいだったら何の問題もなくやり取りができます。

不意に60cm程度までの青物が掛かっても対応できるので、安心して釣りができます。

 

ラインシステム・リーダー・ワイヤーなど必要なもの

 

タチウオのルアー釣りでは、メインラインに細めのPEラインを使います。渋いときには地味なアタリが多く、高感度が必要なため。

非常に歯が鋭い魚なので、ルアーの前にワイヤーリーダーを取り付けます。食いが悪くなることもあるので、極太のフロロカーボンラインを用意しておくと色々な状況に対応できます!

メートルクラスになると非常に引きが強くなりますが、魚体は軽いので細めのラインでOKです。

 

おすすめのルアーは?どれが釣れる?

dsc00189

 

タチウオ用のルアーは各メーカーから様々な種類が販売されていますが、基本はより生魚に近い「ワーム」を使うことになります。

いくつか釣り方のバリエーションがあるので、釣れない場合は何種類かワームを用意しておいて順番に試してみるといいですよ。

それぞれ、時間帯や活性に合わせて使いわけるとテンポ良く数釣りをすることが出来ます。

 

 

釣り方については後ほど解説しますが、これらがタチウオ釣りにおける鉄板のルアーです。それぞれ使うシチュエーションが違うので、状況に合わせて釣り分けることになります。

これだけ揃えれば、あまりに釣れない状態以外は大丈夫かと思います!

すぐ後に「タチウオが釣れないときの5つのTips」として様々なルアーと使い方を紹介しているので、そちらも合わせて参考にしてください。

 

タチウオをルアーで釣るコツとファーストステップ

ここからは、いよいよタックルを揃えて釣りに出かけるステップです!

最初の1匹を釣るため、さらに数を伸ばしていくために必要なノウハウを掲載していきます。

 

実は腕の差が出やすいルアーのタチウオ釣り

img_1909

 

タチウオは時合になるとバタバタと釣れてくれますが、一方で数を伸ばすにあたっては腕の差が顕著に出るんですよ。

同じ釣り場でも、10匹以上釣る人とボウズの人が出てしまうことが結構あります。自分でも一晩で2桁釣ったのに周囲は数匹・ボウズの人が多かったこともありますし、逆のケースもあります。

渋いときには数匹釣るのも難しく、何も釣れずに終わってしまうことも。これは、タチウオがルアーの動きやタナにシビアなため起こります。

 

釣れる時間帯、タナ、ルアーを投げるべきポイント

dsc00097

 

タチウオが釣れる時間帯に関しては、先ほど書いたとおり朝マズメ・夕マズメにチャンスがあるのと、夜間の釣りが基本となります。

しかし明るい時間帯にバタバタと時合が訪れることもあり、それ以降釣れなくなることもあるので早めにポイントに到着するのが理想です。

朝マズメを攻めるなら日の出の2〜3時間前、夕マズメも同じく日没の2〜3時間前には到着しておくと吉。ただし人気の釣り場の場合はすでに埋まっていることもあるので、注意すること。

 

dsc00683

 

この釣りで一番重要になるのは、「魚のタナ」です。タチウオは頻繁に層を変える魚で、特定の層を通さないと食わないことが多いんですよ。

釣り場に到着したら表層から底までじっくり攻めてみて、タチウオのいる層を探します。今ルアーがどの辺りを泳いでいるのか確認するため、着水してから「1秒…2秒…」とカウントするとよいです。

一度釣れると群れで固まっていることが多いので、同じ層に通してみましょう。ただしずっと同じ場所で釣れるとは限らないので、「どの層にいるか」という意識を持つことが大切。

 

タチウオが釣れない時に試したい5つのTips

ライトショアジギングで明るいうちに深場のタチウオを釣る

dsc00434

 

まだ明るいうちにタチウオを釣りたい場合は、メタルジグを使った「ライトショアジギング」が有効です!

20g〜30g程度の鉛の塊であるメタルジグを沖に遠投して、ボトム(底)を中心に探ると日中でもタチウオが釣れることがあります。

天候が曇りであれば、日中に釣れる確立も高くなります。手返しも早いので、ぜひタチウオ釣りに組み込んでみてください。

 

ライトショアジギングを始めよう!青物を釣るコツとおすすめタックルを徹底解説!

2016.11.10

 

ワインド釣法で高活性のタチウオを連続で釣る

thumb_IMG_0517_1024

 

最近のタチウオルアー釣りでは、「ワインド釣法」が基本の釣り方になっています。ダートする専用のワームを使って、強制的にスイッチを入れる釣り方です。

特に朝マズメ・夕マズメに効果的で、上手くハマれば10匹ほど連続して釣れることがあります。タチウオの習性にマッチした釣り方なんですね!

完全に暗くなってしまうと釣れにくくなりますが、タチウオを釣るにあたっては必須の釣法です。ぜひ使ってみて下さい。

 

簡単にタチウオが爆釣!?ワインド釣法のコツとタックルについて【釣り方解説】

2016.08.08

 

パワーシャッド釣法で低活性のタチウオを釣っていく

img_1877

 

完全に周囲が暗くなると、徐々に渋くなってゆきライトショアジギングやワインド釣法のような早い釣りではタチウオがルアーを追いきれず、釣れなくなってしまいます。

そんな時に試したいのが、「パワーシャッド」というタチウオには定番のワームを使った釣り方。確実にタナを探ってピンポイントで釣ることができます。

こちらもパターンにハマると、1人だけ爆釣なんてことも!周囲の環境の良さもありましたが、自分も過去に周囲の人が0〜3匹程度という釣果のなか、一晩で14匹釣り上げることが出来ました。わっしょい!

 

低活性のタチウオを確実に仕留める「パワーシャッド釣法」を解説します!【タチウオが釣れないときの対処法】

2016.11.14

深夜にルアーでタチウオ調査。一晩で14匹爆釣した方法を解説!【明石・大蔵海岸】

2016.10.15

 

FLAP釣法でさらにシビアなタチウオを拾っていく

 

最近開発されたタチウオ専用の釣法で、エサ釣りのエッセンスを元にしてよりシビアなタチウオを取れるよう、カスタムされたワームを使って釣ります。

こちらはパワーシャッド同様、ゆっくりタチウオを誘って釣る方法で、ハマれば連続で釣り上げることも。

特に大型サイズが釣れる晩秋は渋いシチュエーションが多いので、ぜひバリエーションの一つに組み込んでおきたい釣り方です。

 

▲解説動画を見ると、詳しい釣り方がわかります。

 

最終奥義!ルアーと餌のいいとこ取りをしたタチウオゲッターで釣る

 

様々な種類の釣り方を試したが、ルアーにはピクリとも反応がない・・・!という時の最終奥義として、「タチウオゲッターで釣る」という方法もあります。

この道具にキビナゴやどじょうを刺して釣ります。要するにエサ釣りです(笑)「アホみたいに釣れる」と人気すぎて、各地のお店で品切れ状態が続いています。

やはり、ルアーだけでは嗅覚・視覚に対するアピール力が欠けることがあるので、釣れなければいっその事餌に頼ってしまうのもありでしょう。事前に餌を用意する必要があるんですけどね。

 

dsc00709

 

主にこの5種類の釣り方を組み合わせて、タチウオの活性に応じて使い分けると最初の1匹、そして数釣りに繋げられますよ!

 

【予算別】タチウオ釣り初心者におすすめのタックル構成

最後に、タチウオ釣り初心者におすすめのタックル構成を紹介しておきます。これでともにドラゴン級のメータータチウオを釣っちゃいましょう!

 

【出来るだけ予算を抑えつつ、幅広くルアー釣りを楽しみたい人向け】

 

【中級価格帯のタックルで、確実に結果を出したい人向け】【おすすめ!】

 

【ガチのタックルでタチウオ・SWルアーを極めたい方向け】

スポンサードリンク