青物って真昼間に釣れるの?鉄板バイブの早巻きが最強だぞ!【ツバス・ハマチ・シーバス】

thumb_img_1558_1024

 

青物は、一般的に朝マズメに良く釣れる魚と言われています。マズメ時にはイワシ等の餌となる小魚が活発なるので、フィッシュイーターも活性化するんですよね。

その反面、昼間にはあまり釣れない魚として認識されているため、朝マズメや夕まずめだけ狙って帰る釣り人も非常に多いんですよ。

しかし!真昼間であっても、パターンに上手くハメることが出来れば、日中でも青物がヒットします。今回は青物を真昼間に釣り上げる方法論について解説していきたいと思います。

 

 

なぜ青物は朝マズメと夕マズメに狙うといいの?

dsc00097

 

真昼間に青物を釣る前に、「なぜ青物は朝マズメと夕マズメに狙うといいのか?」を解説しておきます。

基本は、冒頭でも紹介したとおり「餌となる小魚が回遊してくるから」です。一箇所にとどまっていたり、深場に落ちていた小魚がマズメ時になると一気に移動するんですよ!

回遊系の魚は、餌となる小魚を追い求めて定期的にあちこちを回遊します。餌となる小魚を追っているときに堤防から狙うと、初心者でもあっさり釣れることが多いんですね。

 

 

dsc00659

▲朝マズメにイワシが大移動を始めた

 

小魚そのものも餌となるプランクトンを追ったり、天敵となる魚を避けながら回遊しているわけですが、真昼間になるとそれらの移動が鈍くなるので青物も釣れにくくなります。

・・・というのが一般論ですし、事実でもあるのですが、真昼間でも餌を求めて回遊している青物がいるんですよ!

絶対数は少ないものの、回遊してくる個体をピンポイントで狙うことが出来れば真昼間でも青物を釣りあげることが出来ます。

 

青物を真昼間に釣り上げる方法

真昼間に青物を狙う大きなメリット

thumb_img_1543_1024

 

青物は朝マズメ・夕マズメに頻繁に回遊してくると紹介しましたが、なぜわざわざ真昼間に狙うのか?

それぞれメリット・デメリットがたくさんありますが、一番は釣り人が少ないこと、目に見える潮目やストラクチャーを把握しやすいところにあります。

単純に朝マズメから狙うよりも楽という理由もあるんですが(笑)、状況によっては真昼間のほうが釣りやすいこともあります。

 

dsc00128

 

多くの人が「青物はマズメ時にしか釣れないもの」と思い込んでいるため、朝マズメには堤防に人が殺到します。夜中の2時や3時から待っていないと入れない場所もあります。(汗)

人が多いと、その分ラインが絡まる「お祭り」の頻度も増えるし、魚が掛かったあとにお祭りが起きると最悪ですよね・・・。狙うポイントも限られるし、流れが早いと遠投も出来ないし、あんまりメリットがありません。

明るい日中だと沖の潮目はもちろん、根やえぐれの位置も把握しやすいです。海底の変化でも潮の流れが変わって小魚が溜まることがあるので、視覚で情報を把握できるのは大きなアドバンテージとなります。

 

青物は定期的にポイントを回遊する!

dsc00094

 

大前提として、青物は朝だろうが昼だろうが、定期的に餌となる小魚を追って回遊してきます。

回遊ポイントはその日の状況によって変わるし、回遊する時間帯も変動するため地元のベテランでさえも見抜けないこともあるのですが、餌は追っているわけです。

真昼間は朝や夕方に比べると個体の数が少ないことが多いため、ピンポイントで狙います。なので、どれだけ回遊してくるルートと時間帯を絞りこめるか、粘れるかがポイントになります!

 

thumb_IMG_1221_1024

 

一番いいのは、ネットで情報収集をこまめにすること、地元の釣り人に情報を聞くことですね!自分も地道にこれらの行動をし続けた結果、青物を釣り上げることができました。

海の状況と潮汐を見ながら、小魚が回遊して来そうな潮目やストラクチャー、他の釣り人が魚を釣り上げているか、ナブラは立っているか、などを見極めます。

同時に周囲に釣り人が多数いなければ、釣り座をこまめに変えながら釣り歩くのもいいでしょう。いずれにせよ、情報を確実に積み上げて「分析」していくことが青物を釣るための一歩になります。

 

真昼間に釣り上げたいなら「鉄板バイブ早巻き」が大安定

dsc00593

 

もし青物が回遊してくるポイントを見つけられたら、大チャンス!

あとは実際に回遊してくる個体を釣り上げるため、ルアーを投げ続けるだけです。

メタルジグで釣るのもいいんですが、真昼間に釣る場合は「鉄板バイブ表層早巻き」で安定して釣ることが出来ます!ポイントがよほど遠くない限りは間違いないですね。

 

thumb_img_1553_1024

鉄板バイブにベイトのイワシが引っかかってきました。これも重要なヒント。

 

ちなみに実際釣り上げることは出来ませんでしたが、この釣り方でシーバスも釣り上げることが出来ます!

シーバスなど他の魚を狙うなら色んな層を探ったほうがいいですが、回遊してくる青物を狙うという以外はデイシーバスとあまり変わらないんですよね。

日中でもアコウ(キジハタ)やマゴチ・ヒラメが釣れることがあるので、ベイトさえ回っていれば色んな魚を釣り上げることが出来るんですよ!

 

 

鉄板バイブは高速巻きでも安定してアクションしてくれる「コアマン パワーブレード」か、「エバーグリーン アイアンマービー55」を持っておけばだいたい釣れます!

基本は早巻きでOKですが、時たまジャークやストップを加えるとルアーが一瞬止まった瞬間にガツン!と食ってきます。

真昼間に青物を釣りたい場合は、通常のメタルジグに加えてこれらのルアーをカバンに忍ばせておけばOK。

 

 

その他、通常の鉄板バイブのほかに大型の「ジャッカル ビックパッカー」を持ち合わせておくと、心強いです!

こちらはツバス・ブリ系の青物ではなくてサゴシ・サワラが特に釣れるルアーなので、狙う魚種・回遊している魚種に合わせて使い分けてもらえればなと思います。

青物が食べているベイトの大きさが、釣果につながる鍵となります!シルエットを合わせると爆釣できる確立が上がりますよ〜。

 

実際に真昼間に青物を狙ってみた!

thumb_img_1547_1024

 

ここまでが「真昼間に青物を釣るための方法論」で、実際にこの情報を活用しながら釣っていきたいと思います。

偉そうに語ってきましたが、実はライトショアジギングを始めてあまり日数が経ってないんですよね。(笑)本当に真昼間に青物を釣れるのか?を検証してみたいと思います。

今回釣りをしたのは、関西・瀬戸内海で実績の高い明石海峡大橋近くの「大蔵海岸」です。ここ最近、青物の釣果が多数揚がっている場所です!

 

thumb_img_1563_1024

 

この日、本当は朝マズメから狙っていたんですが、残念ながら他の釣り人含め青物を釣った人はおらず・・・仕方なくポイントを変えて再度挑戦します。

まず釣り場の情報をそこまで把握してなかったので、小さな河川に面していて潮通しのよい一級ポイントに陣取ります。情報がなければセオリー通りに進めるのもポイント。

海面を見ていると、朝マズメ以降イワシがたくさん回遊していて釣れる気配はあるんですよね。

 

thumb_img_1551_1024

 

色々なルアーを使いながら釣り続けていると、隣の釣り人に青物がヒット!さらに時々ナブラも発生していたので、青物の回遊を待ちながらルアーを投げ続けます。

途中で実績のある「コアマン IP-26」の鉄板バイブに変更して、沖の潮目を狙いながらひたすら表層を早巻きします。

しばらく経過したのち、そろそろ腕が疲れて来た頃に「ガツーン!」とヒット!

 

thumb_img_1554_1024 thumb_img_1555_1024

 

真昼間にも関わらず、36cm程度のツバスがヒット!

今回釣ったサイズは小さいですが、わざわざ朝マズメに来なくても青物って釣れるんですよね!この程度のサイズでもめちゃめちゃ引きますね〜。

ちなみに、このツバスを釣った直前には60cm程度のシーバスがヒットしたものの、エラ洗い一発でばらしています。(笑)

 

thumb_img_1558_1024 thumb_img_1559_1024

 

さらに、同じポイントで38cmのツバスがヒット!相変わらず小型ですが、お刺身サイズとしては十分。

この日は早朝から昼間までずっと釣っていたのと、夜には予定があったのでこのあたりで納竿としました。

今回、2匹ともお昼直後に釣りあげることができました。「朝マズメにしか青物は釣れない」と思い込んでいた過去の自分に伝えたら、ビックリするだろうなぁ・・・。

 

おわりに

というわけで、以上「青物を真昼間に釣り上げる方法論」をレポートしてみました。

確実に釣り上げたいなら朝マズメ・夕マズメを狙うのが確実ですが、昼間のほうが楽だし、釣った魚や釣り場の状況も良く見れるし、おすすめですよ!

ぜひ、これらの情報を参考にして試してもらえると幸いです。自分も真昼間に巨大なブリを釣れるように引き続き挑戦していきます!

それでは!

 

【鉄板バイブでおすすめのルアー】

 

ライトショアジギング初心者が青物を釣るコツと最初に揃えるべきおすすめタックルをまとめてみました。

最初のファーストステップに必要なことをまとめたので、よければ参考にしてください!

 

ライトショアジギングを始めよう!青物を釣るコツとおすすめタックルを徹底解説!

2016.11.10