【初心者向け】初めての海釣り・堤防釣り入門講座!良く釣れる魚種と釣り方を紹介

 

楽しい海釣り・堤防釣りの世界にようこそ!最近はインターネット・ITの影響で家に引きこもりがちな人が多いですが、少し外に出て釣りをすれば身近な環境で大自然を味わうことができます。

この記事では、「初めての堤防釣りをしてみたい!」「釣りをしたいけど、どんな道具を用意していいかわからない!」という方のために、良く釣れる対象魚や釣り方をまとめてみました。

15年以上釣りを続けてきた管理人がまとめているので、実釣の参考にしてもらえると思います。ぜひ、初めての海釣りの参考にしていただければ幸いです!

 

海釣り・堤防釣りの魅力 | 身近な環境で大自然を味わえる

 

海釣り・堤防釣りの最大の魅力は、なんといっても「身近な環境で大自然を味わえる」これに尽きます!気軽に、人間の「狩猟本能」を掻き立ててくれるアクティビティは他にありません。

予算を抑えれば低コストで楽しめる(最初は5,000円もあればOK)し、釣った魚は基本的に全て美味しく食べられるので、家族を喜ばせてあげることもできます。

しかも、一口に「釣り」といっても対象魚・ポイント・釣り方・道具は様々で、四季によって釣れる魚がどんどん変わっていくので、全く飽きることはありません!

 

 

近くに海があれば、一人でも家族でもサクッと出かけられて思わぬ大物がヒットすることも!マダイ・ブリなどといった高級魚も狙えるので、釣り上げればヒーローになれること間違いなし。

登山・自転車などと違って特別な道具も体力も必要ないので、日頃からスポーツに慣れ親しんでいない人でも始められます。専門知識も全く必要なし!

唯一、「一度ハマったら抜け出せない」のが怖いところではありますが^^; 人生を賭けてやるほど価値のあるアクティビティなので、まずは気軽に挑戦してみてほしいです。

 

初めての堤防釣りに挑戦!始め方と必要な道具について

初めての海釣りで揃えたい専用道具一覧

 

堤防釣りを始めるにあたって、一体どのような釣り道具を揃えればいいのか?もし入門で気軽に試してみる程度であれば、釣具屋さんでセット販売されている釣具を購入すればOK!

基本的には釣りをするために必須の「竿・リール・釣り糸・仕掛け・餌」があれば始められます。他に、魚を持ち帰るクーラーボックス・魚を取り込む玉網などもあれば十分ですね。

必須の専用道具以外は、徐々に釣り道具を揃えていけばOK!まずは釣り専用セットを揃えて、予算に応じて道具を揃えていきましょう。

 

道具名予算感重要度
海釣り用ロッド(竿)1,500円〜10,000円 ★★★★★
海釣り用リール1,500円〜10,000円 ★★★★★
ライン(釣り糸)500円〜1,500円 ★★★★★
専用仕掛け100円〜500円 ★★★★★
疑似餌(ルアー)500円〜1,500円 ★★★★☆
クーラーボックス3,000円〜10,000円 ★★★★☆
プライヤー1,000円〜1,500円 ★★★★☆
水汲み用バッカン500円〜1,500円 ★★★★☆
魚つかみバサミ500円〜1,500円 ★★★☆☆
ライフジャケット3,000円〜15,000円 ★★★★☆
玉網(タモ)3,000円〜15,000円 ★★★☆☆
メジャー100円〜1,500円 ★★★☆☆
魚の臭い対策グッズ1,000円〜3,000円 ★★★☆☆

 

▼海釣りに必要な釣具・便利な道具は、下記の記事で紹介しています。

海釣りに必要な道具とは?最初に揃えたい釣り道具・あると便利な小物を紹介します。

2017.11.12

 

初心者でも簡単に魚が釣れる釣り方とは?特におすすめの手法を介

海釣り・堤防釣りは対象魚によって様々な釣り方があり、それぞれ必要な釣具・仕掛け・餌が大きく異なります!複数の魚を狙う場合、いくつも釣り道具を揃えることもあります。

ただ初心者のうちはなかなか釣り方がわからないことだし、最初から色々な釣り道具を揃えるのは現実的ではありません。

そこで!初心者の方でも気軽に挑戦でき、様々な魚が釣れるおすすめの釣法をまとめてみました!まずは下記の釣り方から始めてみましょう!

 

初心者でも簡単に小魚が釣れる「サビキ釣り」

 

初心者でも確実かつ様々な魚種を釣りたいなら、海釣り経験者なら誰でもやったことがある「サビキ釣り」が最もおすすめ!

専用の「アミエビ」と呼ばれる餌を撒き餌にして小魚を寄せ、専用の疑似餌(ぎじえ)仕掛けで釣り上げます。定番のアジ・イワシを中心にあらゆる魚を釣り上げることが可能!

他の釣り方と違って撒き餌を使用するので、魚が少ない状況でも遠くから寄せることができます。専用仕掛けにはたくさん針が付いているので、一度に何匹も釣り上げられることも。

夏〜秋の時期にサビキ釣りを数時間やれば、小魚が数百匹釣れて十分なオカズになります!逆に処理に困ってしまうぐらい釣れるので、堤防釣り入門にはうってつけ。

他の釣りをする場合でも、サビキ釣り用のセットを用意すれば全く魚が釣れない「ボウズ」状態を避けることができます。

 

▼サビキ釣りの詳しい仕掛け・釣り方解説はこちら!

堤防釣り初心者のための「サビキ釣り」入門マニュアル!【仕掛けと釣具解説まとめ】

2017.01.15

 

堤防からあらゆる魚がヒットする「ちょい投げ釣り」

dsc01344

 

堤防やちょっとした砂浜から仕掛けを投げて、底を住み家にするキス・カレイを中心に様々な魚を狙える「ちょい投げ釣り」も堤防釣り入門にはうってうけ!

サビキ釣りと違ってあまり竿を動かさず、魚がヒットするまで「ゆっくり待つ」のでまったり釣りを楽しめます。餌の種類も違うので、ヒットする魚種も微妙に変わってきます。

他にも、専用仕掛けで上手くポイントを狙えばスズキ・マダイ・アナゴなど大物を釣り上げることもできるので、大物・高級魚狙いにも最適です!

 

▼ちょい投げ釣りの詳しい仕掛け・釣り方解説はこちら!

【堤防釣り】初心者でも簡単に釣れる「ちょい投げ釣り」の方法と必要な釣具解説

2016.05.27

 

ゲーム性が高く高級魚・大物も狙える「ルアー釣り」

 

海釣り用の餌を使って魚を狙うのが一般的な釣法ですが、餌に似せた疑似餌で魚を釣り上げる「ルアー釣り」は非常にゲーム性が高く、一度挑戦すると思わずハマってしまいます!

エサ釣りと違って軽量なルアーも多く、専用の釣り道具は必要になるものの自分でルアーを操作して魚を釣り上げるので、全く違ったゲーム性や「自分で釣った!」という達成感を味わうことができます。

小魚から1mを超える大物まで様々な魚種を身近な堤防から狙うことができるのも面白いところで、難易度は高いものの海釣りの面白さをさらに味わえるので、ぜひ挑戦してみてほしいです。

 

icon-arrow-circle-right 堤防から狙うルアー釣りの基礎知識・はじめ方はこちら

 

堤防釣りで良くヒットする魚とは?対象魚とおすすめの釣り方一覧

堤防では、季節によって様々な魚が釣れます!この対象魚によって用意すべき道具・餌やポイントも全て変わってくるんですよね。

自分で釣りたい!と思う魚種を探しつつ、それぞれに対応した釣り方を掲載してみたので、詳しい釣り方はそちらを参照してみてください。

さらにこれらの魚に慣れたら、「ロマンのある」大型魚も狙ってみましょう!最初は簡単には釣れませんが、知っておいて損はない「レアな魚」も紹介します!

 

堤防で気軽に狙える小物・人気魚一覧

アジ

釣って楽しく、食べて美味しい代表的な魚。夏〜秋の季節には簡単に釣ることが可能。エサ釣りが一般的ですが、ルアーで釣ることもできます。

icon-caret-square-o-right 簡単だけど奥が深い!「アジング」の方法

thumb_IMG_1228_1024 イワシ

ウルメイワシ、マイワシ、カタクチイワシの3種類が釣れます。夏〜秋にかけて誰でも釣れるようになります。初心者におすすめ!

icon-caret-square-o-right 初心者でも簡単に釣れる「サビキ釣り」の方法

サバ

秋口には20cm近くのサイズをたくさん釣ることができ、いい晩御飯になります。小型でも味噌焼きは絶品!秋には50cmを越える大型も!

カサゴ

普段は底や障害物に隠れている魚。通年狙うことができ、なかなか安定した量が漁獲できないので、スーパー等では高級魚として扱われています。

icon-caret-square-o-right 初心者でも簡単に釣れる「穴釣り」の方法

メバル

カサゴと同じような習性を持つが、もっと活発にエサを追って浅場に出てくる。冬〜春によく釣れます。ルアー釣りなら初心者でも数釣りできるし、大型も釣れるのでおすすめ!

icon-caret-square-o-right メバルのルアー釣りの方法と釣り方

キス

初夏〜秋にかけて釣れる魚。砂浜から「ちょい投げ」釣りで気軽に釣ることができる。簡単に数釣りができて天ぷらにすると美味しいため、非常に人気!

icon-caret-square-o-right ファミリーにおすすめの「ちょい投げ釣り」の方法

  カレイ

冬〜春の釣り物が少ない時期に釣れる魚。この魚を追って人生を捧げる釣り人も多く、シーズンになるとベテランが釣り場に並ぶ。

icon-caret-square-o-right 初心者でも釣れる!カレイの「ちょい投げ釣り」の方法

  ハゼ

主に汽水域や砂浜に生息する魚で、夏〜初秋の時期に釣ることができます。気軽に釣れるので、初心者やファミリーにおすすめ!網で捕まえることも可能。

icon-caret-square-o-right ハゼを網で捕まえる方法

アナゴ

絶品のアナゴも、意外と簡単に釣れます!夏〜秋にかけて、夕涼みがてら糸を垂らしながら夜釣りで狙うことができます。竿を使わない「ペットボトル釣法」でも釣れる。

icon-caret-square-o-right アナゴ釣りの仕掛けと釣り方

カワハギ

餌を捕食するのが上手く、なかなか針掛かりしない賢い魚。刺身や鍋で食べると絶品!主に晩夏〜秋にかけて堤防で釣れるようになります。

マダコ

たこ焼きの具として有名なタコも、堤防から釣ることができます!真夏がハイシーズンで、堤防際を専用の「タコジグ」で探ると思いのほか簡単に釣れます。1日で100杯以上釣ってしまう猛者も。

icon-caret-square-o-right マダコ釣りの仕掛けと釣り方

thumb_img_1520_1024 アオリイカ

近年、釣り人に非常に人気のイカで、専用の「エギ」と呼ばれるルアーを使う。秋と春のシーズンに良く釣れ、数釣りのできる秋に行くと初心者でも釣れます。

 

大物を狙ってみよう!堤防から釣れる大型魚・レア魚

先ほど紹介した小型魚と比べると、簡単には釣れない大型魚。いずれも引きが強烈で、釣れれば一生の思い出になる魚種ばかりです!

釣り方を工夫する必要はあるものの、自宅近くの小さい堤防でもレアな大型魚が釣れる可能性があります!身近な場所で釣れるレアな魚を紹介していきます。

 

ハマチ・ブリ

青物の王様!40cmクラスでも凄まじい引きで釣り人を魅了してくれます。秋がハイシーズンで、大物用の釣具を揃えれば堤防から80cm超のブリを釣ることも可能!

icon-caret-square-o-right ハマチ・ブリのルアー釣り

スズキ(シーバス)

誰もが認める人気No.1の釣り対象魚、シーバス。通年狙うことができ、シーズンごとに攻略法が変わるゲーム性の高い魚。ルアーで狙う人が圧倒的に多いですが、生き餌を使えば案外簡単に釣れます。

dsc00600 サゴシ・サワラ

初心者でも意外と簡単に釣ることができ、凶悪な面ながら非常に美味。秋によく釣れ、堤防から1m超の大物が釣れることも!歯が鋭いので注意。

タチウオ

初心者でも気軽に狙えることから、瀬戸内海周辺ではめちゃめちゃ人気の対象魚。夏〜秋のシーズンになると、隣の釣り人とぶつかるぐらい人が集まって大変なことになります。(笑)

icon-caret-square-o-right タチウオのルアー釣り・釣り方を徹底解説

ヒラメ

堤防からはなかなか釣ることのできない、レアな高級魚。春・秋とシーズンが分かれており、地域によっては非常に釣りづらい場所もありますが、生き餌で釣れる代表的な魚です!

マゴチ

ヒラメほど有名ではありませんが、同じくフラットフィッシュと呼ばれる魚。夏場がハイシーズンで、底周辺に生息しているので仕掛けを下まで落として狙ってみてください!

 

おわりに:早速、釣具を揃えて堤防に出かけよう!

 

というわけで、以上「海釣り入門講座とおすすめの釣魚」について解説してみました!

今の時代、特に都市部で自然と接する機会ってそれほど多くありません。水族館の魚は、あくまで人工的な設備で飼育されているものです。

自然環境と密接に結びついているので、あと100年もすると「釣り」という考え方そのものが無くなっているかもしれません。

筆者は小学生のときに釣りを始め、15年以上釣りをしていますが、心から「釣りができる時代に間に合って、生まれてよかった」と思っています。

15年間釣りをしていても、まだまだ魚や釣りのことを知らない、知りたいと思います。今度も数十年かけて取り組んでいくでしょうし、子どもができたときは必ずや一緒に釣りをすることでしょう。

「これから釣りをしよう!」と思っている方の参考に少しでもなれば、大変嬉しいなと思います。ぜひ、奥深い釣りの世界にどっぷりハマっちゃって下さい。(笑)

 

▼季節ごとに狙える対象魚と釣り方はこちら!(姉妹サイト)