【ライトショアジギング入門】初心者でも青物が釣れる!タックル選びから釣り方まで徹底解説

 

【目次】

※上記リンクから各ページに飛ぶことができます。

 

ライトショアジギングの基本的な釣り方解説

初心者でも釣れる方法と狙うべきポイント:潮通しの良い堤防が最強!

 

ライトショアジギングで青物を釣るためには、「時合」「釣りをするポイント」「ルアーを投げるべきポイントを見極めること」さえ気をつけていればOK!

  1. 時合:朝マズメ・夕マズメを積極的に狙う
  2. 釣りをするポイント:潮通しの良い沖堤防・大型港湾の先端から狙う
  3. ルアーを投げるべきポイント:潮目やナブラを目掛けて投げる

 

沖堤防・大型港湾・磯の先端など「水深があって潮通しのいいポイント」は間違いなく青物が回遊しているので、積極的に狙うと吉!

潮通しの良いポイントのなかでも、「大潮・中潮」など干満の差が激しいタイミングで活性が上がるので、潮時表(タイドグラフ)は必ずチェックしておくこと。

例外として「潮通しが良すぎて流れが早くなりすぎるポイント」では潮止まりのほう釣れることも。周囲の釣り人を見ながら、「いつ青物が釣れるのか」をチェックしておきましょう。

 

青物を狙う時間帯:1日のうち7割の餌を早朝に捕食する

dsc00098

▲海面がザワついたら「ナブラ」発生の大チャンス!

 

メインターゲットとなるハマチなどの青物は「1日の捕食量のうちおよそ7割を早朝に捕食する」という研究結果があるほど、朝マズメは重要な時間です!

青物の活性が高まり、ベイトを追って水面がザワつく「ナブラ」が発生すれば大チャンス!同じようにナブラを超えるようキャストし、巻いてくれば釣れることが多いです。

早朝を逃しても、一部の個体は真昼間にも堤防近くまで回遊して餌を捕食します。むしろ大型になると昼前後に突然「ドカン!」食ってくることが多いので、最後まで気を抜かないこと!

真昼間は気分的にもダレていると思いますが、座りながらでもいいので投げ倒すことが重要。デイゲームの攻略法については「 真昼間のデイゲームで青物を連発する方法」をチェックしてください。

 

ルアーアクションの方法【※ワンピッチジャークが最強!】

 

次にメタルジグの動かし方ですが、ライトショアジギングでは「ワンピッチジャーク」さえ覚えれば青物を釣ることができます!

同じアクションで青物・根魚・シーバスなど様々な魚を釣ることができるし、ルアー釣りに慣れていなくとも簡単なのでぜひ練習してみてください。

 

  1. ルアーをキャストして、フリーフォールで着底
  2. リールを1回転させながら竿をシャクる
  3. 10回〜15回ほど巻いたら再び底までフリーフォール
  4. 手前まで来たら回収して再び投げる

 

アクションのコツは、「毎回必ず着底させること」「表層〜底層まで探ること」です。青物はどの層にいるか把握しづらいので、釣り場到着時は全ての層を探ってみましょう。

着底後、ジグをシャクリあげて「フリーフォール」させるとヒラヒラとジグが落ちていきますが、これは「気絶した小魚」を演出しているためフォール中に良く食ってきます。

釣れないときは高速・低速を使いわけることで、通常では食ってこない魚を引き出すこともできますが、大体は「回遊していない」ことに原因があるので投げ続けることのほうが重要。

 

青物は「釣果情報」を集めれば絶対釣れる【※釣果アップ最大のコツ】

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-13-17-04-30

 

堤防から青物を狙う場合、岸近くまで回遊してこなければ釣り上げることができません。逆にいえば、「青物が回遊するタイミングさえ把握すれば誰でも釣れる」んです!

青物釣りのベテランほど、釣り場の釣果情報をHPや仲間内でチェックし「いつ青物が釣れ始めるのか」を見極めてから竿を出しています。

釣果情報をチェックしてから釣りをするだけで大幅に釣れる確率を上げることができるので、近隣の釣具店・ブログで釣果情報を必ずチェックしておきましょう!

 

ライトショアジギング初心者が青物を釣る方法まとめ
  1. 潮通しが良い釣り場で、潮回りの良いタイミング「大潮・中潮」に狙おう
  2. 朝マズメに7割も餌を捕食する!ただし昼間は大型の可能性が大!
  3. 青物を釣る最大のコツは「回遊」にあり!釣果情報をチェックして釣りに行こう
  4. 「ナブラ」を発見したら大チャンス!すぐに投げ入れよう
  5. 常に潮目や泳いでいるベイトをチェックしておこう
  6. メタルジグのアクションは「ワンピッチジャーク」で
  7. 青物を釣る最大のコツは「釣れるポイントで投げ続けること」

 

テクニックどうこうよりも、とにかく「回遊」が最重要キーワードとなります!

 

おわりに:運が大きく左右からこそ

というわけで、以上「ライトショアジギング初心者が青物を釣るコツとおすすめタックル」について紹介してみました。

青物は回遊魚なので、特に「運」が左右しやすい釣りです。初心者でも青物がいて、適切な場所・方法でルアーを通せばアホみたいに釣れます。逆に努力しても釣れないまま終わってしまうことも。

ただし、その「運」を道具や努力で引き上げることも可能です。これは釣りに限らずですね!

 

 

少しでも軽量なロッド・リールを使えばより多く投げられるし、飛距離の出る装備を揃えれば、魚のいるエリアまでルアーを届けることが出来ます。

「運」が大きい釣りだからこそ、自信の持てるタックル・体制を揃えておくことが重要だと、僕は考えています。間違いなく楽しい釣りなので、ぜひ挑戦してみてくださーい!

 

【関連コンテンツ】