【ライトショアジギング入門】初心者でも青物が釣れる!タックル選びから釣り方まで徹底解説

 

ライトショアジギングという釣りを知っていますか?

30g程度のメタルジグを堤防から投げる釣りで、軽量タックルで気軽に青物が狙えるため人気沸騰中!各地で青物を狙う釣り人が爆発的に増えています。

今回は、「これからこの釣りをはじめたい!」という人のため、

  1. この釣りで狙える魚種やベストシーズン
  2. ライトショアジギングで必要なタックル(釣り道具)
  3. 青物がよく釣れるポイント・釣り場の探し方
  4. ルアーアクションの基本や青物爆釣のコツ!

という点をまとめました。これまで青物を釣ったことがなかったのですが、このテクニックを使って100匹以上の青物を釣り上げることに成功!ぜひ初心者の方は参考にしてください。

 

ライトショアジギングの基礎知識|どんな釣り方?

 

ライトショアジギングは、青物を中心に堤防からメタルジグを遠投して様々な魚を狙う釣法。場所とタイミングを見極めれば1m超の大型青物まで狙えます!

手持ちのタックルでも気軽に挑戦でき、初心者でも簡単に青物を釣り上げることができます。これほど気軽に挑戦できて、ロマンに溢れる釣りは他にありません!

昔から100g以上のジグをぶん投げて大型青物を狙う「ショアジギング」が主流ですが、ライトショアジギングは扱う釣具を軽量(ライト)にしているため、初心者でも気軽に始められます。

  1. スーパーライトショアジギング・・・〜20gのジグで超小型青物を狙う
  2. ライトショアジギング・・・〜50gのジグで小型〜中型青物を狙う
  3. ショアジギング・・・〜120gのジグで大型青物を狙う

(※)それぞれの釣法の詳しい解説はリンク先から見ることができます!

ショアジギングは扱うタックルもゴツく、1kg以上のタックルを1日中振り回すので非常に疲れます。専用タックルも必要で、最低でも10万円はかかります。

その点、ライトショアジギングなら1〜3万円もあれば釣具を揃えられるし、釣具が軽量なので1日釣りをしても疲れにくいです。まさに釣り初心者にはうってつけ!なわけですね。

 

ライトショアジギングで狙える魚種と最適なシーズン

 

ライトショアジギングのメインターゲットは「ツバス・シオ(ブリ・カンパチの幼魚)」ですが、他にサバ・タチウオ・サゴシ・ヒラメ・マゴチ・ソーダガツオなども釣れます。

魚を取り込むための「玉網」など、万全の準備を整えておけば80cm超のブリ・ヒラマサ、100cm超のサワラ・シイラなど巨大魚も釣れてしまいます・・・!

青物は回遊魚なので、堤防近くに接岸しなければ釣り上げることができせん。ハイシーズンは夏〜秋なので、ぜひこの季節には釣りにいってみましょう!

 

これだけ揃えよう!ライトショアジギングタックルの選び方

 

次に、「ライトショアジギング」で必要なタックルを紹介していきます!入門にあたっては、画像のものを用意すればすぐに釣りを始めることができます!

基本的には、〜40g程度のメタルジグを扱える釣具であればなんでも大丈夫。その他、快適に釣りができるタックルの選び方についても解説していきます。

 

ロッドの選び方とおすすめ製品:万能的に使える竿を選ぶ

  1. 竿の長さは9フィート〜10フィート
  2. メタルジグの20g〜40g程度をフルキャストできる
  3. 長時間釣りを続けられるだけの軽量性・パワー
  4. PEライン対応

 

ライトショアジギングに必要なロッドの条件ですが、「30gのメタルジグをフルキャストできること」が最低条件。釣果をたくさんあげたいなら、「軽量性」も重要になります。

突き詰めると青物は「どれだけルアーを投げ続けられるか」で釣果が決まってくるため、「確実にルアーを遠投できる」こと、「ロッドの軽量性」が一番大事なんです。

専用ロッドも発売されており、少し重め(40g〜)のルアーでも扱いやすくなっています。しかしこれまでの経験から言うと「汎用性」「軽量性」を重視した硬めのシーバスロッドが最もおすすめ!

専用ロッドは200g〜250g程度の竿が多いです。一方シーバスロッドは軽量なものが多く、自身が使っている竿は155gとかなり軽量。この重さが、後々釣果に大きく響いてきます。

 

 

初心者には、安価ながら性能の高いシーバスロッドソルティーアドバンスicon-external-linkが最適!1万円以下で十分な性能を備えています。

自身が購入したDAIWA ラテオ96M・Qicon-external-linkは2万円以内で購入できるロッドながら、軽量性・遠投性・パワー性能がいずれも高くコストパフォーマンス抜群なのでおすすめ!

▼本当に使えるライトショアジギング用ロッドについては、「【最強】ライトショアジギングで選ぶべきロッドは?本当に使えるランキングまとめ」でも解説しています!

【最強】ライトショアジギングで選ぶべきロッドは?本当に使えるおすすめランキング

2018.07.13

 

リール選びとおすすめ製品:最低限の剛性と軽量性が重要

  1. リール番手はダイワで2500番〜4000番・シマノなら3000番以上
  2. PEライン1.5号を最低150m以上巻けるもの
  3. 疲労しないようできるだけ軽量なもの
  4. ある程度激しいアクションにも耐えられる剛性

 

ライトショアジギングでは「ロッド選び」が最も重要なので、リールはそれほどこだわる必要はありません。青物を掛けて壊れない耐久性があるリールなら、なんでも使えます。

リール番手は3000番前後が最適で、大型青物がヒットして糸を持っていかれることもあるため「PEラインの1.5号を最低150m以上巻ける」という条件を満たしていればOKです。

常にメタルジグを高速で動かすので、ハンドル一回転あたりの巻取り量が多いHG(ハイギア)モデルを選ぶと快適に釣りをすることができます。

 

 

シマノ ナスキーicon-external-linkは実売価格1万円以下で購入できて、性能が高い優秀な入門モデル!初心者はこのリールを使っていることが多いです。

ダイワ EM MSicon-external-linkは実際に購入して使っていますが、3000番で自重250gとこのクラスにしては非常に軽量で疲れないので気に入っています!

▼ライトショアジギングで使える便利なリールは「【2018年版】ライトショアジギングで必要なリールの選び方とおすすめランキング」でも解説しています。

【2018年版】ライトショアジギングで必要なリールの選び方とおすすめランキング

2018.07.13

 

巨大青物にも対抗できるラインシステム

  1. メインライン:PE1〜1.5号
  2. リーダー:フロロカーボン5〜6号を2m程度

 

この釣りでは〜40gのメタルジグを何度も投げ倒すことになるのと、不意に80cm〜1mクラスの巨大青物が釣れることもあるので、できるだけ強度のあるラインが不可欠です。

初心者ほど「ラインの強度が足りなくて逃げられた!結束が甘くて切れた!」と悔しい思いをすることが多いので、「ラインの選び方」も重要!

PE1〜1.5号を150m、PEラインは擦れに弱いので、リーダーとして5〜6号を2m程度巻いておけば問題ありません。同じ太さでも、できるだけ強度の高いラインを選びましょう。

 

▼ライン選びの詳細については「ライトショアジギングに最適なラインシステムとは?PE・リーダーのおすすめラインを解説!」をチェックしてみてください。

ライトショアジギングに最適なラインシステムとは?PE・リーダーのおすすめラインを解説!

2018.08.07

 

おすすめのルアー(メタルジグ)の選び方:飛距離を伸ばせるルアーを!

 

ライトショアジギングに使うメタルジグですが、製品によってアクションの違いはあるものの、釣果にあまり影響を及ぼしません。ぶっちゃけ、100均のジグでも釣れます。(笑)

何よりも「遠投性能」が重要となるので、できるだけかっ飛ばせるジグを購入すると釣果を伸ばすことができます。(120m超飛ばせるものも)

種類がいっぱいあって何を買えばいいか迷うんですが、初心者におすすめなのは「ジグパラicon-external-link」という安価なルアー!600円程度で購入できるので、入門用には一番ピッタリです!

 

▼青物が良く釣れるメタルジグについては「よく飛ぶ!釣れる!ライトショアジギングにおすすめのメタルジグを徹底比較」で解説しています。

【ショアジギング】良く飛ぶ!釣れる!メタルジグの選び方とおすすめ製品まとめ

2018.08.16

 

ライトショアジギングで便利に使えるグッズ:色々あります!

画像1 画像2

 

下記のそれぞれのページでは、ライトショアジギングをするにあたって便利なアイテム・グッズを紹介しています!

大型魚を取り込むために必要な玉網 icon-external-link 新鮮に持ち帰るためのクーラーボックス icon-external-link は必須で、その他ルアーの飛距離を伸ばすためのグッズ、小物類を収納するケースなども紹介しています。

 

【次のページ:ライトショアジギングの基本的な釣り方解説】

※次ページでは、基本的な青物の釣り方から釣果を爆発させる裏技まで解説しています!ぜひ、釣果アップを目指す方はチェックしてみてください。