【初心者向け】初めての海釣り入門講座!堤防から釣れる魚種と釣り方を紹介

 

楽しい「海釣り」の世界にようこそ!

この記事では、「海にいって、堤防釣りをしてみたい!」「実際に魚を釣ってみたい!」という方のために、釣りの魅力・釣りに必要なこと・おすすめの対象魚と釣り方をまとめてみました。

15年以上釣りを続けてきた管理人がまとめているので、実釣の参考にしてもらえると思います。ぜひ、初めての海釣りの参考にしていただければ幸いです!

 

 

海釣りの魅力とは?大自然のなかで魚と勝負!

 

釣りは気軽に始められる一方で、一度のめり込むと簡単にはやめられないアクティビティでもあります。

一口に「釣り」といっても対象魚・ポイント・道具は千差万別で、同じ釣りであっても「ここまで考え方・取り組み方が違うか!」と思ってしまうほど。

道具もピンからキリまであって、気軽に楽しむこともできれば道具にこだわってじっくり取り組むこともできます。楽しみ方は人それぞれ!

 

 

広大の海を目の前にして、多種多様な魚を、様々な釣り方で釣り上げてみよう!

気軽に堤防から釣りをすることもできますし、白波を被ってしまうような荒い磯、どこまでも続く砂浜、孤高の島など非日常的な場所で大自然を味わうこともできます。

休日の海でまったり釣りをしていると、日頃のストレスなどどこかへ吹っ飛んでしまいます。魚が針に掛かったら、もう興奮状態で何もかも忘れてしまいます。(笑)

 

 

自然の中で楽しむ釣り。あらゆる魚種、あらゆる場所で楽しむ釣り。自分でゲットした魚を捌き、料理する釣り。

そんなアウトドアアクティビティの魅力を、少しでも知っていただけたら嬉しいです。

釣り道具を持ったら、あとは海に出かけるだけ!早速、美味しい魚を狙って近場の海にいってみましょー!

 

海釣りのはじめ方と必要な道具について

海釣りの基礎知識

 

よく初心者の人に「釣りってどうやってやればいいの?はじめ方は?」と聞かれることがあります。

最初は釣り道具を揃えて、海にいって糸を垂らすだけでOK!気軽に始められるのが海釣り最大の魅力でもあります。

厳冬期でなければ、針に餌を付ければ何かしらの魚が釣れますし、持って帰って食べることもできます。釣りをしていると、勝手に魚の捌き方を覚えちゃいますよ。(笑)

 

海釣りに必要な道具

▲ルアー釣りなら、たったこれだけの道具で収まってしまうことも。

 

釣り場へと行く前に、釣具屋・ネットショップで釣具一式を購入します。最初は何を揃えていいかわからないと思うので、最寄りの釣具店に行くのが無難ですね。

道具を購入する前に、周辺でいいポイントがあるのかどうか、今の時期はどのような魚が釣れるか聞いておくといいですよ!

少し慣れてきたら、次はネットで釣具を購入してみましょう。実店舗より安いことが多く、20%オフなんてこともザラにあります。

海釣りをはじめるにあたって、最低限揃えておくべき道具はこんな感じ。

 

【釣りに最低限必要な道具】

  • ロッド(釣り竿)
  • リール
  • ライン(釣り糸)
  • 仕掛け・針・オモリ
  • 餌・ルアー
  • ハサミ・プライヤー
  • クーラーボックス

 

あとは状況によって「ウキ」だったり、大物を狙う場合は「タモ」などを揃えればOK!

最初は安くて質のよい道具を購入して、ハマっていくうちにさらに道具を買えばいいんです。大丈夫、一度釣りをすると高い釣具が欲しくてたまらなくなりますから。(笑)

まずは近場の海で釣りをして、一通り方法を覚えたらあらゆる魚種・釣り方にチャレンジしてみよう!

 

▼海釣りに必要な釣具・便利な道具は、下記の記事で紹介しています。

海釣りに必要な道具とは?最初に揃えたい釣り道具・あると便利な小物を紹介します。

2017.11.12

 

海釣りの種類・ジャンルの紹介

魚釣りは間口が広く、気軽に始められる一方で非常に奥が深いものです。

釣り方・ポイントによって考え方・取り組み方が全然違うため、同じ釣りでも全く異なることをアクティビティに取り組んでいる気分になります。

全て紹介しているとキリがないので、これから釣りを始める方に「さわり」として、海釣りの種類・ジャンルを簡単に紹介しておきますね。

 

餌釣り・ルアー釣りの違い

 

まず一口に釣りと言っても、使う道具によって大きく二通りに分かれています。

 

  • 生き餌・練り餌など「餌」を使ったもの
  • 小魚・エビなどを模した「疑似餌(ルアー)」を使ったもの

 

どちらでも釣れる魚が多いものの、釣り方が全然違うので使用する道具が必然的に変わってくるし、投げるポイントなども大きく変わります。

餌の場合は元々魚が食べる生餌であったり、人工的な練り餌を使う場合もあるものの、初心者でも気軽に釣れる場合が多いです。

一方で偽物の餌である「疑似餌」を使う場合、生餌と違って匂い・感触が異なるため、こちらが意図的に動かしてやらないと釣れません。

 

 

生餌を使うより釣るのが難しいことが多いですが、ルアーで簡単に釣れる魚もいます。

面白いのが、人間から見て「明らかにこのルアーでは釣れないでしょ!」と思うものでも、案外問題なく釣れること。

どちらも面白いので、最初は生餌で釣りの感覚を掴んでから、ルアー釣りにも挑戦して欲しいと思います。同じ魚種を狙う場合であっても、全然釣り方・道具が違うので飽きませんね〜。

 

icon-arrow-circle-right 堤防から狙うルアー釣りの基礎知識・はじめ方はこちら

 

釣り場による違い

もう一つ、釣り場によっても全然違う釣り方・道具を用いる場合が多いので、簡単に特徴や釣れる魚について紹介しておきますね。

 

堤防釣り

 

初心者が気軽に釣りを始めるにはうってつけの「堤防釣り」。海釣りといえば、堤防を思いつきますね。

足場がいいため誰でも気軽に釣りをすることができ、近海にいる魚なら小型魚から大型魚まで釣ることが可能です。

気軽に釣りができる堤防釣りですが、侮るなかれ!時期とタイミングがあえば、超巨大魚と出会うことも可能!初心者からベテランまで楽しめます。

 

磯釣り

 

荒れ狂う波と、ゴツゴツした岩肌から釣り糸を垂れて大型魚・レア魚を狙う「磯釣り」。危険がたくさんありますが、堤防では釣れない魚と出会うことが可能なんです!

人工的な施設ではないので、当然トイレなどはありません。小さい磯へ渡船で「瀬渡し」をしてもらう場合、いわば小さい無人島で孤立することになります。

大変な危険が伴いますが、磯釣り師の憧れである「尾長グレ」や「ヒラスズキ」、中には「50kg級のクエ」なども釣れてしまうんですよ!

初心者のうちは手を出さないほうがよいですが、もし「ステップアップしたい」と思ったら、磯釣り経験のある人とチャレンジしてみましょう!

 

船釣り

 

堤防や磯などの岸から釣るのではなく、沖へ船で渡って大型魚・レア魚を狙う「船釣り」。

魚探で群れを探しながら釣りをするため、初心者でも簡単に一発大物を狙うことができます。トイレなどの設備が整っているため、女性でも気軽に挑戦可能。

船釣りの場合は水深1000m程度まで狙うことがあり、岸ほど長い竿が必要ないため、使用する釣り道具が全然異なってきます。

キンメダイ・アマダイなどの高級魚から、10kg超のブリ・カンパチ・ヒラマサ、さらにはカジキやマグロなど大変ロマンのある魚も釣ることができます。相応のお金は必要ですが、やってみる価値はありますよ!

 

ここでは長くなりそうなので紹介しませんが、以下のような釣りも存在します。

  • 釣り堀
  • 海釣り公園
  • 砂浜からの釣り(投げ釣り・ルアー)
  • 筏釣り

 

釣りの種類を使い分けて、色々な魚に出会おう!

 

堤防での餌釣り、磯でのルアー釣り、船でも餌釣り・ルアー釣り両方楽しむことができます。同じ釣り場でも、餌とルアーを使い分けると釣れる魚種・大きさが大きく変わってくるんですよ。

さらに同じルアーでも大きさの大小や重量の違い、シルエット・カラーの違いで釣れる魚が変わってくるし、それぞれに対応する釣具も存在します。

まずは気軽に「堤防のエサ釣り」から始めてみることをおすすめしますが、それだけ多種多様なので、慣れてきたら色々な釣りに挑戦してみましょう!

 

釣りで出会える魚って?初心者におすすめの対象魚と釣り方

釣り道具を手に入れたら、早速釣り場に遊びにいってみよう!

季節によって様々な魚が釣れ、魚種によって用意すべき道具・餌が異なるため、まずは初心者でも気軽に釣れる魚を紹介します。

さらにこれらの魚に慣れたら、「ロマンのある」大型魚も狙ってみましょう!最初は簡単には釣れませんが、知っておいて損はない「レアな魚」も紹介します!

 

アジ

釣って楽しく、食べて美味しい代表的な魚。夏〜秋の季節には簡単に釣ることが可能。エサ釣りが一般的ですが、ルアーで釣ることもできます。

icon-caret-square-o-right 簡単だけど奥が深い!「アジング」の方法

thumb_IMG_1228_1024 イワシ

ウルメイワシ、マイワシ、カタクチイワシの3種類が釣れます。夏〜秋にかけて誰でも釣れるようになります。初心者におすすめ!

icon-caret-square-o-right 初心者でも簡単に釣れる「サビキ釣り」の方法

サバ

秋口には20cm近くのサイズをたくさん釣ることができ、いい晩御飯になります。小型でも味噌焼きは絶品!秋には50cmを越える大型も!

カサゴ

普段は底や障害物に隠れている魚。通年狙うことができ、なかなか安定した量が漁獲できないので、スーパー等では高級魚として扱われています。

icon-caret-square-o-right 初心者でも簡単に釣れる「穴釣り」の方法

メバル

カサゴと同じような習性を持つが、もっと活発にエサを追って浅場に出てくる。冬〜春によく釣れます。ルアー釣りなら初心者でも数釣りできるし、大型も釣れるのでおすすめ!

icon-caret-square-o-right メバルのルアー釣りの方法と釣り方

キス

初夏〜秋にかけて釣れる魚。砂浜から「ちょい投げ」釣りで気軽に釣ることができる。簡単に数釣りができて天ぷらにすると美味しいため、非常に人気!

icon-caret-square-o-right ファミリーにおすすめの「ちょい投げ釣り」の方法

  カレイ

冬〜春の釣り物が少ない時期に釣れる魚。この魚を追って人生を捧げる釣り人も多く、シーズンになるとベテランが釣り場に並ぶ。

icon-caret-square-o-right 初心者でも釣れる!カレイの「ちょい投げ釣り」の方法

  ハゼ

主に汽水域や砂浜に生息する魚で、夏〜初秋の時期に釣ることができます。気軽に釣れるので、初心者やファミリーにおすすめ!網で捕まえることも可能。

icon-caret-square-o-right ハゼを網で捕まえる方法

アナゴ

絶品のアナゴも、意外と簡単に釣れます!夏〜秋にかけて、夕涼みがてら糸を垂らしながら夜釣りで狙うことができます。竿を使わない「ペットボトル釣法」でも釣れる。

icon-caret-square-o-right アナゴ釣りの仕掛けと釣り方

カワハギ

餌を捕食するのが上手く、なかなか針掛かりしない賢い魚。刺身や鍋で食べると絶品!主に晩夏〜秋にかけて堤防で釣れるようになります。

マダコ

たこ焼きの具として有名なタコも、堤防から釣ることができます!真夏がハイシーズンで、堤防際を専用の「タコジグ」で探ると思いのほか簡単に釣れます。1日で100杯以上釣ってしまう猛者も。

icon-caret-square-o-right マダコ釣りの仕掛けと釣り方

thumb_img_1520_1024 アオリイカ

近年、釣り人に非常に人気のイカで、専用の「エギ」と呼ばれるルアーを使う。秋と春のシーズンに良く釣れ、数釣りのできる秋に行くと初心者でも釣れます。

 

 

大物を狙ってみよう!堤防から釣れる大型魚・レア魚

先ほど紹介した小型魚と比べると、簡単には釣れない大型魚。いずれも引きが強烈で、釣れれば一生の思い出になる魚種ばかりです!

釣り方を工夫する必要はあるものの、自宅近くの小さい堤防でもレアな大型魚が釣れる可能性があります!身近な場所で釣れるレアな魚を紹介していきます。

 

ハマチ・ブリ

青物の王様!40cmクラスでも凄まじい引きで釣り人を魅了してくれます。秋がハイシーズンで、大物用の釣具を揃えれば堤防から80cm超のブリを釣ることも可能!

icon-caret-square-o-right ハマチ・ブリのルアー釣り

スズキ(シーバス)

誰もが認める人気No.1の釣り対象魚、シーバス。通年狙うことができ、シーズンごとに攻略法が変わるゲーム性の高い魚。ルアーで狙う人が圧倒的に多いですが、生き餌を使えば案外簡単に釣れます。

dsc00600 サゴシ・サワラ

初心者でも意外と簡単に釣ることができ、凶悪な面ながら非常に美味。秋によく釣れ、堤防から1m超の大物が釣れることも!歯が鋭いので注意。

タチウオ

初心者でも気軽に狙えることから、瀬戸内海周辺ではめちゃめちゃ人気の対象魚。夏〜秋のシーズンになると、隣の釣り人とぶつかるぐらい人が集まって大変なことになります。(笑)

icon-caret-square-o-right タチウオのルアー釣り・釣り方を徹底解説

ヒラメ

堤防からはなかなか釣ることのできない、レアな高級魚。春・秋とシーズンが分かれており、地域によっては非常に釣りづらい場所もありますが、生き餌で釣れる代表的な魚です!

マゴチ

ヒラメほど有名ではありませんが、同じくフラットフィッシュと呼ばれる魚。夏場がハイシーズンで、底周辺に生息しているので仕掛けを下まで落として狙ってみてください!

 

おわりに

 

というわけで、以上「海釣り入門講座とおすすめの釣魚」について簡単に解説してみました。

 

この時代、特に都市部で自然と接する機会ってそれほどありません。水族館の魚は、あくまで人工的な設備で飼育されているものです。

自然環境と密接に結びついているので、あと100年もすると「釣り」という考え方そのものが無くなっているかもしれません。

筆者は小学生のときに釣りを始め、15年以上釣りをしていますが、心から「釣りができる時代に間に合って、生まれてよかった」と思っています。

 

一度、釣りから離れていた時期もありますし、今度も離れてしまうかもしれません。

でも、例え離れても必ず釣りの世界に戻ってくるという確信があります。それだけ釣りが面白いアクティビティだから。

15年間釣りをしていても、まだまだ魚や釣りのことを知らない、知りたいと思います。今度も数十年かけて取り組んでいくでしょうし、子どもができたときは必ずや一緒に釣りをすることでしょう。

 

「これから釣りをしよう!」と思っている方の参考に少しでもなれば、大変嬉しいなと思います。ぜひ、奥深い釣りの世界にどっぷりハマっちゃって下さい。(笑)

それでは!

スポンサードリンク