初心者のためのメバリング入門講座!最初の1匹を釣るためのコツと釣り方を徹底解説!

 

メバルは他の魚が少なくなる冬にコンスタントに釣ることができ、初心者でも簡単に釣ることができる魚です。

小さい体で積極的にルアーを追い、初心者でも気軽に始められて可愛い姿に癒やされる一方、30cm近い魚体になると強烈な引きを味わうことができます。

今回はメバリング初心者が最初の1匹を釣るためのファーストステップと、揃えるべきおすすめタックルについて紹介していきます!

 

メバリングの魅力とは?可愛いのに強烈な引きの魚

mp_20160607-213159182

 

メバリングの魅力とは、ズバリ、

  • オフシーズンでも積極的に釣れること
  • ライトタックルで超繊細な釣りが出来ること
  • メバルそのものがめちゃめちゃ可愛い(笑)

の3つにあると思っています。

 

シーバスやアオリイカ、青物などの魚がシーズンオフの時期(12月〜2月)にも積極的に釣ることができるため、ルアーマンには非常に人気の釣りです。

また他の釣りでは使わないようなライトタックルを使うため、これまでとは全く違う繊細な釣りを楽しめます!

初心者でも簡単に数釣りが楽しめるし、釣りに行けば必ず何かしら反応があるので、ボウズの多い釣り人でも癒してくれます。(笑)

 

 

可愛い魚体の割に引きが強く、釣り方のパターンが豊富なため小型は数釣り出来ても、大型を狙ってとるのはなかなか難しいです。

また身は白身で煮付けにすると最高に美味しく、大きければ刺身でいただけます。

メバルは他の根魚同様「高級魚」として扱われているので、釣り人以外は簡単には口にできません。釣って楽しく、食べて美味なターゲットです!

 

メバルの特徴って?どんな魚なの?

pixta_2610719_s

藻などの障害物に寄り添いつつ、上をむいて餌を待っている

 

メバルはアジやサバなどの回遊魚とは違い、基本的には一定の場所に居着いて小さい魚なアミなどのプランクトン類を捕食しています。

大型魚ほど外洋の海でうろうろしていることが多く、回遊魚のような一面もあります。

一方で小型の魚なら大抵の漁港にいるので、それらを拾っていく釣りをすると初心者でも簡単に釣れますよ!

 

▲水中ではこんな感じで立ち泳ぎしています!

 

主に昼間は深場の藻や岩の隙間に隠れていて、夜間になるとのそのそと浅場までやってきて餌を捕食し始めます。

昼間でも餌を食べますが、主に夜間に浅場までさして餌を捕食するので、初心者ほどナイトゲームのほうが釣りやすいです。

常夜灯の周囲だと、メバルも集まってきたアミ・小魚を食べようと集まってくるし、人間側も明かりがあって釣りやすいですよ〜!

 

メバリングで最初に揃えるべきおすすめタックル

dsc00836

 

メバリングを始めるにあたって、最初はタックルを揃えていく必要があります。

価格はピンキリですが、初心者でも手を出しやすいよう手頃な価格で買えるタックルが多数販売されています!

以下の記事では「まずは気軽に始めてみる」を目的に、品質がよく1〜2万円程度で買えるリーズナブルなタックルおすすめタックルを紹介しています。

ぜひ、最初の購入の参考になれば幸いです♪

 

メバリングを始めよう!初心者用のおすすめロッド・リールを紹介します!【メーカー別&1万円〜2万円】

2016.09.26

メバリングにおすすめのラインは?フロロ・ナイロン・PE徹底比較!

2017.02.03

 

 

メバリングにおすすめのルアー・ワーム

dsc01087

 

メバルはワームを中心に、メタルジグやカブラ、ミノーやポッパーなどハードルアーでも普通に釣れます。

これらのルアーで釣るのも非常に楽しいんですが、最初のうちはジグヘッド+ワームの組み込わせで手軽に釣ることをおすすめします!

ワームにも様々な形状・カラーがあるんですが、最初は定番である真っ直ぐ形状の「ピンテールタイプ」、カラーはクリアとグローカラーを持っておけばOK。

 

 

ワームの選択も重要ですが、同じくらい重要視すべきなのがジグヘッドの重量です!

なぜなら、メバルは基本的に自分の周囲30cm~1mの範囲にある餌しか捕食しないからです。

ジグヘッドの重量を変えていくことでワームを通す層を調整していくわけですね。

基本は1g前後を中心に0.5g〜3g辺りを揃えておけばいいんですが、この重量で釣果が大きく変わることがあるため、種類ごとに複数個用意しておきたいところです。

 

メバリング初心者が最初の1匹を釣るためのコツ

メバリング用のタックルを揃えたら、実際に釣り場に立ってみましょう!ここでは初心者が最初の1匹を釣るコツを解説していきます。

 

メバルが釣れる時期について

dsc00882

 

メバルは一般的に、他の釣り物がなくなる冬を中心にして狙われる魚です。でも、実は産卵期を終えて荒食いが始まる4月〜5月頃が一番釣れます!

気候も暖かくなり、デイゲームでもガンガン食ってくるのがこの時期。1〜2月の産卵期や8月前後の真夏など渋い時期はあるものの、通年釣れます。

とはいえ、一番釣りやすいのは11月〜12月(産卵前の荒食い)と4〜5月(産卵後の荒食い)の時期なので、その間にメバリングを始めると初心者でも釣りやすいですよ!

 

ワームを投げるべき時間帯、ポイント、ストラクチャー

dsc01033

 

メバルは大型の魚でない限りは漁港などに居着いて餌を食べるので、ポイントを絞りやすく釣りやすい魚です。

冒頭で紹介したとおり夜間になると浅場まで泳いで餌を食べるため、最初の1匹を釣るならナイトゲームがおすすめです!常夜灯周辺を探ると良く釣れます。

ただ、ライトタックルに慣れていない場合は日中に練習したほうがいいですね。

他のSWルアーと同じ間隔でやると、飛距離もでないし上手く扱えないしで釣りになりません。(笑)

 

dsc00920

 

具体的なポイントは、小さい漁港だとメバルの捕食ポイントが特定しやすくおすすめ!

潮通しの関係から大型魚は釣りにくいですが、最初の1匹を釣るためにはいいかと。

特に常夜灯がある漁港だと餌を求めてメバルが集まってくるので、釣りやすくなります。

日中に藻や沈み根があるエリアを見ておいて、夜間は表層のただ巻きを中心に釣れなければ徐々にレンジを下げていきましょう。

 

dsc01037

 

メバルは夜間に眼が効きやすいとはいえ、周囲1m程度しか視野が利かないようなのでストラクチャーの際を通すようにして、なおかつワームの臭いや波動でアピールしていきましょう。

小さい漁港のなかでも常夜灯が効いている船溜まりのエリアは、メバルが集まってくるうえ船の下に着くので、釣るべきポイントがわかりやすくていいですよ。

 

エサ(ベイト)の集まってくるエリアを特定する!

メバルを手っ取り早く釣る一番いい方法は、「メバルがエサにしている小魚やアミが集まっているエリアを特定する」ことです!

小さい漁港で釣りをしたほうがいい、というのもエリアが特定しやすいからですし、夜にメバルが常夜灯に集まってくるのはエサが寄ってくるからです。

潮の流れを見つつ、「流れが集まってくる場所」は高確率でエサが溜まっており、メバルも周囲のストラクチャーなどに身を隠していることが多いです!ぜひ狙ってみてください。

まとめると、こんな感じ。

 

【初心者が最初の1匹を釣るためのコツ】

  1. メバルは夜間に餌を捕食するので、ナイトゲームがおすすめ
  2. 小さい漁港+常夜灯+船溜まりは居付き場所を特定しやすいので釣りやすい
  3. 日中に藻や岩などのストラクチャーを把握しておこう!
  4. ライトタックルに慣れていないと釣りにならないので、明るいうちに練習しておこう
  5. 大型魚は潮通しのよいエリアにいることが多い
  6. 潮の流れが集まる場所には高確率でメバルが付いていることが多い

 

【予算別】メバリング初心者におすすめのタックル構成

pl-2014268975259

 

最後に、それぞれ予算別にメバリングにおすすめのタックル構成を掲載しておきます!これで共に尺メバルをゲットしましょう!

 

スポンサードリンク