【最強】ライトショアジギングで選ぶべきロッドは?本当におすすめの製品ランキング

 

強烈な魚の引きと、近所の堤防からも釣れる手軽さが魅力のライトショアジギング。釣り方とタイミングさえあっていれば、初心者でも簡単に青物に出会うことができます!

昨年この釣りを始めて、1年間で何回も青物を釣り続け「どのようなロッドが最適か?初心者はどういうロッドを選ぶべきか?」が段々と見えてきました。

青物を釣るだけなら、ルアーさえ投げられればOK。ただ、「どうすればより多くの魚を釣れるのか?その際にロッドはどのような影響を与えるか?」は実際に続けないとわかりません。

今回は自身の実釣経験から「ライトショアジギングで使用するロッドの選び方と、おすすめ製品」について、徹底解説していきます!

 

ライトショアジギング用ロッドの選び方は?

 

ライトショアジギングは、そもそも100g超のジグをフルキャストする「ショアジギング」に比べて手軽に挑戦できるのが最大のメリット。

30g程度のメタルジグをフルキャストできるロッドであれば、とりあえず手元の竿を流用することも可能です。もちろん、本格的に青物を釣りたい!という場合は専用ロッドが一番使いやすい。

最近だとあまりにも専用ロッドの数が多くなってきて、新しく購入するにしてもどれを選べばいいかわからない!という人も多いはず。

 

はじめてロッドを購入するにあたって、検討すべきは以下の項目です。

 

  • ロッドの長さ
  • 投げるルアー・ジグのウエイト
  • ジグを投げ続ける軽量性
  • 狙う魚のサイズ

 

簡単に、4つとも解説していきます!

 

ロッドの長さの選び方

 

この釣りは、まず第一に「遠投」しなければ釣れないことも多いです!それも50m程度ではなく、最低でも100m超はかっ飛ばす必要があります。

もちろん、堤防のすぐ目の前で青物がヒットすることもあります。回遊魚なので、どの海域を泳いでいるか現地へ行かないとわからないんですよね。

200m以上先で青物のナブラ(小魚を追って水面に波紋が発生)が起きて、ルアーが届けられずに悔しい思いをしたことも。

一方、堤防から100m先の潮目で青物がヒット!なんていうシチュエーションも何回もありました。遠投できていなければ、確実にボウズを食らってましたね。

 

 

なので、ロッドを選ぶ際は「飛距離を最大限伸ばす!」ことを第一に考えて、9〜10フィート程度のロッドを選ぶ人が多いです。自身はちょうどいい9.6フィートを使っています。

後ほど解説しますが、青物は突き詰めるとどれだけ投げ続けられるかで釣果が決まってくるため、軽量性も超重要なんです。

あまり長すぎるとアクションするだけで疲れてしまうので、長くても10フィート(3m)程度が妥当。あまりルアー釣りをしたことがない人なら、9フィート前後を購入すると扱いやすい。

 

ちなみに、それらのロッドを使って本当に100m以上も飛ばせるのか?と疑問を持つ人もいると思うんですが、適切なラインシステムと、投げ方を工夫すれば初心者でもかっ飛ばすことが可能です!

 

▼ショアジギングで100m超の飛距離を生み出す方法については下記記事を参考にしてください。

初心者でも100m超!ショアジギングで飛距離を伸ばす方法とは?キャストの方法を紹介!

2016.12.02

 

投げるルアー・ジグのウエイト

 

一般的に、ライトショアジギングでは30g〜40g程度のジグを使うことが多いです。というか、50g以上になるともはや”ライト”という定義からは離れてしまいます。

普通に30g程度のジグをメインに使うのであれば、シーバスロッド・エギングロッドでもOK!むしろ自分は色々な釣りに使いたいので、初心者ほど専用以外のロッドをおすすめしています。

が!場所によっては、どうしても50g以上のジグを使う必要があるので、専用ロッドを購入する必要が出てきます。それは、「極端に潮流に早い場所」「堤防に人が集まりやすい場所」です。

 

▲潮流の早い地域では、ライトな装備では攻略不可。専用装備の購入を検討したほうがいい。

 

自分が主に釣りをしている明石海峡の海では、大潮周りだと激流になり100g程度のメタルジグですら着底不可!この釣りではまず着底させる必要があるので、30gのルアーでは釣りになりません。

潮流が早めで堤防に人の集まりやすい人気ポイントだと、ルアーが流されて隣の人とお祭り連発!せっかくの休日に釣りに来ているのに、お祭りばかりだと乱闘騒ぎになります。(笑)

お手軽さが魅力なので、基本は別の竿を流用すればOK。これらのポイントに該当する人のみ最低でも80g程度まで背負えるロッドを購入すること快適に釣りが可能になります。

 

ジグを投げ続けられる軽量性

 

青物が釣れるかどうかは小手先のテクニックではなく、場所の見極め・餌となる小魚の見極め・そしてどれだけ投げ続けられるかで釣果が決まってきます。

回遊魚なのでその日釣れるかどうかは運次第・・・なんですが、1日中ルアーを投げ倒している人ほど釣果を伸ばしているケースが多いです!

以前あったのは、自分が休憩中に隣で巨大なサワラが釣れた、他にも定期的に休憩している自分より、座ってだべりながら釣っていたカップルのほうが釣果が良かったこともありました。(笑)

 

この釣りは1日中ジグを遠投してシャクり続けるために疲れやすいんですが、できるだけ軽量なタックルを使用することで疲労を軽減でき、結果的に釣果がアップします!

専用ロッド&リールの組み合わせだと600g超になってしまい、日頃から筋トレしていないと一瞬でダレます(笑)その点、シーバスタックルだと400g程度で収まるので初心者ほどおすすめ。

ただし、50g以上の重めのジグを扱う場合、華奢なタックルだと竿が曲がりすぎて疲労しやすいです。その点、専用ロッドは無駄な曲がりがなく、重いジグを使い続けても疲れにくいメリットがあります。

 

狙う魚のサイズ

 

この釣りは小型青物・中型青物をメインに狙うので、パワーの少ないロッドでも十分手元まで寄せることができます。

シーズンによっては80cm以上のブリクラスがヒットすることもありますが、場所によってはシーバスロッドでも十分やり取り可能です。実際、70cm超のメジロでも足元まで寄せることができました。

しかし!青物はヒットしてからの瞬発力が半端じゃなく、開けている場所では縦横無尽にあっちこっちに走りまくります。華奢なタックルでは、魚が止まるまで対応不可!

 

▲シーバスロッドなら色々な魚が狙えて釣りを楽しめる

 

人の多い堤防でこれをやるとどうなるかというと、青物が走りまくって隣の人に絡み、さらに隣の人ともお祭り・・・など悲惨な状態と化します。

周辺の人は魚のやり取りをしている間は釣りをできず、取り込みまで1時間程度掛かってしまうこともザラにあります。やられたほうがとてもじゃないがたまりません。

なので、もしブリクラスを積極的に狙いたい場合、周囲の障害物が多い・人が多い場合は固めの専用ロッドを購入したほうが無難です。

 

ルアーのサイズを小さくしてもツバス(〜30cm)からブリサイズまでヒットしてしまうので、釣り分けることは難しいです。大型を専門に狙いたい場合は専門ロッドを購入しましょう!

 

初心者にはシーバスロッドがおすすめな理由

青物釣りの専用ロッドは重めのメタルジグ(〜100g)を扱えるようになっているんですが、この釣りはシーズン中であっても回遊がなければボウズも当たり前の釣りです。

初夏〜晩秋のシーズンが終わると一切釣れなくなりますが、他の釣りに流用もできないためタンスの肥やしになりがち。

本格的に青物を狙いたい!という人には非常におすすめですが、気軽に挑戦したい初心者には手を出しにくいんですよね。

その点、シーバスロッドであればメインのシーバスはもちろん、ヒラメ・太刀魚など幅広い釣りに流用できるため、1本持っているだけで1年中使えます。

すでに色々使えるロッドを持っている場合は専用ロッドがおすすめですが、始めて購入する場合はシーバスロッドを購入しておくと幸せになれますよ。

 

本格仕様!大型青物も狙えるライトショアジギング用ロッド

 

それでは、実際にライトショアジギングを始めるためのロッド紹介をしていきます!

ここでは本格的に狙いたい人向けの専用ロッドを紹介します。

いずれも初心者には手を出しやすい価格で、なおかつ人気・実際に使えるものを中心に紹介していきます。

 

【ライトショアジギング専用ロッドの特徴】

  1. 竿の長さは9フィート〜10フィート
  2. メタルジグの40g〜100g程度をフルキャスト可能
  3. 重めのルアーを扱っても疲れづらい
  4. 大型ブリも難なく寄せられるバットパワー

 

 

『ソルパラ ショアジギング』は入門用に非常に人気の竿で、各ショップで売り切れ続出!1万円以下で購入できるロッドにしてはコスパがいいものの、シーバスロッドでも十分な気がします。

『ダイワ ジグキャスター』『シマノ コルトスナイパーBB』はモデルによって80g程度までのジグを扱える本格ロッドで、安めで専用ロッドを購入するなら絶対にこの2本が確実。

5kg程度の青物までなら余裕でやり取りができます。実際に触ってみた感じ、コルトスナイパーのほうが表記の固さより柔らかめなので、ライトな用途ならおすすめ。

 

▼本格的に青物を狙う人のため、上級者専用のガチショアジギングロッドもまとめてみました!

【上級者向け!】巨大青物ショアジギングに必要な最高級ロッド・リールまとめ

2017.01.22

 

なんでも狙える!汎用性の高いシーバスロッド

 

続いて、ライトショアジギングで使える「シーバスロッド」のおすすめ製品を紹介していきます!

30g〜40g程度のルアーを扱える軽量ロッドであれば基本的になんでも大丈夫。

今回は数あるロッドの中でも、特におすすめのものをピックアップして紹介していきます。

 

【シーバス用ロッドの特徴】

  1. 竿の長さは9フィート〜10フィート
  2. 扱えるメタルジグは20g〜40g程度まで
  3. 150g〜200gと軽量なロッドが多い
  4. 場所を選べばブリクラスも取れるバットパワー

 

 

『ダイワ シーバスハンター』『シマノ ムーンショット』はシーバス入門用ロッドとしても名高く、10,000円台という価格帯で万能的に使える優秀なロッド。なんでも釣りしたい人には最適!

『ダイワ ラテオ96M・Q』は自身も使っているロッドで、このブログでも度々紹介していますが2万円以下で購入できるロッドとしてはコストパフォーマンスがバツグンに高い!

自重も150g程度と軽量で、非力な人間でも扱いやすく「コスパ最強のロッド」として色々なサイトで紹介されています。これから本格的に色々釣りをやってみたい人には真っ先におすすめできますね。

 

おわりに:結局どちらを購入すべきか

 

ライトショアジギング用としてシーバスロッドを買うべきか・・・という議論は活発になされていますが、自分の中で明確な基準があって、他に30g程度のルアーを扱えるロッドを持ってないなら購入すべき

一方、固めのエギングロッドなどちょっとしたジグを投げられる竿が手元にあるなら、専用ロッドを購入すると青物釣りがより一層楽しめます。

使っていて楽しいのはシーバスロッドですが、専用ロッドは「万が一大型青物が掛かっても絶対獲れる!」という圧倒的な安心感があるので、大物が出やすい地域なら後者ですね。

 

両方とも最近では1万円台前半で高性能なロッドが多数販売されているので、最初はシーバスロッドを買ってみて面白ければ専用ロッドを購入!という選択もできます。

ぜひ、自分に合ったロッドを購入してみてください!

それでは。

 

▼ライトショアジギングの基礎知識・具体的な攻略法については下記記事でガッツリ解説しています。ぜひ参考にしてください!

ライトショアジギング入門!初心者のためのタックル・釣り方徹底解説

2017.06.10

スポンサードリンク