タモ網を買うならこれ!玉網の選び方とおすすめ製品を紹介【シーバス・青物・ヒラメ】

dsc00441

 

シーバス・青物・ヒラメ等の大物の魚を堤防から狙う場合、タモ網(玉網)がないと魚を取り込むことが出来ません!せっかく大物を釣ったのに、目の前でバレてしまうことも・・・。

タモは一見単純なように見えて、釣り場の高さに合わせて長さを変えなければいけなかったり、オプションパーツがたくさんあってどんな製品を選べばいいか、わかりづらいですよね。

そこで今回は、タモ網を持ち歩かなかったために散々魚をバラしてきた僕が「タモ網の基礎知識・選び方とおすすめ製品」をご紹介していきます!それではいってみましょー!

 

タモ網の基礎知識

タモ網選びの重要ポイント

dsc00435

 

様々なメーカーから千差万別の製品が販売されているタモ網ですが、用途別にシーバス用(ソルトルアー用)とか、磯釣り用とか色々あるんですよね。

今回紹介するのは、ソルトルアー用です。重要となるポイントは3つ。

  • 出来るだけ軽量に持ち運べること
  • 収納サイズがコンパクトなこと
  • 堤防の長さに合ったタモの柄を購入すること

です!1つずつ紹介しましょう。えっへん。

 

ソルトルアーで使う場合は軽量・コンパクトさが重要になる

thumb_IMG_0608_1024

 

タモ網には用途別に色々と製品が用意されていると紹介しましたが、そもそもソルトルアーと磯釣り用では使い方が全然違うんですよね。

 

aa7539fa290ed73ce671e8fe175df51e_s

 

磯釣りの場合はその場に置いて使用するのでコンパクトさは必要ないですが、環境が過酷なので出来るだけ取り回しがよい網が必要になります。

少し時間が遅れただけで磯に潜られる可能性があるので、すぐにタモを伸ばせられるよう小継より仕舞寸法の長いタモの柄がいいです。

取り回し易さを重視し、軽量なカーボン素材の含有率が出来るだけ高い製品がよい。剛性が超重要。タモを持ち歩きながら釣りをしないので、ソルトルアーで使うようなオプションパーツは不要。

 

bb2e930ccaec5a5cab8128fb873c82c8_s

 

ソルトルアーの場合は歩きながら釣り場を移動するので、小継のタモ網で仕舞寸法がコンパクトなものがよいです。

高級なカーボン含有率が高いものなら、耐久性が高く軽量になります。とはいえそこまで性能は必要ないので、重量はあるが軽量でしなやかなグラス製でも問題ありません。ただし超巨大のブリクラスの獲物は別。

常に背中にタモ網を装備しながら釣りをするので、網を畳んで柄に装備できる「ジョイントパーツ」や腰ベルトやベストに装着できる「タモホルダー」を別途購入すると快適に釣りができます。

 

堤防の長さに合わせてタモ網を購入する

thumb_IMG_0610_1024

 

タモ網は魚を取り込むための「ランディングツール」なので、当然ながら魚を取り込めなければ意味がありません。

おおよそ3m前後から長いものでは7mまで伸びるものもありますが、「5m前後」のタモ網があればだいたいどんな環境でも対応できます。

長くなればなるほど耐久性が落ち、重量も増すので5m前後がおすすめです。

 

df663e620d4f6e811b93fd371618663d_s

 

ただし、普段のホームグラウンドが海面から6m以上ある場所だったり、沖堤防のような足場の高いところで釣りをすることが多いなら釣り場に合わせたタモの柄を購入するべきです。

あとは、タモ網ギリギリの長さの堤防だと非常に取り込みづらいので、最低でも海面から+30cmは長さがあるほうがいいですね。

潮の満ち引きでも大きく変わってしまうので、大物狙いなら海面までの高さを調べておきましょう。理想は4m、5m、6mと各種サイズを揃えることですが、5mか6mのものを所持していれば困ることはありません。

 

タモ網のパーツって色々ある!

thumb_IMG_0611_1024

 

出来るだけコンパクトにタモ網を持ち運びたい場合、「パーツ」が非常に役に立ちます!

とはいえ、どんな製品があるかわからない人も多いと思います。全てのパーツの一覧はこんな感じ。

 

パーツ名 使い方
タモの柄 網をくっつける柄の部分、伸び縮みする
タモ枠 タモ網の枠部分、フレームだけ販売もしている
タモ網 タモの網部分、網単体でも販売している
ジョイントパーツ 網と柄を接続し、折りたたむ機能を追加する
タモホルダー 柄に装着し、ベルト・ベストに装着可能にする

 

それぞれのタモパーツについて知らない方も多いと思うので、一つずつ解説していきます。

 

タモの柄

 

タモ網の柄部分で、伸縮することで海面まで落差のある釣り場でも魚を取り込むことが出来る。別名「ランディングシャフト」。

安物だと網から柄までセットで売っていますが、それぞれ様々な大きさ・長さの組み合わせがあるため別々で購入することが可能。

素材はロッドと同じでグラスとカーボンがあって、それぞれ含有率によって耐久性・軽量性が変わってきます。もちろんカーボンが100%に近づくほど性能が良くなりますが、値段も高くなります。

 

タモ枠

 

タモの網部分を外したフレーム(枠)部分で、コンパクトに折りたためるタイプと耐久性に優れたワンピースタイプがあります。※写真のは網もついてます

こちらも素材によって耐久性が変わり、ステンレス・チタン・ジュラルミン等のフレームが販売されています。チタン・ジュラルミン製は軽量ですが高価で、ステンレスは安価で耐久性があるものの重いです。

枠の大きさで取り込める魚のサイズが変わり、30〜60cm程度が一般的です。シーバス・青物を狙うなら最低でも50cmは欲しいところ。網との相性によっても変わってきます。

 

タモ網

 

タモの網部分で、主に網の深さによって取れる魚が変わってきます。大型魚狙いなら深めのタイプを選ぶと、取り込みやすくなります。

また、用途によって網の目の細かいもの、大型魚を取るための粗いもの、魚を出来るだけ傷つけないラバーコーティングされたものなどがあります。コーティングは結構重要ですよ。

とはいえ、柄や枠に比べるとそれほどこだわる必要もないですね。むしろ魚を取り込んでいると、そのうち臭いがこびりつくので交換出来るほうが重要だったりしますw

 

ジョイントパーツ

 

普通にタモ枠を柄につけると、柄から網部分が真っ直ぐにょきんと出てしまいます。

磯釣りや堤防釣りなら、通常状態のほうがすぐに展開できて便利です。しかしソルトルアーの場合、せっかくコンパクトな柄を買っても大きな網のせいで台無しです。

そこで!柄と枠の間に折りたためるジョイントパーツを付けることで、コンパクト性能を大幅に向上させます。もはや定番となっていて、これがないとキャスト時などにルアーを引っ掛けてしまうこともあって必須です。

せいぜい3000円もあればお釣りが返ってくるので、同時購入必須ですよ。

 

タモホルダー

 

こちらもソルトルアー用のパーツと言ったところで、通常ならベルトで肩がけするぐらいしかできないタモの柄に、「ホルダー」を装着します。

これでベルトやフローティングベストに直接装着することが可能になり、よりコンパクトに持ち運ぶことが出来ます。

ベルトだと一々外すのが大変だし、肩がけするには高いポジションに装着することになるので、よほどコンパクトな網でない限りルアーを引っ掛けてしまうことも。やっぱりこちらも必須です。

 

タモ網(玉網の柄)のおすすめ製品

以上、長々とタモ網について説明してきました。一見単純なタモ網ですが、ソルトルアーの場合は特に検討事項が多いんですよね〜。

ここからはいよいよ、おすすめのタモ網について紹介していきます。今回は出来るだけ初心者でも手を出しやすいよう、1万円程度までの価格帯の製品を紹介することにしました。

ここでは「タモ網」としていますが、1万円程度の製品は網と柄が別になっているものも多いので、「柄」単体の製品も紹介していきます!

 

プロマリン(PRO MARINE) CB ビビッド磯玉セット

 

タモ網と柄が全てセットになったもので、軽量・コンパクトさは全くありませんが「4000円以下」という超激安価格で購入できます。

ソルトルアーには全く向いていませんが、「さすがにタモに1万円以上は出せない・・・!」という方にはいいかも。安物を買っても、魚を取り込めないということはありません。

カーボン含有率が低いので、ふにゃふにゃで扱いにくいでしょうが、最低限の機能は備えています。折れる危険性もあるので、そこも踏まえて使用することをオススメします。

 

プロックス ホルダーアーム

 

ソルトルアー用のそこそこ良さ気なタモを購入しようという時、最初に出会うのがこの製品。

小継の竿を多数出しているプロックス製のタモの柄で、仕舞寸法64cmと非常にコンパクトになります!しかも柄単体で8000円以下で購入することが可能。

カーボン含有率も92%と上級クラス並みの性能を誇っていますが、タモを出すときに固着してしまい外れないトラブルも多いようで、一概に素晴らしい!とはいえない製品。

 

dsc00441

 

2本目の玉の柄としてこちらの製品を購入して見ましたが、数回使用した感じでは安物の玉網にしてはしなりが少ないし、何より軽量で取り回しやすく使いやすい!

これから使いこんで行くに連れてトラブルが発生してくるのかもしれませんが、メンテナンスを怠らなければさほど問題ないはず。

また、先ほど紹介した「タモホルダー」が標準装備されてくるのも嬉しいですね。実売1,500円程度はするので。

 

ダイワ(Daiwa)  ランディングポール

 

信頼できるダイワ製のタモの柄で、プロックスと同じような価格帯で購入できながら信頼性抜群というコスパ最強の製品!

仕舞寸法は70.5cmとそこそこコンパクトになりますが、カーボン含有率は53%と安物のタモ以下の性能。しかし、プロックスのタモのようなトラブルはなく快適に利用できます。

僕はこちらの製品を購入したんですが、見た目のデザインも大変美しく、50cm級の青物を取り込むのに何回も使用していますが耐久性や使用感は全く問題なしです。最初の1本としておすすめできます!

 

メジャークラフト ランディングシャフト

 

ソルトルアー用のタックルを多数販売している「メジャークラフト」製のタモの柄。

価格は15,000円程度とワングレード上がってしまうものの、紹介してきたタモより100g〜200g程度も軽量なんですよね!その他固着防止機能なども搭載されていて、死角が少ない製品。

少し高いのが気になるものの、予算があるなら購入しないメリットが全くないので、余裕があればぜひ購入したタモの柄です。

 

タモ網は何を選べばいい?

今回紹介してきた製品の大半は、タモの柄だけで網はついていません。ある程度の価格帯になるとバラバラに販売されるようになるんですよね。

ジョイントパーツやタモホルダーは上記で紹介した製品一択といった状態ですが、網に関しては色々な製品がある中で、下記2つの製品がいい感じです。

 

 

持ち運びに困らない車移動が中心なら、「ベルモント」の網がおすすめです!

折りたためませんが、その分耐久性が抜群で縦長の形状になっているので、網のサイズが小さめでも大物を簡単にランディングすることが出来ます。

通常の丸い形状の玉網では大型魚をランディングしづらく、バレそうになったことが何回もあります。このタモ枠があればブリが来ても怖くない!

 

 

タモ枠を折りたたむ必要がある場合は、メジャークラフトの「ヘキサネット」がおすすめです!

こちらは他の製品にはない五角形の枠になっていて、ベルモントと同じく大型魚がランディングしやすくなっています。

しかも!耐久性の高い1ピースタイプもありますが、同じような製品にしては大変珍しい4ピースモデルもあるので電車釣行や収納スペースがない人でも使えます!これは神製品ですよ。

 

dsc00445

 

数回魚をランディングしてみましたが、丸型のタモ網と比べてかなり大型なのと、魚を掬いやすく形状に設計されているため一瞬でタモ網に収めることが出来ました。

40cm〜50cm程度の魚の場合、丸型だと50cmの枠でも面積が小さく余裕がないんですよ。だから何度もタモ網に入れようと苦戦して、バレてしまいやすいんです。

このネットなら間口に余裕があるので、慣れていなくとも魚を引き寄せればすぐにランディング出来ます。丸型だと手こずって1分ほどもたついてからバラしてしまったこともあったので、本当に買ってよかった・・・。

 

おわりに

というわけで、以上「ソルトルアー釣りにおすすめのタモ」を紹介してみました!

大物を取りに行きたい場合は必須となるタモ網ですが、意外と重要視してない人が多そうで記事にしてみました。

タモ網があるかないか、さらには耐久性や性能、長さが足りているかどうかで大物を取り込めるかが決まってしまうので、意外と超重要なんですよね・・・。

 

せっかく大物をヒットさせても、最後に取り込めなければ釣った意味がないのと同じ。少しでも大物を釣る確立を上げるためにも、タモ網の購入を検討しましょう!

それでは!幸運を祈る!

スポンサードリンク