アイナメ(アブラコ)をルアーで攻略する方法とは?釣り方・時期・攻略法解説

 

主に北海道や東北で釣りする人にとって、アブラコ(アイナメ)は定番中の定番の魚ですよね!

首振りとも言われる、そのファイトはとても強力で、バイトしてから海面に顔を出すまで首を激しく振り抵抗することから、大型のサイズを釣り上げるのは簡単ではありません。

しかし、時期を選べば「黄金色の大型アブラコ」など一部アングラーから憧れの対象になっている個体を釣ることも可能で、ゲーム性が高く最近では釣り人の数も増えてきています。

今回は、そんな「アブラコ(アイナメ)」釣りに最適な時期、ルアー釣り攻略法を解説していきたいと思います!

 

 

アブラコ(アイナメ)の特徴について

 

アブラコは主に本州では「アイナメ」とも呼ばれ、北海道や東北を中心に全国に生息するロックフィッシュの代名詞とも言える魚です。

全国的に生息している魚ですが、「ポン」と呼ばれる40センチを超える大型は北海道や東北以外ではなかなか狙えません。

本州でも釣ることはできますが、滅多に大型は釣れないので北海道・東北で狙うロックフィッシュアングラーがほとんど。

基本的にはカニやエビなどの甲殻類を捕食しており、海底や障害物などに潜んでいますが、活性が高くなる夏場には小魚などを追いかけて捕食します。シーズンに合わせたルアーの選び方が釣果アップの鍵となるわけです。

 

脂身が多く、ホッケと似ている魚のため食用としても人気で、ロックフィッシュだけではなく「ブラー」などを使った餌釣りや投げ釣りのターゲットとしても人気。

サイズは20から60センチまでと非常に幅広く、漁港や防波堤などでは20から40センチ前後が多く、50センチクラスで良型と言われています。

磯や沖防波堤などではアベレージサイズで40センチ前後のものが狙え、大型になると50センチ後半のランカーサイズを狙えます。

 

 

アブラコの釣れる時期は?

 

アブラコはポイントを選べば1年中狙える魚と言われていますが、大型や数釣りを楽しむためには

  • 活性が高くなる春から初夏
  • 産卵のために大型が岸寄りする秋

が狙い目です。

 

5から7月は冬に下がっていた海水温が上昇し、ベイトとなる甲殻類や小魚の活性があがります。それに合わせるようにアブラコの活性もあがり、ルアーや餌に対しての反応も高まります。

この時期のアブラコは状況によっては表層近くまでワームを追いかけて来るため、ルアーをピックアップする際も最後まで気が抜けません。

アブラコが好んで捕食する甲殻類系のワームはもちろん、小魚を模したシャッド系ワームのスイミングでもこの時期のアブラコは狙えます。

 

しかし海水温が上がりすぎると「夏枯れ」と呼ばれる状態になり、活性が低くなってしまいます。暖かいシーズンにアブラコを狙うためには夏枯れ前の朝まづめ、夕まづめがおすすめです。

夏枯れが終わり、気温が下がる秋のシーズンが到来すると、アブラコは産卵期に入ります。抱卵した大型のメスと婚姻色に染まった金色のオスを狙える秋のハイシーズンの到来です。

産卵期に入ったアブラコは神経質になるため、春のハイシーズンほどベイトを追いかけませんが、自らのテリトリーに入った物を威嚇してバイトしてくることもあるため、リアクションバイトを狙ったアクションも効果的です。

 

数釣りは春に比べると難しい傾向ですが、50アップのサイズを狙える数少ないチャンスです。

特に婚姻色に染まった金色のアブラコの魚体はロックフィッシュアングラーの憧れともされており、熟練のアングラーしか釣り上げられない価値ある一匹です。

 

アブラコを狙えるポイントは?

アブラコは海底や障害物などの変化に富んだフィールドを好みます。

  • 根魚が潜む代名詞とも呼ばれる漁港や防波堤際の海藻類
  • テトラポットや海底にある穴
  • 岩と海藻類がひしめきあう磯場

いずれも変化があるポイントです。

 

もちろんこれらが全てではなく、砂地などでも大型のアブラコが釣れるケースはありますが、その場合も海底の穴に潜んでいることが多いです。

アブラコを狙う際に、根掛かりを極力回避するテキサスリグを使用し、パワーの強いベイトタックルを使うアングラーが多いのもこれらの障害物周りで激しいファイトになるためです。

 

アブラコを攻略する方法

 

アブラコのバイトを誘うために最も大切なことは、上下の動きを意識させることです。

アブラコはルアーを激しく追いかける魚ではないため、早巻きやスイミングなどの巻きの釣りが釣果に繋がる可能性は低いです。

逆に上から落ちてくる餌やルアーには積極的に反応を示すため、基本的なアクションはリフトアンドフォールと呼ばれる、海底に落としたワームを上下させるものになります。

 

動きの幅はシーズンや活性によっても異なりますが、基本的には活性が高い時は激しいアクションを心がけ、活性が低い時は小さなアクションが効果的です。

状況によっては着底させた甲殻系ワームを海底にステイさせて、小さく細かいワームの動きでアピールするアクションが釣果に繋がることもあるため、活性が低い際はワームのナチュラルな動きを活かすのも良いですね。

 

アブラコに最適とされている甲殻系ワームは3から5インチの比較的大きなサイズが多いです。

大型のサイズを狙えるハイシーズンや磯などのフィールドではこれらも効果的ですが、食いが渋い時期には2インチ以下の小さいワームを使うと思わぬ釣果に繋がることもあります。

小さいサイズのワームであっても50アップがヒットすることもあるため、侮れません。

 

アブラコに最適なタックル構成

 

ロックフィッシュ用のロッドは他の魚種に比べるとパワーの強いロッドが多いですが、アブラコはロックフィッシュの中でもトップクラスのサイズと引きを誇ります。

そのため専用ロッドの中でもパワーの強いモデルを使用することをおすすめします。

 

フィールドによって推奨する長さやパワーは異なりますが、スピニングタックルの場合だと、

  • 防波堤や漁港などでは7f以上でMクラスのパワーを持つロッド
  • 磯などでは8以上でMHクラスのパワーを持つロッド

が最適です。

 

リールは2500番台でフロロカーボンの6lb以上、PEの場合は0.8号以上、それぞれ100m巻けるスプール形がおすすめです。

また、磯や沖堤で大型のサイズを狙う際はベイトタックルも効果的。

ベイトリールの場合はクラッチを切ることで簡単にフリーフォールをさせられるため、上下のアクションが必要なアブラコを狙うには最適です。

主にハイギアのベイトリールが使われる場合が多くスプールの深さは10から16ポンド前後のフロロカーボンラインが100m以上巻けるものが良いでしょう。

 

ベイトロッドはスピニングタックルと同様、フィールドによって長さやパワーが異なりますが

  • 漁港や防波堤などでは7f前後のMHモデル
  • 磯などでは8f以上のHモデル

が定番です。

 

ベイトタックルの場合スピニングタックルに比べると重たいシンカーを使えるため、海藻類の下へ着実にワームを落とせるため、よりアブラコの潜むポイントを確実に探ることができます。

ワームは先述した通り、2から5インチまでの甲殻系のワームが最もポピュラー。カラーはアブラコが好むと言われる赤系、よりベイトに似せたナチュラル系がおすすめです。

リグはタックルやルアーに合わせて10から20gのブラスやタングステンなどの高比重の素材が使用されているテキサスリグが最適です。

ハイシーズンには10g前後のジグヘッドと4インチ前後のシャッド系ワームを使ったスイミングで思わぬ大物を引き出せる可能性があります。ぜひ試してみてください。

 

おわりに

というわけで、以上「アブラコのルアー釣り攻略法」について解説してみました!

特にハイシーズンには大型が釣れることも多く、上手く釣り方を覚えれば初心者でも釣ることができるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

それでは!

スポンサードリンク