ライトショアジギングで釣れる魚種は?よく釣れる15種の解説と釣り方紹介

 

堤防から気軽にメタルジグを投げて、初心者でも青物をゲットできる「ライトショアジギング(LSJ)」。

ガチンコタックルで大型青物を狙う”ショアジギング”に比べて手軽なタックルで挑めて、場所を選べば80cm超の青物を釣り上げることも可能!とあって、最近始める釣り人が増えています。

手軽に青物を釣れるほか、様々な魚種が狙えるというメリットもあります!ルアーとして使う「メタルジグ」が極めて優秀なので、釣りをする時期・泳がせる層などを変えることで様々な魚を釣り上げることができます。

今回は、そんな「ライトショアジギングで釣れる様々な魚種」について、解説していきたいと思います!

 

 

青物・回遊魚類

ライトショアジギングのメインターゲットとなる「青物・回遊魚類」。

一口に青物といっても様々な魚種がおり、あまりに大型すぎる魚種でなければ一通り釣り上げることができます!ここでは、LSJで狙える青物の魚種を紹介していきます。

 

ハマチ・ブリ

thumb_img_1575_1024

 

これぞライトショアジギングの王道魚種!

ひとたび回遊が始まれば、多くの釣り人がライトショアジギング用タックルを担いでずらっと堤防に並びます。

春〜秋に釣れる魚ですが、夏場には40cm程度のハマチサイズが大量に上がり、晩秋には数こそ少ないものの1m近いサイズを釣り上げることができます。

季節外れでもない限り、まずはこの魚を狙ってみるといいでしょう。

 

サゴシ・サワラ

dsc00419

 

堤防から気楽に釣れる青物の一種。サゴシはハマチ・ブリに比べても釣れやすいので、初心者の入門にも最適!

凶悪な面構えと鋭いキバが特徴で、他の青物を狙う装備で釣り上げると、途中でラインが切られてしまうことも。できるだけ太いラインに変えるなど何かしらの対策は必要になります。

よく釣れる50cm以下の「サゴシ」はアタリだけ強烈なものの、大して引きません。一方、晩秋に釣れる70cm以上のサワラはブリにも劣らない引きで、他の青物を越えるほどの美味!

 

▼堤防から狙うサゴシの釣り方解説についてはこちら

 

メッジアジ・GT

 

大型になると2m近くにもなる、大物釣りの代表的な魚であるGT(ロウニンアジ)ですが、小型のうちであればライトショアジギングで釣り上げることも可能!

50cm以下の小さいものは「メッキアジ」と呼ばれ、積極的にルアーを追ってくるため、初心者でも気軽に釣ることができます!

食味はそれほどいいわけではありませんが、釣りそのものは楽しいので回遊があれば積極的に狙ってみるといいでしょう。

 

 

シイラ

 

夏場の潮通しのいい堤防で、かつ小魚回遊していれば「シイラ」が釣れるかもしれません。

湾奥では基本的に釣れず、黒潮の影響を受ける堤防で釣れることが多いです。朝マズメに「バシュッ!」と強烈なナブラが起きたらシイラの可能性が高いので、表層を中心に狙ってみて下さい!

食味はいまいちですが、ショアジギングやオフショア(船)では釣り味がいいために人気の魚種。引きが強烈なので、少し強めのタックル構成で挑むことをおすすめします!

 

アジ

dsc00653

 

サビキ釣りなどでよく釣り上げられる「アジ」ですが、実はライトショアジギングでも釣れます!

それも時期を選べば、堤防からのアベレージサイズではなく30cm以上の大アジを狙って釣ることも可能。専用のルアー釣りである「アジング」よりも簡単で、釣れれば大抵サイズが大きいです。

30cm程度にしてはそこそこ引きが強く、このサイズのアジは脂も乗って刺身も美味なので狙ってみると面白いかも。

 

サバ

img_1973

 

アジと同様に堤防釣りには人気の「サバ」。こちらももちろんライトショアジギングで釣り上げることが可能。

夏のうちは20cmまでの小型しか釣れないことが多いですが、初春と晩秋には40cm以上の大型化した個体を釣り上げることも可能!

釣りたてのサバは絶品であり、食べる目的だけでも狙いに行く価値はあります!自分の周囲では、潮通しのいい沖堤防などで特に釣果が上がっていますね。

 

カマス

thumb_IMG_1253_1024

 

秋の風物詩!小型ながら、立派な回遊魚の「カマス」。

堤防によりますが、回遊すると一度に数十匹釣れることもあり、釣り味は微妙ですが干物にすると非常に美味!

ハマチやカンパチに比べると見劣りしますが、食味は最高です。メタルジグのただ巻きで簡単に釣れるので、回遊の情報をゲットしたらぜひ狙ってみましょう!

 

SWルアーターゲット類

ライトショアジギングでは外道扱いになるものの、釣れると嬉しいSWルアーフィッシングでよく釣れる魚たち。

ここでは青物以外で、ルアー釣りでよく釣れる魚種を紹介します。

 

シーバス

 

狙って釣る人が多いものの、コツを掴まないとなかなか連発が難しい「シーバス」。

立派なフィッシュイーターですが、基本的にメタルジグなどある種不自然?なルアーに食ってくることは少ないです。ミノーに比べて見切られる確率が高いんでしょうね。

それでも、事故的に「魚がヒットした!」と思ったらシーバスだった、ということも。特にナブラ打ちをすると釣れることが多く、美味しいオカズとなるので積極的に狙ってみてもいいかも!

メタルジグではヒット率が低いので、鉄板バイブなどシーバス釣りでも使われるルアーを積極的に使うとヒット率が上がります。

 

タチウオ

dsc00079

 

関西の堤防ではハイシーズンになると、1mの間隔さえなくなってしまうほど釣り人が殺到する人気魚種の「タチウオ」。

ルアー釣りで狙う場合は夜間にワームを投げるのが一般的ですが、メタルジグを遠投して深場を狙うと日中でも釣れてしまうことも!

タチウオは泳ぎが遅いことで有名ですが、明るいうちならメタルジグの早い動きでもガッツリと食ってきます。メタルジグだけに反応することも多いので、積極的にLSJを取り入れて数釣りを楽しんでいます。

 

▼タチウオのルアー釣り攻略法についてはこちら

タチウオ(太刀魚)をルアーで狙う!釣り方とタックル徹底解説

2017.09.24

 

根魚類

回遊はせず、磯や堤防の隙間など「根」に居着いて餌を狙う根魚。別名ロックフィッシュ。

特に小魚を追っている個体は獰猛で、早い動きのメタルジグにも果敢にアタックしてきます!底周辺にいることが多く、青物が釣れないような状況でも釣果が上がります。

根魚を専門に狙う場合は、遅めの動きでボトムを丹念に攻めるとヒット率が上がります。

 

カサゴ(ガシラ)

 

根魚の代表的な魚種、「カサゴ(ガシラ)」。ライトショアジギングでボトム周辺を狙っていると、たまに釣れることも。

サイズは最高30cm程度と小型が多く、ヒットすると口を開いて固まってしまうので、ゴミと間違ってしまうこともしばしば。^^;

味噌汁から刺身まであらゆる料理に合い、美味しいので青物の反応がなければカサゴ狙いでアクションしてみましょう!

 

▼カサゴのルアー釣りの攻略法については下記を参照

 

キジハタ(アコウ)

 

根魚のなかでも高級魚として知られ、40cm程度のものはスーパーで5千円以上する「アコウ(キジハタ)」。

瀬戸内海側ではあまり釣れず、日本海でも実績が高いです。他の根魚と比べて小魚も積極的に追い、中層を狙っているときもヒットするほどルアーにアタックしてきます。

ライトショアジギングで狙って釣るのはなかなか難しいですが、「スローフォール」するメタルジグに反応することが多いです。ルアーを変えて狙ってみましょう!

 

タケノコメバル

 

都市部の河口部・堤防でもよく釣れる「タケノコメバル」。

シーバス・チヌを狙っているときに釣れることも多く、根魚なのに表層〜中層でも積極的にルアーを追ってきます。水深の深い場所よりも、浅い場所での釣果が多いです。

食味もそこそこよく、専門に狙うほどではないもののボウズのときに釣れると嬉しい魚。

 

外道類

エソ

 

ライトショアジギングをしていると、メタルジグに積極的にアタックしてくる「エソ」。

最初のアタリこそ「ガツン!」と強烈なものの、以降は全く抵抗しなくなるので魚が掛かっているのか判断できないことも良くあります。

カマボコの原料として有名な魚ですが、水分が多く刺身や塩焼きなど一般的な料理には適しません。ただ一部の釣り人の間では「実はエソは美味い!」と有名になっているので、持ち帰ってみるといいかも・・・!?

 

イシモチ

dsc00572

 

釣り上げると”グーグー”と鳴く、独特な魚の「イシモチ」。

あまりルアーで釣れるイメージがなかったんですが、メタルジグも積極的にアタックしてくるようで、中層でアクションを繰り返しているうちにアタリがあり釣ることができました。

塩焼きにすると大変美味なことで有名で、淡白な身にシンプルな味付けが抜群にあいご飯が進みました!エソが釣れるよりも遥かに嬉しい魚なので、もはや専門に狙ってみてもいいかも。(笑)

 

シマフグ

 

これまで一切釣ったことがなかったんですが、先日沖堤で釣りをしていたところ偶然にもヒット。

なんとこのフグ、スレで引っかかったのではなくてきちんと口を使っていました!高速のメタルジグにも果敢にアタックしてくるようで、フォール時によくヒットするよう。

主に汽水域でよく釣れるらしく、過去には外道として大爆釣したこともあったのだとか。地域によっては、ショアジギングの有名な外道らしいです。

もちろん他のフグ同様、肝臓・卵巣に猛毒を含んでいるため免許がない限り食べてはいけませんが、結構強烈アタリと引きのため、釣れると一瞬ドキッとします。(笑)

 

▲近くで見ると、すごく可愛いです・・・。

 

おわりに

というわけで、以上「ライトショアジギングで釣れる魚種の解説」のまとめ記事をお届けしました!

あくまで代表的な魚種を紹介しただけなので、ここで紹介していない魚がつれることもあります。それだけ、ライトショアジギングのポテンシャルが高いわけですね。

初めて堤防釣りをする初心者にもおすすめの釣り方なので、ぜひタックルを揃えて挑戦してみてください。一度青物の引きを堪能したら、必ず釣りにハマってしまうはず。(笑)

 

それでは!

 

ライトショアジギングのコツ・釣り方・おすすめタックルについては下記の記事をご覧ください。

ライトショアジギング入門!初心者のためのタックル・釣り方徹底解説

2017.10.02

スポンサードリンク