ライトショアジギング入門!初心者のためのタックル・釣り方徹底解説

 

ライトショアジギング」という釣りを知っていますか?

30g程度のメタルジグを堤防から投げる釣りで、軽量タックルで気軽に青物が狙えるため人気沸騰中なんですよ!

小型青物はもちろんのこと、場所とタイミングを見極めれば1m超の青物も狙えます。漢のロマンに溢れる釣りなんです。

昨年に始めたんですが、初心者でも今まで釣ったことのなかった青物を数々釣り上げることができて、めちゃめちゃ楽しい!完全にハマッちまいました。

今回は、これからこの釣りをはじめたい!という人のため、「ライトショアジギングのタックルの選び方から青物を釣る具体的なノウハウ」まで全てまとめていきます。

 

ライトショアジギングの基礎知識

ライトショアジギングとは?

 

ライトショアジギングは主に堤防からメタルジグを遠投して、青物を中心に様々な魚を釣る方法。

手持ちのタックルでも気軽に小型・中型青物を狙うことができ、他にも根魚など高級魚を身近な堤防から簡単に狙うことができます!

これほど気軽に挑戦できて、ロマンのある釣りは他にありません。それほど高い道具を買わなくても気軽に始められるので、ぜひ初めてみてください。

 

 

この釣りの派生系である「ショアジギング」では、100g超のメタルジグを使って重いタックルを1日中振り回すことになります。

初心者が挑戦するとかなり疲れますし、専用タックルを揃えなければ釣りにならないため、予算も必要になります。ライトショアジギングはそういったわずらわしさがないので、気軽に挑戦可能です!

ただし、本格的なショアジギングでは1m超の巨大青物も普通に狙えるようになるので、非常にロマンのある釣りを楽しめます。興味があれば、ぜひ挑戦してみてください!

 

 icon-arrow-circle-right 本格的に青物を狙う!「ショアジギング」の基礎知識と攻略法はこちら

 

この釣りで狙える魚種

 

ツバス・シオ(ブリ・カンパチの幼魚)を中心に狙うことが多いですが、対象魚は幅広くカマス・サバ・アジ・タチウオ・サゴシ・ヒラメ・マゴチ・ソーダガツオなどが釣れます。

タイミングを合わせ、万全の準備を整えておけば80cm超のブリ・ヒラマサ、100cm超のサワラ・シイラなど巨大魚も釣れてしまいます・・・!

幅広い魚種を狙えるのが、ライトショアジギング最大の楽しみといっても過言ではないです。

 

これだけ揃えよう!ライトショアジギングタックルの選び方

 

まず最初に、ライトショアジギングを始めるにあたって必要な道具について解説しています。

入門にあたっては、画像のものを用意すればすぐに釣りを始めることができます!

基本的には、〜40g程度のメタルジグを扱えるタックルであればなんでも大丈夫。その他、快適に釣りができるタックルの選び方についても解説していきます。

 

ロッドの選び方とおすすめ製品

 

【ライトショアジギング用ロッドに求められる性能】

  1. 竿の長さは9フィート〜10フィート
  2. メタルジグの20g〜40g程度をフルキャストできる
  3. 長時間釣りを続けられるだけの軽量性・パワー
  4. PEライン対応

 

ライトショアジギングに必要なロッドの条件ですが、「30gのメタルジグをフルキャストできること」が最低条件となります。

基本はルアー重量が~50g程度まで、長さは9フィート~10フィートあればどんな竿でも使えます。

この釣りは飛距離が釣果に直結するので、使用するメタルジグをフルキャストできる方がいいんですね。初心者でも、投げ方を覚えれば100m以上飛ばすことができます。

 

 

他の釣りで必要な「感度」は、この釣りには全く必要なし!ルアーアクションをしていれば否が応でもアタリはわかります。

それよりも、突き詰めると青物は「どれだけルアーを投げ続けられるか」で大型のブリを釣れるかが決まってくるため、「ロッドの軽量性」が一番大事なんです。

最近では専用のロッドも発売されていて、少し重め(40g〜)のルアーが扱いやすいように作られています。

 

最初の一本はどんなロッドを選べばいいのか?

専用ロッドも魅力的ですが、これまでの経験から言わせてもらうと「汎用性」「軽量性」を重視した硬めのシーバスロッドが最もおすすめですね!

(※)専用ロッドは200g〜250g程度の竿が多いです。一方シーバスロッドは軽量なものが多く、自身が使っている竿は155gとかなり軽量。この重さが、後々釣果に大きく響いてきます。

 

ライトショアジギングのおすすめロッド!

 

初心者には、安価ながら性能の高いシーバスロッドソルティーアドバンスicon-external-linkが最適。1万円以下で十分な性能を備えています。

自身が購入したDAIWA ラテオ96M・Qicon-external-link」は2万円以内で購入できるロッドながら、軽量性・遠投性・パワー性能がいずれも高くコストパフォーマンス抜群なのでおすすめ!

大物を中心に狙いたい場合は、Abu Garcia SALTY STAGE KR-Xを買っておくと重めのジグまで投げることができます。本格的に青物デビューしたい方はどうぞ!

 

icon-arrow-circle-right ライトショアジギングの詳しいロッド選びの解説記事はこちら

 

ライトショアジギングに最適なリール選び

 

【ライトショアジギング用リールに求められる性能】

  1. ダイワで2500番〜4000番・シマノなら3000番以上
  2. 疲労しないようできるだけ軽量なもの
  3. ある程度激しいアクションにも耐えられる最低限の剛性

 

次にライトショアジギングに最適なリール選びですが、ロッド選択ほどこだわる必要はありません。

青物狙いの場合はメタルジグを高速でアクションさせるため、ライン巻取り量の多いHG(ハイギア)モデルを選ぶことが重要です。

「最低限の耐久性を備えつつ、釣りを長く続けられる軽量性・ロッドとバランスの良いモデル」を購入することが大事。

最初の一台を選ぶなら、3000番前後の大きさでHGモデル、PEライン1.5号を最低150m以上巻けるものであれば十分釣りができます!

 

 

シマノ ナスキーicon-external-linkは実売価格1万円以下で購入できて、性能が高い優秀な入門モデル。

ダイワ EM MSicon-external-linkは実際に購入して使っていますが、3000番で自重250gとこのクラスにしては非常に軽量で疲れないので気に入っています!

ステップアップしてショアジギング用のロッドを買うなら、やはりAbu Garcia REVO PRM一択でしょう。専用ロッドとの相性抜群!

 

icon-arrow-circle-right 自身が使用している「EMMS」のレビュー・インプレはこちら

 

巨大青物も安心のラインシステム

 

この釣りは〜40gのメタルジグを投げ倒すことになるのと、80cm〜1mクラスの巨大青物が釣れることもあるので、できるだけ強度のあるラインが不可欠となります。

人によってはラインの結束が甘くてバラした・・・など悔しい思いをしている人もいるので、ロッド選びと同じぐらい「ラインの選び方」も重要になってきます!

青物を狙うにあたっては、下記のライン構成がおすすめです。

 

  • メインライン:PE1〜1.5号
  • リーダー:フロロカーボン5〜6号を2m程度

 

▼ラインの選び方と最適なラインシステムについては、下記で解説しています!

ライトショアジギングに最適なラインシステムとは?PE・リーダーのおすすめラインを解説!

2017.02.08

 

おすすめのルアー(メタルジグ)の選び方

 

ライトショアジギングに使うメタルジグですが、製品によってアクションの違いはあるものの釣果にあまり影響を及ぼしません。ぶっちゃけ、100均のジグでも釣れます。(笑)

何よりも「遠投性能」が重要となるので、できるだけかっ飛ばせるジグを購入すると釣果を伸ばすことができます。(120m超飛ばせるものも)

種類がいっぱいあって何を買えばいいか迷うんですが、初心者におすすめなのは「ジグパラicon-external-link」という安価なルアー。

600円程度で購入できて、最初からフックも付いているので箱から出してすぐに使うことが可能!入門用には一番ピッタリなメタルジグです。

 

▼青物がよく釣れるメタルジグ・ルアーについては、下記の記事で解説しています。

よく飛ぶ!釣れる!ライトショアジギングにおすすめのメタルジグを徹底比較

2016.11.06

 

その他、必要になるアイテム

玉網

 

ライトショアジギングはときに大物が釣れることもあるので、確実に魚を取り込める「玉網」が必須となります!

普通の玉網だと大物が釣れてもなかなか取り込めず苦労するんですが、自分が使っている「ヘキサネットicon-external-link」というタモ枠は写真のような大型魚(76cmのサワラ)もスルッと取り込めます!

安いものだとセットで1万円程度で購入できるし、すでに手元にあるならそのまま流用するのもOK。必ず釣り場には持っていくようにしましょう!

 

icon-arrow-circle-right 玉網の選び方・おすすめ製品まとめ

 

クーラーボックスorバッグ

 

青物は釣ったそばから鮮度が落ちていくので、クーラーボックスが必須。

40cm程度の小型青物なら一般的なものでOKですが、70cm以上の魚を狙うなら大型のものが必要になります。

釣り専用のクーラーは高いものの、保冷力が高くて1日外にいても氷が溶けません!ただ最初はハードルが高いので、発泡のものでも大丈夫。

 

icon-arrow-circle-right 青物用のクーラーボックスの選び方・おすすめ製品まとめ

 

釣りを快適にする便利アイテム・ギア

 

他にも、釣りを快適にする便利グッズ・アイテムなども実際に購入して使用しています。ぜひ、参考にしてみてください!

 

icon-arrow-circle-right ライトショアジギング用の便利グッズ・アイテムまとめ

 

【次のページ:ライトショアジギングの基本的な釣り方解説】