ライトショアジギングのアシストフックは何がおすすめ?メーカー別徹底比較!

 

ライトショアジギングではルアーとして「メタルジグ」を使いますが、最初からフックが付いていないこともあります。

また市販品だと針の質が悪く、せっかくの青物が掛かってもバラしてしまうことも。そこで必要になってくるのが、「アシストフック」です。

青物は大物になればなるほど口周りが固いし、ナブラ時は上手くルアーを捕食してくれないこともあるので、針がしっかりしていないとバラしてしまうことも多々!

そこで、今回は数あるアシストフックの中から、実際に使ってみたおすすめのフックを順番に紹介していきます!

 

 

ライトショアジギングでアシストフックが重要な理由

 

おすすめ製品を紹介していく前に、簡単にライトショアジギングにおけるフックの重要さを説明しておきます。

メタルジグを使って青物を釣る場合、できるだけ魚との遭遇確率をあげるため、毎回ボトムに着底させてから巻き始めることになります。

どれだけ気を使っていても針先が底に接触して鈍ってしまうことがあり、半端なものだと針先がダメになって掛からなくなってしまいます。

 

メタルジグの中には、箱出しで使えるよう最初からフックのついているものもありますが、軸が細すぎるものも。

小型青物なら問題ないんですが、ライトショアジギングの魅力は軽量タックルで大物が釣れること。思わぬ大物が掛かることもあります。

このとき、パワーのない針だと本当にあっという間に伸ばされます!せっかく装備を用意して釣りにきたのに、針を伸ばされてバレる・・・なんて悲しいですよね。

 

dsc00087

 

アシストフックは用途や狙う魚種によって様々な製品が用意されており、最初は何を買っていいか迷うと思います。

逆にいうと、どのような製品があるか把握できれば状況によって使い分けができるので、少しでも青物が釣れる確率を上げることができます!

フックはメタルジグなどと比べると釣果に影響しないと思われがちですが、魚とは針を介して繋がっているわけです。重要ないわけありません!

 

アシストフックの特徴の違いについて

 

フックは対象魚種によって軸の太さや針の量・サイズなど特徴に違いがあります。

アシストフックを購入するにあたって、検討すべきポイントは以下のとおり!

 

  1. 軸の太さ(細軸・太軸)
  2. フックサイズの違い(S・M・L・LL)
  3. フック数の違い(シングルフック・ダブルフック)
  4. ワイヤーの有無

 

軸の太さは針がかりと強度に関わってきます。細ければ細いほど刺さりやすいですが、その分大物が掛かったときに曲げられやすくなります。

フックサイズはジグや対象魚種の違いによって調節します。針が大きいほど大物にも対応できますが、ジグの動きが弱くなります。

フック数の違いは軸と同じく、針がかりに関わるほかお祭り(ラインが絡むこと)の多さも関係します。ダブルだと針が2本かかれば一気にバレにくくなりますが、その分お祭りも多くなります。

ワイヤーは、歯が鋭い魚を釣るために製品によって導入されています。これを使うと、サゴシやタチウオを狙う場合でも針が切られにくくなります。

 

以上が、各製品におけるアシストフックの特徴です。僕の場合は数種類用意しておいて、当日の状況や狙う魚種に合わせて変えています。

フックを変えて直接釣果が伸びるわけではないものの、一日に一回青物の顔を見られれば良いほう・・・という状況で真の価値を発揮します。

次はおすすめのアシストフックと製品ごとの特徴の違いについて解説していきます!

 

おすすめのアシストフック紹介

カツイチ ツインパイク

【フックの特徴】

  • 細軸タイプ
  • ダブルフック
  • 対象魚:小型青物・シーバス

 

細軸・ダブル・交差タイプのアシストフックで、ライトショアジギングで良く使われているフック。

細軸といっても大物にも対応出来る強度を持ち合わせており、様々な状況で使えます。迷ったら、とりあえずこのフックをつけておけばOK!

欠点は針のゲイブが広いので、ジグを躍らせすぎるとお祭りしやすいことです。

といっても、気に留めるほどのことでもありません。20g〜40g程度のジグなら#1サイズがおすすめですよ。

 

 

シャウト! ライトゲームアシスト

【フックの特徴】

  • 太軸タイプ
  • ダブルフック(段差)
  • 対象魚:中型青物〜大型青物

 

オフショア専門の「シャウト」が販売しているフックで、他の製品に比べても太軸で強度が高いです。

針掛かりもそこそこよく、巨大青物が掛かっても伸ばされることのない性能を備えているので、ブリを狙うなら必需品といってもよいです。

量がない割にそこそこ高価なので、「ここぞ!」というときに使いたいですね。ライトショアジギングにはM〜Lサイズがおすすめ。

 

 

オーナー 遠投段差フック

【フックの特徴】

  • 細軸タイプ
  • ダブルフック(段差)
  • 対象魚:小型青物・シーバス

 

小型青物用のアシストフック。かなり細軸で、特に口周りの固いシーバスを狙うときに真価を発揮します。

簡単に伸ばされることはないですが、それでもブリサイズを相手にするなら強度不足と言わざるを得ないので、シーバス・小型青物がメインとなります。

ただ段差の位置と長さが絶妙なので、根掛かり防止でリア(前)側にのみフックを取り付けて使うといい感じ。夏場のサバ狙いに活躍してくれます!

小型青物・シーバス狙いならLサイズ、さらに小型サイズの魚を狙う場合はMサイズがいいですよ。

 

 

オーナー ワイヤーコアフック

【フックの特徴】

  • 細軸タイプ
  • シングルフック
  • 対象魚:サゴシ・サワラ・タチウオ

 

細軸・シングルタイプのアシストフックで、これまでとは違って「歯の鋭い魚専用」と明確なコンセプトを持って開発されています。

通常のフックだと、歯の鋭い魚に襲われたときにライン部分が切られることがあるんですが、この製品はリングとフックの間にワイヤーが仕込まれています。

歯の鋭い「サゴシ・サワラ・タチウオ狙い」のときには効果てきめんで、ラインを噛み切られにくくなるのでキャッチ率がかなり向上します!

これらの魚はパワーがないので針を伸ばされる心配もなく、一方で捕食が下手なので細軸が一番。Mサイズが一番使いやすいです。

 

 

ダイワ ショアジギング用フックSS-H

【フックの特徴】

  • 太軸タイプ
  • シングル・ダブルフック
  • 対象魚:大型青物

 

超大型青物を仕留めるにあたって、新たに導入した大型・太軸のフック。

ライトショアジギングには明らかに過剰な太さですが、80cm超のブリを狙う場合は半端なフックだと簡単に伸ばされてしまうため実験的に導入。

小型青物には完全にオーバースペックなので使うシチュエーションを選びますが、大型青物一本狙いならぜひ一つは持っておきたいですね。

シングル・ダブルフック両方が発売されているので、前後に付けるとフッキング率を向上させることが可能。なお、周囲に障害物がなければライトタックルでも青物を取り込めます。サイズはS〜Mサイズがおすすめ。

 

 

アシストフックの収納方法について

 

普段からある程度の数のフックを持ち歩いているんですが、製品パッケージのままだとナブラ発生時など緊急を要するときに素早く取り出せず、後悔したことがありました。

またフックは消耗品なので、根掛かりや針先が鈍ったりして徐々になくなっていきます。パッケージに入れたままだと残数が把握できず、釣り場到着時に「全然残ってないやん!」と困ったこともありました。

そこで、アシストフックはすべて小型のルアーケースにまとめて一覧性を向上させています。これだと目当てのフックがすぐ取り出せるし、常に針先が鋭い状態を保てて便利!

収納方法はそれぞれ好き嫌いあると思いますが、なかなか便利なのでぜひ参考にしてみてください。

 

まとめ

 

というわけで、以上「ライトショアジギングでおすすめのアシストフック」について解説・紹介してみました!

前述したようにフックを変えただけで魚が釣れることはないですが、適切な製品を選ぶことで掛かったあと取れる魚を増やすことができます。

運が左右することの多い釣りなので、メタルジグだけでなく針まで気を使うと釣果を伸ばすことが出来ますよ!

 

それでは!

 

ライトショアジギング初心者が青物を釣るまでのコツとおすすめタックルについてまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください!

ライトショアジギング入門!初心者のためのタックル・釣り方徹底解説

2017.06.10

スポンサードリンク